タグ別アーカイブ: トップウォーター

ルアーの購入先

 

 

今日のお題は、お得なルアー購入先について

ナマズ釣りに適したルアーとして、ヒゲダンサー、カップラップなどのカップ系、ポンパドール、ハイフィン・クリーパーなどのハネモノ系などがありますが、国内メーカーだと、どうしても制作コストがあがってしまいルアー1個当たりの単価は、1000円以上するのが当たり前になっています。

 

デザインもお洒落だから、「いいルアーは、よく釣れる」そう思ってしまうのも仕方ないかもしれませんが、ユーチューブのナマズ釣りの動画では、野菜の「きゅうり」を使ってナマズを釣っているものがありました。

きゅうりにフックをセットし、水面にポチャンとほおり込んでナマズを釣り上げる映像。

 

まったくもって身も蓋もない話しですが、正直、どんなルアーでもポイント次第でナマズは釣ることが可能であることが、この映像を見るとよくわかります。

 

まあ、これは極端な例ですけど、ルアーケースにきゅうりを入れて持ち歩いても、話題性はあっても、ぜんぜん面白くないでしょう(笑)

 

ルアーは、コレクションのように色鮮やかなものを見て楽しむの面白さの一部だし、チューニングを施し、オリジナルを追求するのも市販品にはない趣があって楽しいもの。

 

ただ、1個、5000円以上のルアーとか投げるのは夜だとかなり勇気がいるし、改造するのはもったいない気が先に立つ(笑)。

 

ナマズ釣りは、ナイトゲームを楽しむ人が多いので、視界が思うようにきかない時は、ルアーもロストしやすく、時にはせっかく高い金額でルアーを揃えたのに、障害物に引っ掛けてなくしてしまうことも。

 

いくつも無くしてしまったら、あっという間に数万円…。

 

コレクションで楽しむのであればぜんぜん問題はありませんが、実釣だけをメインに考えているなら、ロストを考慮し、低価格の品揃えも選択としてアリかと感じています。

 

安いルアーだと100均って手もありますが、それだと、安物ばかりでルアーケースの中身がちょっと…という人には、「アリエキスプレス」で購入するのがいいかもしれません。

 

AliExpress(アリエキスプレス)https://ja.aliexpress.com/

 

アリエキスプレスは、日本でいうAmazonや楽天みたいなサイト。中国のアリババが運営しているショッピングモールで、クレジットカードさえあれば個人でも簡単に購入できるサイトです。

ファッション、家電、インテリア、生活用品、ベビーグッズ、自動車用品etc…、商品数はなんと1億点以上もある。ほぼ全てのジャンルの商品が揃っているので取扱いがないジャンルを見つけるほうが難しいくらい。

 

英語表示なので、英語が分からない人は買いづらいとお思いでしょうが、PCブラウザをグーグルクロームにしておけば、日本語変換できるので、ほぼ理解できます。

 

当方もここのサイトをよく利用していますが、日本のサイトでルアーを買うのより、断然安く購入できます。

 

難点は、配達にだいたい2週間くらいかかってしまうこと。早い便にもできますが、スタンダード、プレミアムシッピング、EMS、Expedited  FedEXなど配達スピードによって、料金が上がってきますので、急ぎでないなら無料配達がいいかと思います。

 

あとショップ及び商品レビュー数★★が少ない商品は、かなり粗悪品。4~5つある商品を選ぶのがベターです。

 

フロッグ6個  12.14ドル→1358円

 

ミノー10個 9.87ドル→1104円

 

ちなみに、これらの商品を実際に購入してみましたが国産品と遜色ない仕上がりです。

 

 

他にもたくさんの種類のルアーがあります。ハイクオリティを望むのであればもちろん国内ですが、ただ、釣具店で取り扱っている国内メーカーも、低価格品であれば中国へOEM商品として制作依頼しているものが大半ですから、消耗品なら高いお金を払って払うより、こういったところで買っても構わないという方には、おすすめサイトだと思います。

