「キャロライナリグ」タグアーカイブ

友人と釣りへ

ここ福岡も今週は、20℃を超える日も数日あり、とても11月末とは思えぬポカポカとした陽気でした。しかし、そんな小春日和も束の間、師走に入った途端に、一段と寒くなり、確実に真冬へと向かっている事を吹き抜ける冷たい北風で感じている。

 

肝心の釣りはというと、個人的には終了宣言をしていたのですが、バス釣りの友人に誘われ、せっかくの誘いを断るのもなんですから、福岡市内にある某野池へ釣りに行って来ました。

 

しかし、今回は、鯰狙いというよりも、バスでも何でも釣れればOKという感じでしょうか!?最近は、トップの釣りばかりやっていましたが、今回は、ワームのキャロライナリグでボトムについているであろう魚を狙いにいきました。

 

ここで少し掻い摘んで説明するとキャロライナリグは、オープンウォーターで使うリグ。比較的水の綺麗な所で使用する為に考案されたリグで、シンカーの後ろにスイベルなどをはさみ、数cm – 数10cm程度リーダー(えさ釣りで言うところのハリス)を付けてシンカーとワームを放して使います。比較的重いシンカーを使うことが多く、深めを狙う時に使います。

 

 

 

特徴としては、テキサスとは違いノーシンカー状態のワームが予測不可能な動きをするので、スレた魚にも効果的であることが挙げられます。

 

キャロライナを使ったアクションの基本は、シンカーをボトムに着底させたらリールを巻かずにロッドを移動させ、シンカーを着底させたまま引っ張るように動かしてワームを動かすようします。すると、ワームはボトムの少し上をスイミングするようになります。

 

魚の目線の上を通すことで、ワームを口にしやすくなり、この仕掛けだとボトム付近を狙うには、有効だということが挙げられます。


今回の使用ワーム  *JACKALL DUMDUMHOG  3””

 

さてさて、現地に到着すると、思いのほか肌寒い様子。しかも通常の水位よりも随分と減っているのか、護岸のコンクリートにくっきりと満水時の跡が残っています。

 

日没後の夕方6時よりスタート。季節柄、日没直後が、一日のうちで1番水温が上がると言われている為、やはり急激な水温の低下を考えると短時間での勝負が必須条件となります。それ以上は、体力的に無理なので、はじめから2時間と時間を決めて釣りの開始となりました。

 

岸際を歩きながら、キャストし続けます。

 

たまにコツコツとした小さなアタリがあるが、なかなか喰わないようです。野池をほぼ一周し、時計を見ると1時間経過…。今日は、寒いからやっぱり無理かなぁ…。半ば諦めモードが脳裏に霞んだ矢先に…

 

ムムムム!? コツン!コツン!

 

ガーツーン!!

 

よっしゃ~!

 

きたぁ~!!

 

特望のヒット!

 

ラインを真横に、グイグイと引っ張りながら走る。しばらく、泳がせてからゆっくりランディング。

 

バスではなく、ふとっちょナマズでしたが、久々にロッドを伝わる感触がとても心地よかった。

今回、1匹のみで終了。せっかく誘ってくれた友人の方には申し訳なかったけれど、当の本人は、一緒に楽しい釣りができてご満悦のようだった。

来春は、こちらへ招いて、バスではなく、どっぷりナマズ釣りにハマッてもらいたいと思う。

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村