「ナマジー」タグアーカイブ

ナマズ釣り フックについて

前回の続きです。

まずは、フックについての考察です。

ナマズは、ルアーにヒットした際、後退しながらヘッドシェイクと言われる激しい『首振り』でフックを外そうとする動きが特徴です。

この時、トレブルフック(いかり型のハリ形状)を使用すると、上顎と下顎を同時に貫通させた状態で、ヘッドシェイクやローリングを繰り返した場合、ナマズの貫通した顎へ大きな負荷をかけ、時には、個体へ相当なダメージをかけてしまいます。

 

フッキング下手なナマズを釣るには、トレブルフックでヒット率を上げるという点で、利点ですが、時に、魚に深いダメージを与えてしまうかもしれないというマイナス部分も共存しています。

鯰人 ナマジー/SMITH

 

キャタピー/SMITH

 

もう何年も前に登場したナマズ専用ルアーの『ナマジー』『キャタピー』くらいから、その辺りの状況をメーカーも加味して、上向きのダブルフックが純正仕様で装備されるようになったのが記憶に新しいところです。

 

ただ、実際、使用してみて分かったことですが、この上向きのダブルフックは、どういう訳か、私の場合、かなりの確率でバラしてしまいます。

 

フックが上向き故に、下顎を捉えられない為なのか、定かではありませんが、とにかく何度、チャレンジしても乗せられなかった苦い経験があります。

 

人によっては、そんなことのないと言われる方もいるかもしれませんが、私には、乗せるにはかなり難しいテクニックです。

理屈では、構造上、シングルよりダブル、ダブルよりトレブルと針先の数が増えるほど、フッキング率が上がりそうですが、トレブルは別にして、シングルが思いのほか、ダブルより好ましい結果が出ているのが何とも理解し難いところです。

 

実際、スピナベやスプーンなんかでもそうですけど、早いリトリーブでもシングル仕様で難なく乗せることは可能ですし、現時点でも、トップ縛りの方で、シングルフックでしかやらない人もいて、結構な本数の成果を上げておられるので、十分な結果が出ている事がツイッターやブログを見ても理解できます。

 

なぜダブルの方が乗りが悪いのか?…。今でも明確な理由は、正直分からないところです。

 

ですので、ここでは、ダブルフックは省いてシングルで進めていきます。

 

シングル派の方々は、チューニングの手間暇をかけても、ナマズを大切に扱いたいという気持ちの現れから、自主的にそうされているようです。

 

ただ、一部では「シングルフックにしないならナマズ釣り師ではない…」的な半ば押しつけ的な考えを持った方も中にはいるようですが、これは、もっぱら釣り人の考え方に委ねられているのが現状であり、こういった一方的な論調は、せっかく魚の事を大切に考えているのに、人の気持ちはあまり考えていない個人の偏った考えであり、読み手からすると好ましい印象は受けません。

 

ですので、『ダメージ軽減』と『釣果UP』 双方のバランスを取りながら、実釣を通して配慮をしつつ、自分流のスタイルを見つけられるのが宜しいかと思います。

 

さて前置きはこれくらいにして。

ダブルフックを取り外し、シングルフックを取り付けます。

 

シングルフックは、ライトシェアジギフックを使用。

 

これは、ラメ入りのZappuティンセルフック

 

このルアーは、カップ型でボディ内にはラトルが内蔵されているため、音の対策は十分なので、フェザーフックのみの装着で完成。

 

 

 

 

次のルアーには、フックに加え、コロラドブレードを取り付けます。後ろには、スウィッシャーがついているため、フロントのみ装着。

 

シングルフックには、ゴムチューブが標準装備されており、しっかり補強されています。

写真では、フックの『かえし』が映っていますが、魚のダメージ軽減には、バーブレスは必須ですので、『かえし』はペンチで潰します。

 
ここ数日、またまた腰痛が出てきたので、本日の記事はここまで(笑)

 