 

もし粗悪品が届いたら返品可能ですし、日本で取り扱ってない面白い物もあるので、ひょっとしたらいい商品に巡り合うかもしれませんよ。

 

次回は、購入方法についてアップしたいと思います。

 


ナマズ釣り ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ

にほんブログ村

自然 エナジー

8か月ぶりの更新です。

暑くなりました。ここ福岡でも連日の猛暑で気温は38℃超えの日もチラホラ。

さすがにこれだけ暑くなると、魚の喰いも悪く、当然、諦めモードの方も多いのではないでしょうか。

「この時期は、きっと釣れないだろう」と多くの釣り人の声を代弁しつつ、自らの慰めとしております。

今年はホントに釣りへ出かけるパワーが失われた年でした。

家内が脳梗塞になる一歩手前が発覚し、病院への診察の付き添いやら、子供の塾の送り迎えやら、入院している母親の介護、自分の体質改善の為、病院通いやらで、てんやわんや。

毎日、毎日、クタクタになり気力が失われ、とうとう8月…。

もう釣り方さえ忘れてしまいそうです(笑) 


そして、ようやく落ち着いた、とある午後。

半日、時間が取れたので、病院の帰りに「柳川 川下り」へ家族と一緒に行ってきました。

柳川の川を下っていると、魚の姿がチラホラ。

柳川はウナギが有名ですが、川にはナマズも生息しているとのこと。

ゆっくりと時が流れ、ぼんやりと川の水面を眺めていると、何とも言えない幸せな気持ちになります。

癒される

思わず声に出る。

川というものは、釣り人にとって、最も強力なパワースポットだとあらためて感じた。

そしてまた新たに、フツフツと釣りへの衝動が沸き起こる。

やっぱり、自然の中に身を置くことって、人間にとって、とっても大切なことなんですね。


 

来月は、遅ればせながら、オリジナルで初ナマズを狙ってきます。乞うご期待(笑)

 


ナマズ釣り ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ

にほんブログ村

晩秋

a0007_001749_m

久々の更新です。

今年は、海釣りやその他の釣りには、何度か出かけてましたけどナマズ釣りには、8/17に行ったきり。

 

気がつけば季節は晩秋。山は赤く色づき、毎年のことですが、季節の移り変わりの早さを身に染みて感じています。今年は特に忙しくて釣りに行く気分にもなれず…。

そのうちデスクワークが長くなり、無理がたたってしまい、最後は、トドメのぎっくり腰。

 

肩こり??

 

ぎっくり腰??

 

なにそれ??

 

若いころは、 そんなこと考えもしませんでしたけど、なんとも情けないものです。先々週の今頃は、這ってトイレなんかに行く始末。なんにもできやしません。この歳になって、やっと真剣に健康について考えました(笑)

腰痛にいいと言われる布団マットのモットンまで購入。

 

そんなものに頼らないで、運動不足なんだから運動すればいいんじゃないの? なんて、周囲からお説教を受けながらも、いまいちめんどくさがり屋のためか、楽してなんでも手にしようとするクセが(笑)

去年までは、こんなに不自由な思いは経験したことなかったんで、やっぱり、ナマズ釣りで河川をランガンして釣り歩くのは、健康維持には、一役買っていたんだなぁとつくづく感じております。

 

さて、そろそろ痛みも取れたところなので、リハビリがてらナマズ狙いに行って来ました。本日、時刻は夕方の6時過ぎ。

 

例年だと今頃は、結構、寒い日があって、ナマズの喰いはかなり渋いものです。ただ、今年は、20℃を超える日が続いていて、日中、1桁台まで落ち込む日がまだ来てないので、ナマズの喰いは悪くはないようです。

 

でも、田んぼの収穫が終わってから、川に水がない…(笑)

 

水があるポイントを探すのが大変です。しばらくやってないとポイントの環境がガラリと変わっています。ようやく見つけた場所で、ピンスポット狙い。

 

バシュー!!

