タグ別アーカイブ: テキサスライトリグ

ナマズ釣り ワームで釣る!の巻

先日は、久々にワームを使って鯰釣りを決行。
ソフトルアーというと、淡水では、すぐにバスを連想してしまいがちだが、ワームで鯰も釣れるの?というブログを見て頂いた方の素朴な疑問にお答えすべく、簡単にご紹介しちゃいます。

実は、ワームとひと口で言っても、形状だけでも、
グラブ、ストレート、カーリーテール、クロー、シャッドテール、バドル、チューブ、スイムベイト…。と色々ある。

しかも、それに加えメーカーは、いくつも存在し、一体どれを使えばよいか分からないですよね。人それぞれ好みもあるかとは思いますが、実際に使ってみて、個人的にお勧めなのが、ゲイリー・ヤマモト。

このゲイリー・ヤマモトは、雑誌でも必ず上位を独占する不動の人気がある。なんかマツモトキヨシみたい!?(笑)

特に、初めての方にもおすすめなのが、4インチグラブ。グラブと言っても実際の商品名は「single tail」。その特徴は「カーリーテール」。

その名のとおり大きくカールしたテールを持つ。

ロッドアクションを加えなくとも、ただ巻きだけで、テールが小刻みに動き、まるで生きているかのように魚を誘う。
テクニックがなくても簡単に釣ることができる。
初めてでも、使い易さと簡単に釣ることができる一般的な定番ワーム。

ゲイリーには、他にも色々な種類があるが、慣れてくれば環境に応じた形状を使い分けたい。

今回は、”テキサスリグ”を使用。
リグと称されるものには、他にもスプリットショットリグ、キャロライナリグ、ダウンショットリグ、ノーシンカーリグ、ワッキーリグ、ドロップショットリグ、ジグヘッドリグなどがある。

リグとはワームを使うための仕掛けのこと。基本的にシンカー(錘)の位置で名前が変わり、攻め方が変わる。針の付けかたや種類、シンカーの形や位置等によりアイデアの数だけリグが存在する、と言っても過言ではなく、オリジナルのリグを研究する釣り人も少なくない。

実際、過去に粕屋郡の長谷ダムで ”テキサスリグ” 使用し、一日で67匹のバスが連続ヒット。
リールのただ巻きだけでも、簡単に釣れる事が実証できた。

これも一度、実験した話しだが、ワームをポイッと水中に投げたら、バスがパクッと咥えこんで、口からワームを吐き出さず、そのままじっとしている。普通なら、すぐに吐き出すだろうが、口に入れた時の触感までもが本物に限りなく近い為、魚が錯覚を起こすようだ。
口から、びろ~んとワームが出ていて、友人とそれを見て爆笑した思い出がある。

そんな具合で、バスに限らず鯰にも当然、有効である事は、今までの釣行で経験済みだが、ただ、やっぱり実際に釣った状況をお伝えしなければ、わかりづらい。なので、今回は、このゲイリーだけを使って鯰狙い☆

今回のポイントは、水門。ここは、だいたい吐き出し口付近にナマズが餌を求めてくるので、比較的ついている事が多い。

か~るく、ポイッと、ワームを投入した途端、あっ! という間に、ロッドがしなり、間髪入れず一発で喰ってきました。

普通は、グググ~と当たりが来て、ロッドに重みが加わってから合わせる。
この時、合わせはバスのように瞬時に強く合わせるのではなく、グ~ッとフックを差し込んでいくようなイメージでロッドを引くと、うまくフッキングする。

少し、小さめだがナマズをゲット!魚の目の前に落とせれば、やはり一発でくる。
ワームは、手軽な価格で手に入れることができるので二度美味しい♪
大きな河川では、どんどん投げたら、チャンスも大きい☆
是非トライしてみて!

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村