「バズンフロッグ」タグアーカイブ

ナマズが釣れるルアー 其の六

DSCF3146REBEL  Buzz’n Frog  T4 グリーン ブルフロッグ14.0g 6.35cm

 

鯰釣りというのは、身近な川で手軽に楽しめるという面白さから、近年脚光を浴びることになった訳ですが、はじめた人はよくご存知の事のことでしょうが、特にナマズのルアー釣りにおいては、時にフッキングに持ち込む為にずいぶんと骨が折れるケースに出くわすことがあります。

捕食が下手なナマズを釣り上げるのは、思ったより、難しい反面もあることが次第にわかってくる。

 

そんな事から、いかにして上手くフッキングに持ち込めるか、アングラーは、ルアーに様々なチューニングを施しながら工夫を凝らし、万全の体制で事に望むことになる訳ですが、私と同じようにアングラーの中には、数を釣り上げるよりも、むしろ苦心しながら、自分の腕に自信をつけたいが為に敢えてハードルを上げる人もいる。釣れにくいルアーをわざわざ選び苦労の中の一匹に価値を見出すのが、面白い場合もある。

 

「ナマズが釣れるルアー」として、ここでこのルアーを取り上げるのは、これからナマズ釣りをされる方には、いささか気が引けるものだが、そのうち興味が湧いてきたら、ここで紹介するような類のルアーを使ってみられると、その意味合いがきっと分かってくるような気がしている。

 

さて、ルアーには、バズベイトというものがあるが、このバズ(buzz)とは、英語で騒音という意味がある。

通常のバズベイトはプロペラを水面で回し、水をバシャバシャさせると同時にプロペラの金属音を出しながら泳ぎます。

 

そのバズベイト風にアレンジして、ボディの半分がプロペラとなっているユニークな形が、この、レーベル社のバズンフロッグ。

音でアピールするルアーのため、雨が降っているときや、濁りが強いときのように周りの音よりも目立たせたい状況の時に使うと効果的であり、音で広い範囲から引き寄せます。

 

ただ、そうは言っても、純正のままではとにかく乗らない。

 

激しいバイトはある…。でもフッキングしない…

 

この図式が無限ループのように続く。これではストレスが溜まる。居たたまれずフックに独自のチューニングを施し、フック位置の長さの調整を何度も手を加えることによって乗せられるようになった。

DSCF3165

この一匹に価値を見出す!     苦労が報われる瞬間です。

相違工夫の過程の中にもまた、人々を魅了する釣りの面白さがあるような気がします。

 

食欲の秋

ここ最近は、ずいぶんと涼しくなりました。あんなに暑かった猛暑日もどこへやら。朝晩は、日中より10℃近くは下がっています。夜の釣りは、もう長袖がいるようになりました。

 

さてこの秋ですが、『食欲の秋』と、言われているように、魚たちも同様、冬に備えての準備のため、荒食いをすると言われています。
ですから、秋は春と同様ハイシーズンに位置付けされているようです。

 

しかし、季節の移り変わりの季節は、時に急激な水温の変化に伴い、一端魚の喰いが止まることがあります。例えば、冬でもナマズは釣れますが、いきなり寒くなった直後は、なかなか釣れません。ある程度、水温が安定してくると、魚もそれに慣れて徐々に釣れ出すようです。

 

ですから秋も同様、気温の変化とともに、ナマズたちも水温の変化に馴染んでから、再び喰いが活発になるまで、少しタイムラグがあるような気がします。

 

ある程度、気温変化に慣れた頃が、秋本番と言ったところでしょうか。

 

因みにハイシーズンに入ったかどうかを見るには、自分の場合、釣れたナマズの腹がパンパンになっているかどうかで判断しています。これがハイシーズンに突入したかどうかのバロメーターになります。

 

ハイシーズン中は、どのナマズも、とにかくよく食べているので、釣り上げた鯰の口から、たった今食べたばかりのベイトを大量に吐き出すシーンに出くわすことがあります。

 

丸く膨らんだお腹の中には、相当な量の餌がつまっているようです。

 

あまり動けなくなる寒い冬の時期に備え、今のうちに餌を沢山捕っておこうとする魚の本能がそうさせるのでしょう。

 

 

さて今回は、9月最終日。バズンフロッグ縛りも今日でおしまい。

 

まぁ今月は、このバズンフロッグだけで7匹釣れたので、釣果としてはそこそこ良かったのではないでしょうか。フッキングは難行でしたけどそれはそれで面白い釣行でした。

 

昨夜はこれで1匹だけ釣ったら、水を得た魚のように、後は心おきなく乗せやすいルアーをチョイスして投げまくります(笑)

 



 

トータル5匹ゲット。元気はかなりいいみたい。陸に上げたナマズは、ぴょんぴょん飛び跳ね、体にラインがぐるぐる巻き。
それにルアーが絡まり、違う意味でのお祭り騒ぎ(笑)

老眼やから手間どり、まったくもって大変でした。

でもイキはいいけど、ナマズのお腹はいたって普通。どれもメタボ鯰にはなっていない。

 

全国的にも、バラつきがあるとは思いますが、活性が上がるまでは、あと一息ではないでしょうかね。

 

 

バズンフロッグ 其ノ弐


さて、前回に引き続き、バズンフロッグの釣行です。このバズンフロッグは、カエルの下半身が、そのままバズベイトの作りになっているという不思議なルアー。

 