つづく
 


ナマズ釣り ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ

にほんブログ村
 

ナマズが釣れるルアー 其の參

スミス ナマジー スモークGLDラベル 19g

 

・引き波

・テール部分(尻尾)はボディと干渉してノックサウンドを発生。

・内蔵されたラトル音で魚を誘う。

 

このスミスのナマジー、鯰人の皆さんには、既にお馴染みのルアー。

尻尾を振りながら、静かに泳ぐ姿は、ジョイントミノーに近いルアーですね。

同じスミスから発売しているキャタピーの派手なアクションと比べると、音や引き波など、ナマズへのアピール度は少々弱い。

ですから、逆にゆっくり目のスピードやストップ&ゴーで弱り切った魚のような動きを演出したり、プレッシャーの高い場所などで使うことで、逆に安定した力を発揮するルアーではないかと思います。

 

純正のダブルフックは、乗りが悪いので、自分の場合はトレブルに変えフッキングUPを図っています。

 

ケミホタルがボディの背中部分にセットできるようになっているせいか、夜はケミ蛍の光が見えづらいので、他メーカーにもありますが、ケミを棒状に立ててセットできるような作りだと、重宝するのではないかと思います。

 

 

 


エフテック/ケロッガート   ノサマガエルグロー  14.5g

 

カエルに金属カップがついていて、引くとジッターのようなポコポコとポップ音を出す。

ボディ内にラトルが入って、ジャラジャラと音を出してアピールする。

 

この系統のルアーは、まずナマズが釣れないことはないですね。ネットのレビューを見てたら泳ぎ出しが遅いとか、ぜんぜん泳がないとか言う人もいるけど、どんな使い方しているのかちょっとよく分からない(笑)

 

ただ「ラトル音」がうるさすぎて、スレるのが早くなるのでは? と言ったことがよく聞かれます。

 

実際、カップ音だけでも十分ナマズは釣れますけど、更にラトル音があるとなるとどうなんでしょうね。

正直、ラトル音がナマズにどの程度、効果があるのか分かりませんけど、「音」によるインパクトがかなり強いルアーです。
ナマズの反応は、上々でした。

 

 


ジッタースティック JITTERSTICK VIPER RED 5/8oz 

ナマズ釣りでは、ジッターバグの影に隠れた存在ですが、カップの奏でるポップ音の他に、テーブルターン、スイッシャーという、この異なったルアーアクションを、加えることができるルアー。
ジッター特有のステディーリトリーブに組み合わせることによって、生きた疑似餌に変わります。

ジッタースティックには、釣れるルアーとしての、まったく異なる仕掛けが施されていて、1つのアクションだけでナマズを狙うのではなく、必要に応じて3つのアクションをリトリーブ中に取り入れることによって、ストライク率を上げていく釣りになります。


この流れのある場所で、使ってみましたが、なかなかいい動きを見せてくれました。
写真で見ると分かりますが、こんな激流では、普通に考えると、ナマズは釣れなさそうな気がしますが、実は、餌となるベイトフィッシュが大量に集まってくる、こういった場所がナマズの付く穴場になったりするんですね。


この日、この場所で9本釣れました。

ポイントによって、ルアーを使い分けることは、釣果upを図る上で、とても大事なことだと今更ながら気づかされます。

ナマズ釣り 街中にあるスポット


ナマズ釣りというと、大きな河川の大場所が1番釣れると思われがちですが、支流や水路のような小場所も、実はあなどれないスポット。

ここは、街中にある小さな繁華街。 その街中を川幅が2m程度の小さな川が流れています。この中心地を流れる川は、いくつもある多々良川水系の支流。

川の周りには、街灯もあるし、川には水門やゴミなど狙い目、満載。


この川には、ご覧のように生活用水が流れ込んでいます。ここは、俗に言うドブ川。お世辞でも綺麗な川と言える代物ではない。

でも、この川見たら、ちょっとそそられるのは、私だけではない筈。

変態ではありませんよ(笑)