IMAG0138

40くらいのやつが、猛ダッシュで喰いついてきました。

まだまだ活性がある様子でしたが…。

例年に比べたら、決して活性が低すぎるわけじゃないので、ポイントによっては、今年はもうちょっといける気がします。

IMAG0136

あと1回くらい、時間が取れるといいんだけどなぁ

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ

にほんブログ村

8月の夕べ

a0850_000102_m

毎日、毎日、ホントに暑い日が続いています。

 

8月ともなると、夏の暑さは半端なく、気力、体力とも一気に消耗。これだけ暑いと、さすがに釣りへ出かける人もずいぶんと少ないのではないでしょうか。

 

夜の涼しい時間帯でさえ熱帯夜。

 

ところが、今朝、寝床から起きて窓の外を見ると久々にまとまった雨が降っていて、窓を少しだけ空けると、かなり涼しい風が入ってきます。
しかし、淡い期待を抱くも束の間、午後になると、晴れ間が拡がり、セミの大合唱。

 

やっぱり無理かなあ…

 

半ば諦めムードで仕事をしておりました。

 

どれだけ時間が経った事でしょうか。時計を見ると、夕方の6時過ぎ。再び窓を開けてみると、ひんやりとした涼しい風が入ってくる。今日は、いつになく涼しい1日だったようだ。

 

こんな日を逃したら、しばらくはまた、厳しい暑さで、釣りに行くどころではない。そそくさと、釣りの身支度を整え、夕飯まで戻ってくる約束で、久々に出撃。あまり時間がないので、手っ取り早く狙う場所を選択。

 

DSCF7061

前回、ブログで紹介していましたダイワのコネリー。次の釣行で使おうと思っていたルアーのひとつ。秋まで、釣りに行けなくて出番がないかも…。なんて思っておりましたが、35年ぶり。ようやくの晴れ舞台。

 

どんな動きでナマズが喰ってくるかとおもいきや

 

 

 

DSCF7799

 

落ちパク (笑)

 

神様ありがとう

 
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ

にほんブログ村

水無月の鯰

a0790_001004_m

昨日は、6月の最終日。

ようやく仕事がひと段落したので、久々に出撃してきました。

本当は朝から、出かけるつもりでしたが、いろいろ雑用が出来てしまい、結局、夕方の4時すぎ。

 

到着したのは、夕方の5時半くらい。ただ最近は日が長くなったので、7時過ぎまで、辺りは明るくて釣りやすい感じです。前日は、晴天でしたから、窓を開けて、涼しい風を感じながら車を走らせるつもりでしたが、当日は、一日中、雨…。

 

面倒くさいけど仕方なく、カッパを来て釣りをすることになりました。昔は、カッパを着て釣りにいくことに何の抵抗もなかったけれど、最近は、そこまでして行こうという気持ちが起こりません。気力が失せてしまっているのです。

 

それは以前、釣りの最中に川に転落したから。ナマズ釣りというものは、いつも危険と隣合わせ、命がけのスポーツなのです(笑)

 

さて今回、回ったところは、佐賀県。

 

佐賀県は、市街地から離れると田畑が多い場所です。

 

この時期のポイントは田んぼの脇を流れる小川。最近、田植えがはじまった為、田んぼの水が川に流れ込み、ほとんどの場所を茶色に染めています。コーヒー牛乳の色と言えば分かりやすいでしょうか。

ですので、目視では、ナマズの姿は確認できませんから、1発目のルアーは、ナマズのポイントを探るべく、リサーチ用に、スピナーベイトを投入。

001

最近、使ってませんでしたので、たまにはいつもと違うルアーを投げてみたくなります。

ガツン、ガツン、ガツーン!!  1投目からいきなりのヒット!!

