「ダブルダンサー」タグアーカイブ

ナマズが釣れるルアー 其の五

ハトリーズ ダブルダンサー・メス

羽鳥静夫氏の手から生まれた「ハトリーズ」。名作と言われる様々なルアーを生み出し、オリジナル感が漂うデザインは、たくさんのルアーマンたちを魅了して止まない。でも一番の魅力は、ハトリーズ独特のこのフォルムとカラーリングではないだろうか。

ダブルダンサーは、なんといってもあの顔がたまりません。個人的にも、とても好きなルアーです。

湿った感じの重低音サウンド「ボワン…!」。このサウンドが、静まり返った闇の中でもナマズの高活性化を図る。

ロッドティップを軽くはじくように操作すれば、左右への移動距離の少ない左右の小刻みな首振り。連続リトリーブではその名の通り、水面下で泡を出しボディーをクネクネとローリングさせながら泳ぐ。

ナマズとハトリーズという組み合わせも、なかなか絵になります。

ヘドン チャガースクープ

 


トップウォーターの名品といわれる数々のルアーを生んできたヘドン。そのヘドン社の中で、1930年に登場して以来、今尚多くのアングラーに愛用され続けられているルアーが、このチャガースクープ。

実は、このポッパーと一括りにしているルアーの中には、2つの異なるタイプがあって、ポップRのような「スプラッシュ」とチャガーのような「捕食音」という音で大別できる。これらをまとめてポッパーと呼んでいるアングラーも少なくない。
ただ、この音の違いというものは、ナマズを狙う上で、反応にずいぶんと違いが出てくる。

実際の釣行では、仲間が発する捕食音と同じような音を立てるルアーの方が、水しぶきを上げて逃げ惑う小魚のスプラシュのルアーより、明らかにナマズの反応が上回っていた。


おやっ?仲間が餌を食べてる? 餌が近くにいる?

 

そんな仲間が発していると思わせる「捕食音」を奏でるルアーは、ナマズにはかなり効果的であり、ナマズの「食」の琴線に触れているのは確かなようです。

備えあれば憂いなし


夕立ちの後、まだ明るい時間に、スピナーでナマズを狙った後、今度は場所を変えて、トップでナマズを狙いました。

 

次の場所も新規ポイント。到着した頃は、辺りもすっかり暗くなり、いよいよトップの出番となりました。

 

ところが、キャストした時に、ルアーにつけていたピタホタルが取れてしまい、開始早々、真っ暗闇の中で釣りをするはめに。ケースの中を覗いたら、ケミの予備もまったくない…。

 

しまった!! 買い忘れていた!!

 

ポッパー系をよく使う自分にとって、発光体が有る無しは、釣果を大きく左右してしまうほど無くてはならない必需品。

気付いた時には後の祭り。 それからというものミスバイトも連発…。

 

雨が降った為、活性がかなり上がっていて、バイトだけなら30は軽く超えていただろう。

 

完全に準備不足でした。

 

仕方なく、1匹だけ釣ったらもう帰ろうと思ったのだが、そんな具合でこの1匹がなかなか釣れてくれない。
だいたい初めて来る川で、自分の投げたルアーがどこに飛んだのか分からないっていうのはかなり痛い。

 

バフッ! バフッ! なんて嘲笑うかのように、ルアーを投げたであろう方向から捕食音が鳴り響く。

 

こんな日に限って月明かりもない。

 

釣具屋へ一時間も掛けて買いに行くのも面倒だし…。 結局、難しい釣りを選択してしまった。

 

それから3時間掛かってようやくご対面。

今回ばかりは、ずいぶんと勿体ないことした。

 

ただ全般的に言えることは、夕立ちなどの雨が降った後は、活性が一気に上がるので、天候を見て出撃すると、普段よりは釣りやすいのは確かです。

 

でも、せっかくのチャンスが訪れても、準備万端にしておかないと、寝る時に枕を濡らすことになります(笑)