「ナマズ料理」タグアーカイブ

土用の丑の日

DSCF9837

先日、土用の丑の日に、近畿大学が考案したという、ナマズの蒲焼がスーパーで販売された。

近年のウナギ減少にともなう価格高騰に救世主として現れたのが、このナマズの蒲焼。

DSCF9834

DSCF9836

グロテスクな風貌と独特な臭みが、一般消費者には受け入れがたい存在だったナマズが、この近畿大学の開発により、一躍、脚光を浴びることに。

@nifty ニュースより記事抜粋

クロマグロの完全養殖に成功し「近大マグロ」を大ヒットさせた近畿大学がこの夏、満を持して世に放つのが、「ウナギ味の近大発ナマズ」。絶滅が心配され価格も急騰中のニホンウナギに替わる、「夢の蒲焼き」の提案だ。

「脂の乗りをさらに良くして、国産のウナギと遜色のないレベルまで引き上げました」と、独自のエサや育成技術を開発した近大世界経済研究所の有路昌彦教授は言う。

「味」だけではない。「世界初」のチャレンジに踏み出した。

スーパーなどの量販店で「近大発ナマズの蒲焼」の販売がスタートする。大手スーパー・イオンでは7月23日から順次、一部店舗で計7000食ほどの近大発ナマズの蒲焼きを提供するという。他のスーパーや百貨店を含めて、1万数千匹を出荷する計画だ

 

詳しくはこちら

「ウナギ風味のナマズ」店頭に 近畿大が開発

近畿大学が世に放つ「ウナギ味のナマズ」はキワモノではない

 

DSCF9841

実際の感想は、見た目は似ているけれど、ウナギの蒲焼とは味がやや違いますね。

ウナギは脂が乗った濃厚な味だが、ナマズは、白身魚に近い淡泊な味わい。蒲焼のタレがかかっていても、魚の身そのものの味は分かる。ふわふわした触感は、ウナギよりボリュームがあり、若い人より、むしろ中高年や年配者が好きな味かもしれない。

キャッチ&リリースが前提だったナマズ。

今後、ナマズが食卓に並ぶようなメジャーな料理になったとしたら、アングラーの目にはどのように映っていくのか。

これからが気になります。

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ

にほんブログ村

ナマズ料理 関東編 

IMAG0112

先日、東京に出張へ行った折りに、埼玉の吉川へ立ち寄りました。吉川と言えば、鯰がシンボルの街。

駅ターミナルには、黄金色の鯰モニュメントがあり、親子並んで温かく出迎えて頂きました(笑)

今回のプランは鯰料理がメイン。

せっかく来たんで遠征がてら鯰釣りも同時に楽しんでも良かったんですけど、やっぱり関東は、九州に比べ、とにかく人口密度が多くて移動だけで疲れるんですよね~。交通機関がすべて鉄道なもんだから歩く事ばっかりで(笑)

来る度に人酔いしてしまい、いつも気力が無くなってしまいます。やっぱり九州の田舎と比べると都会はこんなにも違うんだなぁと改めて感じております。

そんな感じで、今回は、無くした気力を養う為にどうしてもビタミンが必要でした(笑)

 

IMAG0110

さて、今回、お邪魔したのは、400年の歴史を持つ、川魚専門店の「糀家」さん。

吉川という街はさすがに鯰がシンボルの街だけあって、いくつも鯰料理を取り扱っているお店があります。

色々、調べてみるとこちらのお店が吉川の中でも1番の老舗のようです。食べるなら、ちょっと贅沢にしようとこちらのお店を選んだ次第。

外観からして、ちょっと敷居が高そうなイメージでしたので、一人で入るには、ちょっと不安でしたけど、案ずるより産むがやすし。

「あの~、一人なんですけど~、予約も入れてませんけど~、お食事頂けますか~?」

「はい、どうぞ~お上がり下さい」 こちらの不安も裏腹に、お店の方が親切に対応して下さいました。

IMAG0103

 