DSCF6894Spinnerbait

スピナベにヒットする時のアタリを表現するとすれば、こんな感じです。

40もないくらい小型でしたが、足元付近で食ってきました。

 

DSCF2294ARBOGAST   HULLA POPPER 

この場所に、ナマズがいることが分ったので、お次は、フラホッパー。流れ込み付近を狙うには、ゆらゆらとなびく、ラバースカートがよく効きます。

そして、ここからオンパレードの始まり。

003

004

005

006

007

009

008

0010

0011

0013

 

完全に日が暮れてしまいましたが、久々の出撃ですからまだまだ楽しみます。

 

DSCF4429Original  Handcraft      Topwater   

お次は、このハンドメイドで。

DSCF6973

0014

 

 

 

DSCF5452Original  HandcraftⅡ         Topwater 

 

その次は作っていたけど、まだ試したことのなかった、上のハンドメイドで。

 

0016

0017

0015

ふと時計に目をやると、夜の9時を回っていました。夢中になりすぎて1時間半以上かけて、ここへ来ていることを忘れていました。

 

ただ、楽しませてくれれば帰りの帰路はそんない苦にならないもの。

002

水無月の鯰    久々に満喫しました。

 

次は、九州のフィールドを巡る旅

 

そろそろ 行き先を決めたいと思います。

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ

にほんブログ村

水無月

a0790_000890_m

あと少しで6月も終わり。

季節は、1年の半分が終わってしまいます。

 

この6月は、陰暦で水無月と読まれる。水の無い月と書くが、水が無い訳ではない。陰歴六月は田に水を引く月であることから、水無月と言われるようになったという。

 

さて、先週くらいから、田植えがはじまりました。
朝、散歩をしていると、早い時間から農家の方の姿が、あちこちで見られました。

 

去年、一昨年と九州は、激しい水害の被害を受けていますから、今年は無事に収穫を得られるよう真剣な眼差しで、田んぼの水張りが順調にいっているか確認しているようです。

 

九州のこの時期は暦通り、例年、雨が多くナマズの活性も軒並み上がっています。

 

そろそろ気分転換に釣りに出かけようかと思います。

 

ドライブがてら佐賀平野まで遠征して、田んぼのクリークを1日中、釣り歩いてみるのも、たまにはにいいかもしれません。

 

やっぱり、釣りというものは、いろいろ、想像している時が一番楽しい気がします。

 

~水無月の鯰~

 

これは、我ながらお洒落なネーミングです。

 

明日、出撃予定。

 

次回のタイトルはこれでいきたいと思います(笑)

 
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

午後のひととき

DSCF4004

先日、仕事先で打ち合わせが早く終わった日がありました。

 

帰りの道中の田舎町で、よさげなポイントを悲しいかな発見してしまいます(笑)
でも、小生、なぜかタックルだけはいつも積んでおります(笑)

 

やるか、そのまま帰るか…。この時期は、やることがいっぱいで、余暇を楽しもうものなら後あと、大変な目に合うことは分かっています。

 

 

しかし一方で、秤にかけようとする、もうひとりの自分が囁きます。

 

You,やっちゃいなよー

 

気がついたら、川岸に立っていました。でも、車から降りた記憶がないみたいな。
UFOにさらわれて、気が付いたら全然見覚えのないところに立っていたみたいな。

 

そんな空白の時間があった気がします。(笑)

 

DSCF4220

水面を割って食らいつく様や、ローリングしながら激しく抵抗する姿の一部始終を見て取れた1年ぶりのDAY GAME。

 

ダイナミックな釣りに、しばし酔いしれてしまいます。

 

DSCF6367

まったりした時が流れる午後のひととき。

 

季節は五月。

 

a0960_001189_m

 

キラキラと輝く水面が、いつになく眩しい。
 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

今年も遅ればせながら

a1380_001123_m

3月30日、月曜日。福岡の最高気温は、22℃。

 

