タグ別アーカイブ: クワイエットファンク

ナマズを野池で釣る!の巻

毎年、河川を中心に、ナマズ釣りをやっているので、野池への釣行頻度は少ないのだが、時々、ふらっと出かけるようにしている。

なぜなら、ナマズたちが河川のように移動手段がない為、一箇所で留まった場所では、どうしてもスレやすいからだ。
しかし、川には、川の面白さが、野池には野池の面白さがあるような気がする。

去年の今頃は、かなり楽しめた場所があった。
農業用のため池。水抜きによって、一発でダメになるという不運に見舞われたけれども、10月に入ってからの1ケ月間は、2回もツ抜けを体験。河川の一級ポイントに引けをとらないくらいの爆釣りが楽しめた。

 

地図を見れば、福岡市だけでもかなりの野池が存在する。
私は、仕事が終わって会社へ帰る途中、ポイントを探すのがクセになっている。そんな仕事帰りに、たまたまナマズが泳いでいる野池を発見。

 

もちろん、その場は、現地の状況を確認しておいて、夕方からの釣行となる。野池は、周囲をぐるりと護岸整備されており、ポイントらしいポイントはあまりない。大抵、オープンウォーターでの釣りとなることが多い。

 

しかし、護岸の岸際に大きな樹木があったりして、その下に落ちてきた虫を狙ってついているやつが必ずいる。全体的には、小魚を狙っているものの方が多いのだろうが、中には、落ちてくる虫に味をしめて、こんな場所で虫ばかり喰っているやつもいるようだ。

 

今回のルアーは、クワイエットファンク:デカダンスフィー。

セミの形状のハネモノ。

 

周囲をぐるりと回る釣りではなく、狙いを定め、一極集中の釣りをメインにした。さすがに日が暮れた頃の野池は、人けもなく、少々薄気味悪い。

 

静かな池をルアーの音だけが響き渡る。
そんな沈黙を破って、足元まできたルアーを引き上げようとした瞬間!

 

「バフッ!!」

いきなりのヒット!!

ずっと後ろからついてきたのだろう。
野池は、よくこのパターンに見舞われるので、最後まで気を抜けない。

それから続けて2本。
やっぱり、樹木のオーバーハング下についていたようだ。

 

セミの鳴く季節も終わり告げる。

野池は至る所に存在するが、どこでもナマズが釣れる訳ではない。

 

付近にソフトルアーの袋やら、ゴミやら散らかっていたら、人の出入りが多い所。そんな場所は、魚がスレすぎて、誰でもまず難しい釣りを強いられることになることだろう。

 

やはり、人が見つけにくい、つまりプレッシャーの少ない野池を見つける事ができれば、以外と簡単に釣れるのが、今回のようなケースです。

 

地図でしかその存在が確認できにくい場所。そんな場所が当たると自分だけの穴場となるものです。
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村