IMAG0105

IMAG0106

ロビーには、色々な展示物があり、もちろん鯰の置物も。廊下には、大きな鯰の絵がかけられています。でっかい絵です。墨で描いたような感じです。

IMAG0102

通されたお部屋は、和のテイスト満載で高級感漂う落ち着いた雰囲気です。なんとも心地よい空間です。

IMAG0080

IMAG0084

さて、今回、頂戴した料理は「なまずの天ぷら御膳」

内容は、小鉢、たたき揚げ、なまず天ぷら、ご飯、汁物、香物、デザート。

やっぱり、長い歴史があるからなのでしょう。1品1品の料理に洗練された趣があります。

IMAG0087

まずは、なまずの天ぷら。つゆに付け、サクサクのころもをかじると、「うまっ!!」何とも言えないジューシーな味わいが口の中に拡がります。

IMAG0088

お次は、たたき揚げ。ナマズの肉を団子にして、カラッと上げております。表面はパリッとしていますが、中は、旨みが凝縮していて濃厚なお味。天ぷらとは、またちょっと違った食感です。

IMAG0086

それから、コレ。何だと思います? 鯰の卵だそうです。結構、コクのある深い味。これはお酒にもあいそう。酒好きなら絶対クセになります。

IMAG0091

それから汁物。もちろん鯰が入っています。これは、ナマズって言わないと絶対分かりません。食が益々、進みます。

IMAG0100

最後はデザート。さすがにナマズは入ってません(笑)

料理は2200円なので、お昼にしては、ちょっと贅沢なランチでしたが、貴重なナマズ料理が堪能できて至福のひとときを過ごすことが出来ました。

まだ数軒、ナマズ料理を提供するお店があるようです。地元の人は、いつでも行けるから、かえって食べに行かないかもしれませんね。

出張で、また新たな楽しみが出来ました。

次回も機会があれば、訪れてみたいと思います。

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ

にほんブログ村

ナマズ料理に舌鼓 岐阜県②

DSCF6284

前回の続きです。

次に伺ったお店は、「魚勝」さん。こちらのお店も、川魚料理の専門店。

予定時間を大幅に遅れておりましたので、事前に遅れますという一報を入れてはいたんですが、やはり申し訳ないという思いが先にたってしまい,車をすっ飛ばして向かいます。でも案外近いところにあって10分足らずで到着しました(冷汗)

 

お店に到着した時、すでに時刻は21時を少しを回っていました。           ここは、昭和レトロな雰囲気の漂うお店です。入口を入ると下駄箱があり靴を脱いであがります。受け付けでは、お店の方が、笑顔で出迎えて下さいました。

 

実は「魚勝」さんも、20時までの営業にもかかわらず、私のわがままで、営業時間をオーバーをしてまで、お店を開けて頂いてくれたんです。随分と遅く到着したにも関わらず、嫌な顔ひとつせず、親切に対応して下さいました。ホントに有難い限りです(涙)

 

お座敷は、広々として庶民的な趣のあるお部屋で、とても落ち着く空間です。流石に、当然のごとく、お客さんは、私ひとり。ゆっくりテレビでも見て寛いで下さ~いって、お店の方が優しい言葉をかけてくださり…。岐阜の方は、ほんとに親切であったかい人ばかりです。

 

しばらくは、旅の疲れからか、ぼーっとしていると次々に料理が運ばれてまいりました。

 

こちらで頼んだナマズ料理は

・なまずの蒲焼

・なまずの汁物

・なまずの天ぷら

・なまず丼

一品づつ、料理が運ばれてきます。

 

ひとつ目は、コレ。

DSCF6283

なまずのお刺身。

どうです? この色合い? 淡く染まったピンク色の身は、すぐに鯛を連想させますが、私も、九州で最初にナマズの刺身を食べた時、まさかこれがナマズの刺身なんて、まったく想像ができませんでした。刺身は、素材そのものが勝負の料理。味付けによる言い訳が、ほとんど出来ません。

ですから、「えーっ!ナマズとかたべるの~」なんて、ナマズ料理を敬遠している人には、是非とも、最初に食べてもらいたい一品ですね。

ビックリですよ。本当に凄いお味です!

 

お次はコレ。

うっひゃー!!

40cm以上ある、かなりボリューム満点

DSCF6284

なまずの蒲焼

 

前のお店より、ナマズが倍くらい大きくなっております(笑)

こちらの料理、表面は、ぱりっと焼けていて、とても香ばしい匂いがします。そして、一口目を、頬張りました。表面は、パリっと仕上がっていますが、中は白身魚みたいなあっさりとした味が口の中に拡がります。

 

やっぱり、ナマズの身は、美味しい!!ウナギにも、決して劣るものではありません。

 

全国に生息していながら、ウナギより受け入れられなかったのは、養殖の難しさや、神様の遣いとして祭られ,食が禁止の地域があるなど、様々な要因があるといわれていますが、このナマズ特有な風貌も、庶民料理には、受け入れにくかった要因のひとつではないかと思います。