鯰人なら、ピンとくる、まさしくナマズがつきそうなポイントなのであります。

排水の真下。ゴミの下などは、だいたいナマズがついています。

おそらく、ここは誰も釣り糸を垂れたことはない筈。なぜなら人通りが多く、日中は、恥ずかしいから(笑)

だから、狙いは日没後。

狭い場所なので、1時間も釣れば大抵結果が出る。そして、短時間勝負の結果は

ヒットルアー:ナマジー

意外な穴場は、私たちが普段、気にもとめない所にもあるものです。

気になる所は、とにかく試してみること。

あと夜は、周囲の迷惑にならないように静かに釣りを楽しんでみて。

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

ナマズ釣り ルアーの選択

最近、ブログ検索の内容を見ると、「鯰釣りでどのようなルアーを選択したらよいか」という事で訪問されている方が見受けられます。

 

人それぞれ好みもありルアー選びも様々なので、一概には言えませんが、今回は、個人的にどのようなタイプのルアーを選択しているかを、つたないブログではありますが、初めての方にお伝えしたいと思います。
ナマズは、水の流れのある所や、水草や障害物によくついています。これらの場所に向けて、ルアーを投げてアタックしてくる場合は、だいたいその辺りが、その鯰の行動範囲のようです。

 

ナマズ釣り専門の方ならよくご存知だと思いますが、うまく、フッキングしない場合、もう一度、同じ場所にルアーを通すと、再び同じ箇所でアタックしてきます。

その日、フッキングに至らなくても、翌日、あるいは、数日後など時間を空けて、再度、同じ場所を通すと、大抵、また何らかの形で同じような反応があります。

 

つまり何度もバイト(鯰がルアーに喰いつく)してくることによって、その辺りがナマズの隠れ家になっているケースを垣間見ることができます。

 

季節の変わり目や大雨での増水や濁流の時は、移動していますが、大半は、一定期間、その場所についている事が多く、そこを見つけると勝負が早いのです。

以前からこのブログでも、紹介している、フローティングミノーやペンシルベイトは、堰や流れ込みなどのピンポイントを狙う場合、ルアーが鯰の鼻っ面にくると、狂ったように喰いついてきて、かなり有効です。

しかし、先ほど述べたように、ナマズが付いている場所が特定できないと、ミノーやペンシルでは、引き波やポップ音が出ない為、ルアー自体のアピール度が弱く、ラトルが入っていたとしても、離れているナマズをひき寄せる程の機能を持ち合わせていません。
ナマズの居場所が特定できない場合や分からない場合、やはり、ジッターバグ、キャタピーなどのカップ付きのルアーか或いは、バタピー、どんぐりマウスなど両脇にハネがついたルアーが有効です。(もちろんオールマイティなルアーなのでピンポイントでも使えます。)

 

 

 

 

 

 

 

鯰は目が悪く、ゼロではありませんが、色の識別や形があまり認識できないと言われています。獲物を狙う際は、皆さん、お馴染のあの口ヒゲを使って、振動をキャッチし居場所を特定しているようです。
上記のルアー軍は、リールを引くことによって、水面に引き波を起こし、音を立てるので、水面下にいる鯰にその波動が伝わり、反応します。

 

つまり音によって、獲物を捉えるナマズの習性を上手く利用したのが、上記のルアーなのです。

私の場合は、広範囲を探る場合は、上記のルアー軍を使用します。

 

 

 
反対に鯰がついている場所が特定できている場合は、ナマジーやミノー、ペンシルを使用。

その場所でナマズが主食とする餌をイメージしてロッドアクションを付けます。

それからフラホッパーは、橋の上から流れ込みに落してやると一発でかかるケースが一番多いルアー。

 

後方部のスカートが水流によってヒラヒラと揺れるのが、かなり効いているようです。

 

ジッターステッィクも流れ込みにはかなり効果的ですが、使いこなすにはコツがいるので、初めての方でポイントが特定できている場合は、今述べたタイプがおすすめです。
これによってかなり釣果UPを図りました。