朝は、放射冷却のせいで、まだ少し肌寒い感じもするけれど、日中は、ポカポカしていて、汗ばむくらいの陽気。川沿いに咲く、桜の花もほぼ満開。

 

菜の花は、絨毯のように、大地をびっしりと埋め尽くし、すべては春一色の装いです。春は、目に映る物、すべてが眩しくて、自然にテンションが上がって参ります。(笑)

 

それに加え、明日、明後日は、久々のお休み。
青空が拡がり、今年の初釣りを楽しむには、最高の釣り日和です。

 

今日こそは!

仕事を終えると、そそくさと私服に着替え、夜、久々に釣りへと出かけた。

 

約4か月ほど、ポイントを訪れていなっかった訳だが、車を走らせていると、あちらこちらの場所で護岸工事が行われていた。3月の年度末にもかかわらず、相変わらず、河川の工事は進行中のようだ。

 

思い浮かんだ場所を消去法で消し込んでいくと、やっぱり手っ取り早く釣れると思われるのは、ナマズ釣りの鉄板というべき堰下。

 

ところが、どういう訳か、どの場所にも、ナマズが付いていません。
1度だけ、しょぼいバイトがありましたけど、あとは沈黙。他の堰下も周りましたが、やはり反応はイマイチ。

 

通常、活性が上がってくれば、堰下に集まり、結構な割合で喰ってくるのですが、今は、そこまではない様子。流れがある分、多少、水温が関係しているのかもしれない。

 

選択を変え、今度は、ほとんど流れのない緩やかなポイントを狙ってみることに…。月明かりの中、水面には時折、小さな波紋が幾重にも拡がっている様子が目視で確認できる。

耳を澄ませば、バフバフ!!  なにやら捕食音が聞こえてきます。

 

いるいる!!

どうやら間違いはなそうです。

DSCF3573

HEDDON: CHUGGER  SPOOK

 

1投目。川の中央へ、チャガーをキャストし、捕食音を立てながら、リトリーブを始める。

 

すると、ルアー後方から、「モワッ」

 

もじりが起こったと同時にいきなり水面を割って、激しいバイトが炸裂。

バッシュ-!!!

高速でローリングしながら、必死で抵抗する。

 

岸際まで、寄せても、最後の悪あがきか、後ずさりするような、激しいヘッドシェイクを何度も繰り返す。ようやく、手元までたぐり寄せた後は、一気にごぼう抜き。

 

DSCF6318

今年の初釣りは、ポッコリとお腹が膨れた、50クラスのナマズくん。

DSCF6313

やっぱり餌は、しっかり食べているようですね(笑)

朝晩の冷え込みを考えると、今はまだ、こういった場所の方がいいのかもしれません。堰下に付近で釣れるようになれば、ハイシーズン到来でしょうか。キーは、遡上してくる、これからの雨。

 

今年も遅ればせながら、ナマズ釣りを再開します。

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

浪漫釣行

DSCF5872

1発目の県外遠征をスタートさせてからというもの、次はあそこ、次はココ!と、ヒシがびっしりのフィールドを想像しながら、毎日、妄想だけが、どんどん膨らんでおります。

 

前回の長崎釣行は、ミスバイトが多すぎました。遠征はしょっちゅう行ける場所ではないので、この日のバラしは、非常に勿体なかった。

 

そんな事もあり、次の釣行へ向けて、道具の点検に余念がありません。雷魚SHOPにも、お勧めのフロッグ、BEST4を聞いてみました。もちろん、即、買いです。

 

次は、たくさんキャッチできるよう、フロッグのチューニングを、家族が寝静まった頃、ニヤニヤしながら、怪しげにおこなっております(笑)

 

ただ、そうこうしているうちに、今月いっぱいで、シーズンも終了しそうなので、何とか、あと2県は、周っておきたいところ。

 