戦後ごろは、ビタミンが豊富とあって、田舎では結構食べられていた所もあるそうですが…。

 

背骨の回りには柔らい身がいっぱいついています。普通の食事をするなら、このひと品とご飯だけで、十分だと思います。

 

う~っっ、だいぶん、お腹が苦しくなってきました。やばい…。

 

やっぱり、せっかくの美味しい料理も、お腹を空かしていないと本当の意味で、その美味しさを味わうことはできません。しかしながら、岐阜へは、今度、いつ来れるか分かりません。

 

これは是が非でも、このナマズ料理を食することが、私に課せられた任務であり使命なのであります。

 

お次は、

DSCF6285

なまずの天婦羅

こちらの天婦羅は、ツユにつけて頂く料理。

サクサクした歯ごたえ。同じ食材でも、お店にとってお味が違います。これまた、深い味わいです。

 

DSCF6287

なまずの汁物

これは、鯉こくならぬ、鯰こくでしょうか。これもまた、初めて食べるメニュー。個人的には鯉こくより旨いかった。

しかし…。

ここまで来たところで、とうとうお腹がパンクです。

最後になまず丼が来るのですが、どうしても食べれそうにありません。

 

お腹のシャツが

今にもはちきれそうです(笑)

ですが、どうしても食べたい…。

 

少し休めば、何とか食べれるかもしれないけれど、営業時間は、もうとっくに過ぎています。

悶々と悩んでいたところ、お店の方が「お料理はパックにつめましょうか?明日、頂かれるといいですよ」

 

おーっ!! ありがとうございます! 本当に感謝です。喜びです!!

 

そうです!

これなら、明日、またゆっくりと味わって頂くことができます。

そう、お店を早くでないと、これ以上、長居をしては、ご迷惑がかかります。

バタバタと帰りの身支度をして、クツを履き、玄関先に立つと

「機会がありましたら、また是非、お越しください」

温かい言葉で見送って下さいました。

IMAG1059 (1)

なまず丼

そして、これが、翌日の朝、東京行きの新幹線の中で頂いた、

 

「なまず丼」

 

窓越しに見える、富士山を眺めながら、なまず丼を食べる。至福のひととき。

今回の岐阜県のなまず料理は、九州にはない、また違う新鮮な美味しさを堪能することが出来ました。

機会があれば、全国のなまず料理を食べ歩き、このブログでまた紹介したいと思います。

今回、念願の岐阜県のなまず料理が食べられてとても幸せです。

お店の皆様、本当にありがとうございました☆
IMAG1067 (1)
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

ナマズ料理に舌鼓  岐阜県

IMAG1056

先日、ブログでも書いておりました岐阜県のナマズ料理。

ようやく念願が叶い、行って参りました。

今回は、東京出張に伴う寄り道の為、なんせ時間がありません。岐阜羽島駅に入る時間が夜の19:30。そこからお店までレンタカーを借りて、1軒目のお店まで20分弱。

食べる時間を含めると、普通なら1軒で終わりなんでしょうけど、それにも拘わらず、欲張りな私は、次のお店までハシゴしちゃいました(笑)

 

0001017764O1_320m

 

まず1軒目は、やまと新館さん。
予約の段階では、お店の店員さんから、夜は営業してないので、お昼にお越し下さいとのことでしたが…。

 

「う~ん、でも、私、九州の福岡に住んでいるんですけど、ナマズ好きで、前々からそちらの料理が食べたくてっ、お電話しました~」って、お伝えしたら、なんと!

 

社長に聞いてみますので、折り返し電話を入れさせてもらいますとのお返事。そしたら、すぐにさっきの店員さんから、お電話がかかってきました。

 

「大丈夫ですよ。お店を開けますので、気を付けてお越しください。社長がお待ちしております」

 

マジ感動です!!!(涙)

 

この日、もともと夜の営業はやってなかったんですけど、わざわざ、私ひとりの為にお店を開けて下さいました。なんて親切なんでしょう。ホント涙が出ました!!