 

ポイントの状況を把握して、ルアーの特徴を知り、その場その場で使い分けると、まったく釣れなかったのに、いきなり釣れ出すこともあり、劇的な釣果UPも望めます。

 

ここでは、人気のあるトップウォーターのみをちょっとだけ触れてみましたが、他にもワームやスピナーベイトなどのルアーもナマズには有効なので、表層、中層、底狙いと自分好みの釣り方をマスターされると更にナマズ釣りが楽しくなります。

 
 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
 

ナマズ釣り ワームで釣る!の巻

先日は、久々にワームを使って鯰釣りを決行。
ソフトルアーというと、淡水では、すぐにバスを連想してしまいがちだが、ワームで鯰も釣れるの?というブログを見て頂いた方の素朴な疑問にお答えすべく、簡単にご紹介しちゃいます。

実は、ワームとひと口で言っても、形状だけでも、
グラブ、ストレート、カーリーテール、クロー、シャッドテール、バドル、チューブ、スイムベイト…。と色々ある。

しかも、それに加えメーカーは、いくつも存在し、一体どれを使えばよいか分からないですよね。人それぞれ好みもあるかとは思いますが、実際に使ってみて、個人的にお勧めなのが、ゲイリー・ヤマモト。

このゲイリー・ヤマモトは、雑誌でも必ず上位を独占する不動の人気がある。なんかマツモトキヨシみたい!?(笑)

特に、初めての方にもおすすめなのが、4インチグラブ。グラブと言っても実際の商品名は「single tail」。その特徴は「カーリーテール」。

その名のとおり大きくカールしたテールを持つ。

ロッドアクションを加えなくとも、ただ巻きだけで、テールが小刻みに動き、まるで生きているかのように魚を誘う。
テクニックがなくても簡単に釣ることができる。
初めてでも、使い易さと簡単に釣ることができる一般的な定番ワーム。

ゲイリーには、他にも色々な種類があるが、慣れてくれば環境に応じた形状を使い分けたい。

今回は、”テキサスリグ”を使用。
リグと称されるものには、他にもスプリットショットリグ、キャロライナリグ、ダウンショットリグ、ノーシンカーリグ、ワッキーリグ、ドロップショットリグ、ジグヘッドリグなどがある。

リグとはワームを使うための仕掛けのこと。基本的にシンカー(錘)の位置で名前が変わり、攻め方が変わる。針の付けかたや種類、シンカーの形や位置等によりアイデアの数だけリグが存在する、と言っても過言ではなく、オリジナルのリグを研究する釣り人も少なくない。

実際、過去に粕屋郡の長谷ダムで ”テキサスリグ” 使用し、一日で67匹のバスが連続ヒット。
リールのただ巻きだけでも、簡単に釣れる事が実証できた。

これも一度、実験した話しだが、ワームをポイッと水中に投げたら、バスがパクッと咥えこんで、口からワームを吐き出さず、そのままじっとしている。普通なら、すぐに吐き出すだろうが、口に入れた時の触感までもが本物に限りなく近い為、魚が錯覚を起こすようだ。
口から、びろ~んとワームが出ていて、友人とそれを見て爆笑した思い出がある。

そんな具合で、バスに限らず鯰にも当然、有効である事は、今までの釣行で経験済みだが、ただ、やっぱり実際に釣った状況をお伝えしなければ、わかりづらい。なので、今回は、このゲイリーだけを使って鯰狙い☆

今回のポイントは、水門。ここは、だいたい吐き出し口付近にナマズが餌を求めてくるので、比較的ついている事が多い。

か~るく、ポイッと、ワームを投入した途端、あっ! という間に、ロッドがしなり、間髪入れず一発で喰ってきました。

普通は、グググ~と当たりが来て、ロッドに重みが加わってから合わせる。
この時、合わせはバスのように瞬時に強く合わせるのではなく、グ~ッとフックを差し込んでいくようなイメージでロッドを引くと、うまくフッキングする。

少し、小さめだがナマズをゲット!魚の目の前に落とせれば、やはり一発でくる。
ワームは、手軽な価格で手に入れることができるので二度美味しい♪
大きな河川では、どんどん投げたら、チャンスも大きい☆
是非トライしてみて!