そのうち佐賀のフィールドは、すでに開拓済なので、できれば、熊本か大分を先に周ろうと思います。鹿児島と宮崎は、かなり遠方なのでその次のスケジュールで。

 

九州全域における、各県の穴場を探して周るのは、実に骨が折れますが、その分、激アツなスポットが発見できた時は喜びもひとしお。

 

美しい山々に囲まれ、小麦色の稲が果てしなく広がる田園風景。

カバーに覆われた、みどり一色のクリ-クと、青空のコントラスト。

鳥のさえずり、美しい花々をバックに、時間も忘れ川岸を釣り歩く。

 

 

まさに、釣り人としての冥利に尽きる!

 

そう、それは、まるで

 

砂場で夢中に遊んだ、あのころと同じ気持ち。

 

やっぱり、はじめてのフィールドには、心を擽るロマンがあるんだよなぁ。

 

cropped-DSCF5858-2.jpg

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

九州のフィールドを巡る旅 長崎

DS11

今回の遠征先は、九州の西側に位置する長崎県。

ここ最近、県外遠征に向けて、九州のいろいろな釣り場情報を収集しておりましたが、情報入手した釣れるであろうポイントの情報も、季節の移り代わりによって、ポイント自体も刻々と変化してゆき、直接フィールドへ出向かなければ、そのニュアンスを感じ取ることは難しいようです。

とどのつまりは、広範囲に渡って、くまなく調査してみないことには、初めて訪れる土地でもあり、ピンポイントで釣れる場所を見つけ出すのは、かなり至難の業。恐らくは、県内の1エリアを周るだけでも、一日が終わってしまいそうです。

そんなこともあり、今回は、とある場所へと事前に訪れ、川の状況を調べていたのが功を奏し、当日の釣りは、かなり中身の濃い釣りを満喫できました。

 

小生が一番、驚いたのは長崎県にも、雷魚やナマズの魚影が濃い河川があり、フィールドとしては、ポテンシャルが想像以上に高い場所が存在していたこと。

 

県道沿いにある釣り具屋さんは、思っていたより多く、平野部の多い、佐賀に比べると、四方を海に囲まれているせいか、海釣りメインのお店が多いように感じられます。

 

単純な考えですが、地域柄、海と川の釣り人口の比率は顕か。その恩恵を受けて、川釣りにおける未開の地があってもおかしくはない。

 

長崎に入り、高速を降り、早速、支流をメインにフィールドを周る。

DSCF5865

Ds4

↑ この写真のコイは、恐らく1mはあると思われます。

 

これ以外でも、メーター級の雷魚がいたり、餌となるベイトが豊富に存在していることで、生息している魚が、かなり巨大化しているようです。

 

残念ながら、この日は、デカい雷魚を何本もバラしてしまい、相当凹みました。ただ地元の福岡であれば、これだけの体験はなかなか出来ませんから、今回は良しとして、腕を磨いて次回に繋げたいと思います。

DS2

DS3

支流付近には、極小クリークもあり

DS5

DS6

DSCF5857

DS8

DSCF5775

DSCF5789

DSCF5786

DSCF5816

どこもロケーションは抜群です。

DS7
↑ 今回、協力して頂いた、釣り仲間のkazさんには、ナマズを狙って頂きました。

 

DS9
↑ 小生、事前調査で、小ぶりな雷魚をゲット。サイズは小さいが1m位の細い水路でも雷魚がかなり生息しているようです。

事前調査と今回の釣行だけで、おおよそ、10ケ所ほどポイントを開拓。

もう少し時間があれば、ナマズや雷魚が生息するポイントを更に沢山発見できそうです。

次に来る時は、集中したピンスポット狙いが楽しみです。

やはり九州は広い!今回の釣行によって、これから周る各県の中にも、釣人が足を踏み入れた事がない場所が確実に存在する。

 

DS10

そんな確信を得られたような気がします。

 

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村