 

こちらのお店のナマズ料理は、1480円のランチもあるそうですが、メインディッシュは、「宮御膳」なんです。

0001017764F16_210x180

 

あのナマズ研究で有名な秋篠宮殿下がご賞味されたナマズ料理が堪能されたことにちなんで、ネーミングされた料理。せっかく岐阜県まで来たからには、この料理だけは絶対外せません。宮御膳と名づけられた料理は、ちょっと割高ですが3000円以上します。でも九州から岐阜に来ることなど、私にとっては珍しいことですから、安いものです。たまには贅沢しないといけません(笑)

予約は20:30でしたが予定より早く着いたので、お店へと入りました。

 

IMAG1048

店内には、秋篠宮殿下が来られた時の様子が、写真にして飾られております。

 

IMAG1049

お座敷で壁に飾られているものをしばらく眺めていると、女将さんが次々とお料理を運んで下さり、料理の説明と頂き方を教えて下さいます。

 

IMAG1050

まず、ひと口目に頂いたのが、ナマズのズ鍋。

ぷりぷりとしたナマズの身が入った鍋に、生卵をとじたもの。卵と鍋のダシが絶妙に絡んで、ナマズの食感を最大限に引き出しております。

 

IMAG1051 (2)

卵でとじたら、こんな感じ。これは、マジでまいうです♪

 

鯰という魚は、グロテスクな風貌とは裏腹に、ほんとに淡白であっさりとした上品な味わいがあります。

 

「ナマズ料理」というだけで眉をひそめる人が多いせいか、地域によっては、河豚(かわふぐ)といネーミングで料理を提供するお店もありますが、「ナマズ」というイメージだけで食べず嫌いという人は、間違いなく損します。私の場合、これなら、ご飯が何杯も行けそうです(笑)

 

DSCF6281

そして、お次は「ナマズの蒲焼き」

ナマズをアジの開きのように身を開いて、ウナギのかば焼き風に、タレをつけながら焼いたもののようですが、「ウナギ」と「ナマズ」、」ヌメヌメした同じ類のような魚のように思われる人もいると思うんですけど、正直いうと、あきらかに違う食感です。

 

これは、ニュアンス的にいうと、好みの問題で、醤油ラーメンが好きか、豚骨ラーメンが好きかという違いのようなもので、ウナギの蒲焼の方が好きという人もいれば、ナマズの蒲焼の方が好きという、カテゴリーの違いからくる、比較がしづらいものかと思います。

 

カレーが好きだけど、パスタも好き。同じように美味しいけど、ひとくくりで食べ比べる難しさみたいな感じでしょうか。

 

九州には、ナマズの蒲焼っていうものはありませんから、個人的には、初体験。結構、しっかりと身がついていて、食べ応えがあります。とっても新鮮なお味でした。

天ぷら

お次は、ナマズの天ぷら。天ぷらの場合は、シンプルに塩をつかった味付けでも、食材の味を最大限にひき出すものなんですね。

ナマズの天ぷらは、フカフカしたなんとも言えない歯ごたえ。口に頬張ってもナマズと言わなければ、ナマズのイメージがまったく湧かない、上品な味わいだと思います。

DSCF6282

それから、コイの身が入った鯉汁。写真に切り身が入っているところを写すの忘れてました。

IMAG1053 (1)

それから、上の写真。これは鯉の洗い。これは酢味噌につけて食べます。料理を見た時は、てっきりナマズの刺身だと思っていたんですが、違いました。それから、モロコ煮。

 

 

IMAG10521

一般客からすると いろいろな川魚があった方が喜ばれるのでしょうが、ナマズ愛好家にとっては、せっかくなら、すべての食材をナマズ三昧で頂きたいと思うところ。でも、ナマズというメインディッシュが堪能できただけで超ハッピー。

 

料理を堪能した後は、お店の社長と、しばしナマズ談義。秋篠宮殿下が来られた時のことや、ナマズ料理のことについて、いろいろお話しを伺いました。

こちらも九州のナマズが祭られる神社の話や、ナマズ料理のお店の話をさせて頂きましたら、とっても熱心に聞いて下さいました。

 

それなら、九州のナマズが祭られている神社やナマズ料理を出すお店には、是非行ってみたいと言われておりましたので、地名や場所をお伝えし、最後は秋篠宮殿下と、握手を交わした手で、わざわざ握手を交わして下さいました。

 

しばらく手は洗えません(笑)

 

とっても親切で気さくな社長でした。本当にありがとうございました.