バズベイトなら、餌とは似ても似つかぬ形ゆえ、ナマズを怒らせてリアクションバイトを誘う釣りになるのでしょうが、このルアーは、容姿がカエルですからね。

喰わせたいのか、怒らせたいのかよく分からないルアー(笑) でもまぁ、スイッシュ音で魚を誘うのが本命なのでしょう

 

さて今回は、那珂川ではなく、粕屋郡にある某河川を狙いました。粕屋郡と言えば、那珂川同様、釣れそうで釣れない場所が多いですね。

でも見つけましたよ。釣れるところを。

 

時期的にもだんだん活性が上がってきているせいか、ここでも水面をかき回すバズンフロッグに好反応。

水面下にもじりが出てきたと思ったら、『バッフッ!!! 』って感じで、14gあるルアーを喰いつく際に、ルアーを水面高く何度も跳ねあげました。

 

狭い場所というのは、1匹出るとダメですね。取り込みまで激しい音を立てて暴れるもんですから、他のナマズが警戒してしまい後が続かない。
ですから、次の場所へすぐに移動。

 

そんな感じで、昨日は、バズンフロッグで何とか3匹ゲット。

 

このルアーは、途中経過ですが使った感じは、正直ミスバイトが多いので、よく釣れるとは言い難い。ただ反応はそこそこあるので、広い範囲で鯰を探し出すためのサーチルアーとして使う方が使い勝手はいいかもしれません。

 

今月まで、バズンフロッグ縛りなので、もう少し頑張ってみたいと思います(笑)

 

 

レーベル バズンフロッグ

REBEL  Buzz’n Frog  T4 グリーン ブルフロッグ14.0g 6.35cm


鯰釣りというと、とにかく数が釣れりゃいいんだよ! という人もいれば、オールドルアーや珍しいタックル、リールなどをたくさん揃えて、コレクションにすることを楽しみという人もいたり、或いはルアーを改造したり、はたまた、ハンドクラフトでナマズを狙うのが楽しいと思われる人がいたり…。

人によって、単純にナマズ釣りといっても、その動機はさまざまなようです。

 

私個人としては、ハンドメイドが一番面白いと思っていますが、何分、もともと凝り性な性分なので、やり出すと止まらない。今では手っとり早く、いろいろな既製品のルアーをチューニングしながら、試し釣りをやる中でナマズの習性を観察したりする、そんな過程を楽しむ方が今の生活リズムにあっているような感じがします。

 

さて最近、いろいろなルアーを使ってナマズ釣りを楽しんでおりますが、先日、ブログとツイッターでいつも楽しくお付き合いをさせて頂いているNaokingさんのツイッターを見たら、バズンフロッグでナマズを狙うとつぶやかれていました。

バズンフロッグ。

レーベル社は、レーベルミノーでよく知られていますが、トップウォーターでは、こんなものも作っています。

昔からバス釣りをされている方には、懐かしいルアーでしょうが、ナマズ釣りとなるとどうなんでしょうね。ナマズはカエルが好みですけど、このルアーで、ナマズを釣った人を見たことがない。

 

ですから丁度、自分もこれで、ひとつナマズ狙ってみようと思っていたところでしたので、おぉ! やっぱり鯰人は、考えることが一緒なんだなって、思わず頬がほころんでしまいました(笑)

 

Naokingさんのブログをいつも拝見させて頂いておりますが、あたり前に釣るのではなく、その一匹に価値を見出して、「今」を楽しんでおられる様子がヒシヒシと伝わって参ります。そんな訳で、まだお会いしたことはありませんが、同じ臭いがして!? (笑) とても親近感が湧いております。

 

そこで、あまり人と同じことはやりたくない主義の天邪鬼の私ですが、このカエル使用で遅ればせながら、いろいろなルアーでナマズを釣る!という同じ目的を持った 『同志』 としばらくはバズンフロッグ縛りでナマズを狙うことに。

 

でも先に釣られちゃった(笑)

 

このルアーは、カエルをイミテートしたバスベイト。
足の部分がくるくる回り水をかき回します。
通常バズベイトは、リトリーブ停止と共に潜行を始めるけれど、このバズンフロッグは水面でポーズが出来る。

 

バズベイトと同じただ巻きの使い方の他に、数秒ステイさせた後にジャークすればカエルが飛び跳ねた時のようなアクションをさせる事も可能。

ただ、そうは言ってもナマズはフッキングさせるのが難しい魚。

いろいろナマズ仕様に変えないと、そのままでは使えないので、若干チューニングを施して、出撃して参りました。

 

今回は、釣行先は、久々の那珂川。

 

広々としたオープンウォーターでの釣り。こういったオープンな所では、雨が降っていない日は、ナマズは岸際のアシ付近についていることも多い。

 

今回、岸際の草の際を中心に徒歩で4キロほど歩きました。最近、夜はめっきり涼しくなりましたから、歩くのもあまり苦にならなくなりました。

 

ストップ&ゴーの繰り返しで狙います。

草の茂みから「バフッ!!!」突如として激しいバイト!


まずは、50後半クラスで際先のいいスタートです。
それから、続けて3バラシを喰らった。うちひとつは、草の中に逃げ込まれラインが絡まってアウト。


そしてその後、40cmサイズの小ナマズ2匹追加。ボウズは免れました。

バイトはあったので、もうしばらく、いろんなポイントで使ってみて、バラしが少なくなるようチューニングを研究してみようと思います。