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

新春 ナマズ釣り

2011年になりました。正月の休みの間は、福岡は、ほとんど雪か雨の悪天候に見舞われ、積雪によって、山間や田んぼでは、あちらこちらと銀世界。例年よりもずいぶんと寒い季節になりました。

積雪の為、ナマズを釣りにいくタイミングがつかめません。
ほんとうに、マグレを期待するしかない! と冗談とは言い切れないくらいに、真冬の釣りは厳しい。
釣果もさることながら、寒さで体もかじかみ、心が先に折れてしまう。

しかし、その厳しい状況の中で得られる、一匹の成果は喜びもひとしお。
辛うじて晴天の日があったので、がんばって出撃しました。
久々に、ステテコ履いた(笑)

実は、年末は、雪が降っていたので、近くを選んで宝満川へコイ釣りに行ったが、とにかく風が強すぎて、寒さのあまり短時間でギブアップ。
マジで寒すぎです!!

ナマズをルアーで釣るとなると、更に難しくなる。せっかく釣りに行くからには、何とか釣り上げたい!! 狙うべき場所を考え、釣果的に脈のある農業用貯水池に決めた。

昨年夏に見つけて、70匹以上釣り上げた実績のある自称「なまず池」を頼りに新春の初ナマズを拝みに出かけた。

現地に到着した途端に、雪が降ってきた。筑紫野市内は、山からの吹き下りる風が冷たく、福岡市内に比べて、とにかく雪がよく積もる。帰りの心配をしなければならないくらいに降り出す。

路面凍結は恐ろしい。

あまり時間はない…。

到着してすぐに、水があまり動かず、温度変化のない場所でじっとしていて、北風や北西風を受けにくい場所。この風を避けることのできるナマズのいる場所を探してみた。
ここの池は、ワンド状の地形なので、北岸、風の影響のないポイントが狙い目だと思い、あちこち歩き回らず、ポイントを一本に絞ってキャスト。

ナマズの拠り所となるカバーを中心に、岩、倒木、テトラ、ブッシュ、枯れた水生植物などに付いていると信じて、ただひたすらキャスティングを続けた。

ゆっくりゆっくりと巻きながら…。

水面にモワッとした動き…。なんかいる…。

バフッ!! やっときました。

しかし、その後、鼻はズルズル、体の体調悪化。

ほんとの寝正月…。その代償は大きかった…。

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

☆2010年 ナマズ釣り☆

振り返ると、今年の夏から、仕事の忙しさより解放され、環境が大きく変わったことで、のんびり釣りを楽しめるようになった。 私にとっては、仕事、仕事、仕事…。自分の時間を楽しむことなんて、ここ数年、ほとんどなかったように思う。

そんな感じで、しばらくご無沙汰していた釣りを再開。自然の中に浸りながら、無心で釣りに没頭している時間を過ごす。失った時間、釣りの面白さを思い出させてくれた年になった。

自宅付近で大きな川といえば、一級河川であるこの宝満川。 幸運なことに家の裏に宝満川が流れている。 ここはどういう訳かバスが釣れた試しがない。

 

しかし、ハヤやフナ、コイも豊富な川だけあって、ナマズが数多く生息する。 日没近くになると、水面が割れ、水がうねり、バフッ、バフッと何度も猛烈にルアーにアタックして、重量感のあるナマズのファイトが楽しめる。

 

渓流でフライをやっている人と釣りの話しをしたら、えっ~ナマズ釣るんですかぁ~と言われ、清流で釣りする人には、あんまり評判がよくないみたい(笑)