 

まだまだ、沢山、お話しを伺いたかったんですけど 、次があるので、後ろ髪を引かれる思いで、お店を後に。

 

ちょっと、記事が長くなったので、2軒目のお店は、次回の記事でアップしたいと思います。

 

つづく。

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

 

 

 

岐阜のナマズ料理

0001017764O1_320m

 

3月まで、あと1ケ月くらいになりました。

 

ここ福岡でも、まだ雪が降ることも多く、まだまだ春の訪れは遠い気もしますが、暦の上では、そろそろという感じもしてきます。

 

 

さて小生、今月末ごろ、仕事で、東京へ出かける予定です。

 

 

その仕事へ向かう途中に前々から計画しておりました岐阜県に立ち寄りたいと思っています。

 

 

なぜ、岐阜県かというと、私の苗字は、全国的にみると、とても珍しい名前なんですが、その発祥の地が岐阜県の山県市という場所にあります。

 

 

この、始祖がお祀りされてある神社への参拝は、今年、やらなければならないことへの誓願を立てること。つまりは誓いを立てるとともに、常日頃から平穏無事な毎日を過ごさせて頂いているご先祖様への感謝の気持ちを捧げたい。そういったことから、急に思いたった次第。

 

 

 

やっぱり、九州からとなると、岐阜県へは、しょっちゅう行けるものでもありませんから、この参拝は私にとって、とても貴重なものとなります。

 

 

そして、その貴重な一日を一生涯のものとして心に焼き付けるためには、ナマズ料理を食することが必要不可欠なのであります。無理やりなこじつけですが(笑)

 

 

実は、この岐阜県、鮎や長良川の鵜飼いが有名ですが、実は、知る人ぞ知る名物がナマズ料理。清流を好むなまずを食するのは、木曽川と長良川に東西をはさまれた水郷の地域ならではの贅沢な文化。毎年秋には「なまずまつり」なるお祭りが開催されるほど、地元ではポピュラーで、ナマズのひつまぶしや焼きそば、ず鍋も人気があるとの事。

 

ネットで調べてみると、ナマズ博士で知られる秋篠宮殿下も御賞味された、やまと新館の「宮御膳」というものがありました。ここで扱っている、ナマズ料理、写真で見る限り、九州のナマズ料理とはちょっと違うようですね。

 

0001017764F16_210x180

これは、殿下がご賞味されたというくらいの御料理ですから、一度は食べてみたい逸品です。ただ、岐阜には夜に入るので、営業時間内に間に合う確率は50%くらいでしょうか。

 

 

他にもナマズ料理を取り扱うお店がいくつもあるようです。そんなナマズ料理を扱っているお店へなんとか1軒でも立ち寄り、その新鮮なお味を堪能したいと思っております。

 

ブログで紹介がなかったら、ダメだったということで、そのあたり察して頂けるとありがたいですよー(笑)
期待しないで待ってて下さい(^^)
ではまた。

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

九州でナマズ料理を提供するお店を新たに発見!

img04

img05

ネットを見ていたら、九州でナマズ料理を提供してくれるお店を新たに発見しました。
九州のナマズ料理がコース料理で食べられるお店と言えば、大川市にある三川屋さんが有名ですが、熊本にも昨年から新メニューとしてナマズ料理を食べさせてくれるお店がありました。

川魚専門店の「かわ専」さんです。

ウナギがメインのようですが、他にも鯉、ドジョウなどの料理が堪能できる老舗のようです。

ナマズ料理は、単品のようですけど

3-1

刺身…790円

3-2
から揚げ…780円

とあります。

詳しくはこちら↓

かわ専

熊本遠征の際には、これはもう絶対に外せませんね!

近いうちに行ってみたいと思います。

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

養殖ナマズについて

Tn20130614002601

ルアーでナマズを釣る場合は、ほとんどの人がキャッチ&リリース。

 

釣り上げたナマズを食べると言うのは、釣りをする者としては、やはり気が引ける。

 

でも昔は、重要なタンパク源として、田舎の地方へ行くと、食べる風習のある地域もあったようだ。

 

さて、ネットでこんな記事を見つけた。

 

 

プール養殖のナマズ初水揚げ http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201306140026.html

ナマズ養殖し特産化目指す http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201306050052.html

Tn20130605005201

 

折からのナマズ釣りブームに加え「食」の文化にも、ナマズの影響が現れてきた。

 

確かに、以前、ナマズ料理をする大川の「三川屋」さんでナマズ料理のコースを食べてみたけれど、見た目とは裏腹にナマズの身はとても淡白で、想像以上に美味しい。

 

ただ、釣りをしている者としては、ナマズが手軽に食べられるなんて事が世間に浸透していくと、養殖の次は天然!?  なんて事になって、いろんな弊害が出てきそうな気がする。

 

これから、どうなっていくのでしょうかね。

 

ナマズの養殖には興味はあるけど、将来を考えると少し心配になってきた…。