ルアー釣りで釣れる平均サイズは、ここでは、40~50cm程度だが、70cmを超えるものもいる。

今年の夏、私は、80cm超えるデカイやつを橋の上から目撃しました。

 

 

 

 

 

目撃だけで釣ってないけど(汗)。

 

 

ちなみに、1歳で10~15cm、2歳で20~30cm 3歳で35~50cm、4歳で60cm前後のサイズと言われる。                                                                                                                                                                                                                                                                     

 

やっぱりキャタピーとジッターがよく釣れます。あとダイソーの100円ショップのルアー。甘く見たらいけません。

 

以外でしたけど、けっこうこれで釣れましたよ。

 

ルアーにお金かけなくても、そこにナマズがいればOK。この鯰も100円ルアーで釣れています。

 

暮れなずむ川面にトップウォータープラグを投じる至福の時間…。        

来年も、更にナマズ釣りを満喫したいと思っています。 今年一年、みなさんありがとう。よいお年を!!

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

ナマズルアー ナマジー

ナマズを釣るルアーとして人気の高いナマジー。
名前のとおりナマズ型のナマズ用ルアーです。
なるほど ナマズの顔をしていますよね。

ナマズは時に共食いすることもあるそうですから、仲間に容姿が似てようがお構いなく、アタックしてきます。共食いの性質をうまく利用しているルアーなのかもしれませんね。

さて、最近、私は初心者の人と一緒に釣りに出かけたのですが、初めてルアー釣りをする人は、ルアーで本当に魚が釣れるの? という疑問が少なからずあるようです。これ、ほんとよく聞かれます(笑)

「百聞は一見に如かず」です。
ですからこれはもう、自分で確かめるしか納得できる方法はありませんね(笑)  ぜひ釣りあげて欲しいものです。

ではどんなルアーが釣れるのかといえば、ハードルアーに関していえば、音、それから、ゆっくり引いてもよく動くルアーです。

まず、このナマジーの特長ですが、リールをただ巻いて引き続けるだけで、水面に引き波を立ててナマズにアピールします。

超低速リールを巻いても体を激しく揺らしながら、十分にナマズにアピールするので、短いストライクゾーンをより長い時間をかけて攻略することを得意としています。

ボディー後端(尻尾)はポッパーのような形状のヘコミが設けられています。これにより、左右に尻尾を振る際に水流を巻き込んで音を発生します。

特に流れのある河川において、自分のいる位置よりも下流にむかってキャストしてルアーを通した場合、ルアーアクション自体が強くなるため、それに伴い強い「ピポピポ♪」という軽やかなポップな音を出します。

テール部分(尻尾)はボディと干渉してノックサウンドを発生させるとともに、内蔵されたラトル音でも魚を誘います。
このようにナマジーのアクションはジョイント(結合部)と高浮力ボディから生み出されるのが特長です。

つまり、簡単に言うと、最近のルアーは、魚を誘うさまざまなアクションをルアーがやってくれるので、初心者でも釣れるんです。

 

そして、次に、ナマズは夜行性なので夕方からがもっともよく釣れるのはよく知られている事と思います。

 

この “夕まずめ” からの暗がりで釣る際に活躍するのがケミホタルという発光体。ルアーに装着すれば、ルアーの位置が確認でき、キャスト位置やトレースコースなど、ピンポイントでの釣りを展開できます。

背中部分に装着できる構造で、ケイホタルの光を受けて、ボディ全体が発光するんです。

↑ この背中部分に装着します。

夕暮れ時に発光体を挿入すればルアーの視認性が格段に向上します。
夜は水面のルアーが見えにくいから便利ですよね。

また最後部にはアシストフックを装着可能。非常に乗りの悪い状況や、小型が多い釣り場で効果的です。

ナマズ釣りは、ベテランになると、より多く釣るために、独自のチューニングを施したルアーに凝っている人も多いようです。

それが、ナマズ釣りにとっては楽しみの一つかもしれませんね♪

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村