「フロッグ」タグアーカイブ

浪漫釣行

DSCF5872

1発目の県外遠征をスタートさせてからというもの、次はあそこ、次はココ!と、ヒシがびっしりのフィールドを想像しながら、毎日、妄想だけが、どんどん膨らんでおります。

 

前回の長崎釣行は、ミスバイトが多すぎました。遠征はしょっちゅう行ける場所ではないので、この日のバラしは、非常に勿体なかった。

 

そんな事もあり、次の釣行へ向けて、道具の点検に余念がありません。雷魚SHOPにも、お勧めのフロッグ、BEST4を聞いてみました。もちろん、即、買いです。

 

次は、たくさんキャッチできるよう、フロッグのチューニングを、家族が寝静まった頃、ニヤニヤしながら、怪しげにおこなっております(笑)

 

ただ、そうこうしているうちに、今月いっぱいで、シーズンも終了しそうなので、何とか、あと2県は、周っておきたいところ。

 

そのうち佐賀のフィールドは、すでに開拓済なので、できれば、熊本か大分を先に周ろうと思います。鹿児島と宮崎は、かなり遠方なのでその次のスケジュールで。

 

九州全域における、各県の穴場を探して周るのは、実に骨が折れますが、その分、激アツなスポットが発見できた時は喜びもひとしお。

 

美しい山々に囲まれ、小麦色の稲が果てしなく広がる田園風景。

カバーに覆われた、みどり一色のクリ-クと、青空のコントラスト。

鳥のさえずり、美しい花々をバックに、時間も忘れ川岸を釣り歩く。

 

 

まさに、釣り人としての冥利に尽きる!

 

そう、それは、まるで

 

砂場で夢中に遊んだ、あのころと同じ気持ち。

 

やっぱり、はじめてのフィールドには、心を擽るロマンがあるんだよなぁ。

 

cropped-DSCF5858-2.jpg

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

カバーゲーム ポカン釣り

カエル

明日は休み。仕事から戻り、室内の温度を計ると26℃。

あれれ??

 

ここ最近、外気温は、35℃を遥かに超え、不快指数は個人的には100%だったけれど、昨日はやけに涼しかった。

 

ここ九州へ台風が急接近するために、気温がかなり下がっていたようです。

やっぱり気温が10℃近く違うと、とても過ごしやすく感じられます。

 

 

好きな釣りに出かけるのでさえ、億劫なくらい厳しい暑さが続いていましたけど、これだけ涼しいと、元気さというか、残っている体力的な数値は、かなり違います。

 

テンションアゲアゲ。

そんな感じで、昨日、まだ雨も降らない、嵐が来る前に出撃してきました。

 

今回のポイントは、小さな水草の葉で覆われた水路。

 

 

前に紹介していましたポカン釣りの紹介です。ポカン釣りで使う本来の餌はカエルですが、今では、釣具屋さんに行けば、このカエルに似せたリアルなルアーがたくさん出でいます。

 

DSCF5315

一昔前だと、ヒックリージョーやハリソンスーパーフロッグ、ガルシアフロッグ、コーラモンのかえるくん、ダイワのブルフロッグetc…など色々ありましたが、近年では、中空フロッグによるカバーゲームが盛ん。

 

もともとフロッグのルアーは、ウィードにつくバスや雷魚など、通常のルアーでは手が出せない場所へ投入できるルアーとして開発され脚光を浴びたルアーですが、近年のナマズ釣りの傾向としては、その魅力に取り憑かれ、オープンウォーターでも使用する人たちがずいぶんと増えて来ているようです。

 

ただオープンウォーターなら、他のタイプのルアーで十分狙えるので、ここでは、通常のルアーでは手が出せない、カバーにつくナマズを限定に紹介したいと思います。

 

DSCF4870

フロッグ本来の真価を発揮するであろうポイントは、まさにカバー。

 

ただフロッグの欠点は、ウィード回避においては、とても優れていますが、それは諸刃の剣で、ターゲットのフッキングを低下させることにも同時につながっています。

 

特に捕食ベタなナマズには、ミスバイトが多発するので、フッキングだけ見ると使用するのは不向きなルアーですが、その反面、バイトだけ見ると、ナマズのルアーに対する感度は極めて高く、恐らく、対ナマズ用のルアーと言われるルアーと比べても群を抜いています。

DSCF4836

やはり、釣るためには、先にバイトありきじゃないでしょうかね。やっぱり反応があることが重要な訳ですから、カバーという閉ざされたエリアを狙う以上、ミスバイトは、やはり致し方ないような気がします。

 

さて、今回狙う場所は、とあるポイント。小さな水草の葉で覆われた場所です。水草の合間には、少々、隙間が空いています。

 

そんな場所へ、ポカン釣りの要領でフロッグを送り込み「ポチャン、ポチャン」と水音を立て、カエル特有のポーズを取りながら、ナマズにルアーの居所を伝えます。

 

最近、特に思うことですが、ラバースカートのあのヒラヒラ。

あれって、かなり優れもの。単なる飾りではないんですね。

ゆらゆらと水の加減で動き、ナマズの食の琴線に触れているのは確かなようです。

長く使っていくうちに、スカートをつけている、つけていないで、ルアーに対するナマズの感度が違ってくることを実感しています。

 

さて、そんな具合ですが、しょっぱなから、バイトのオンパレード。

どうやらルアーの繰り出す「音」と、カエルのシルエットがナマズの「食」の琴線に触れたようです。

manamazu1

manamazu2

manamazu3

manamazu4

 

manamazu6

manamazu7

manamazu8

manamazu9

manamazu10

manamazu11

フロッグは、フッキング率が極めて低いと言われるものの、スモールサイズのフロッグを使用すれば、丸呑みする分、フッキング率が若干上がる気がします。

 

ただ陸に上げた途端にルアーが何度もポロリと口から外れるケースがあったので、しっかりフッキングするのは、ナマズのコンディションとフッキングのタイミング、この二つが同時にうまく、かけ合わさった時のようです。

 

前の記事でも書いていますが、台風による気圧の変化は、ナマズの活性が軒並み上がります。フッキングミスを穴埋めするくらい、ストライク率を上げるなら、こういった日を選ぶといいかもしれませんね。

 

~Next  Time~

カバーの釣りに少々、くたびれたのもあって、次は、オープンウォーターへ移動。

自作ルアーは、ただただ引くだけのオートマチックルアー。

 

manamazu12

manamazu13

わすが2キャストで2キャッチ。

う~ん

こんなに簡単に釣れてしまうと、カバーなんて敢えて難しい釣りしなくてもいいんじゃないの?  と言われそうですが、

 

それでも、カバーゲームには、釣り人を虜にしてやまない魅力があると思うんです。

DSCF4833

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

 

雷魚&ナマズ カバーゲーム

DSCF4280

ナマズ釣りをする場合は比較的、釣りやすい場所が多く、ほとんどの人がオープンウォーターでの釣りになる。

 

ただ、オープンウォーター以外にも、ナマズが着いている場所があって、そんな中のひとつに、水面がびっしりとカバーで覆われた所が挙げられる。

DSCF4282

地域環境の違いから、カバーでナマズ釣りをやったことがない人も多いだろうが、九州の場合は、クリークがかなり沢山あって、水面を覆うカバーの真下についているナマズが結構いる。

恐らく、雷魚マンが雷魚を狙った拍子に、フロッグでナマズが釣れることはあるだろうが、カバー下のナマズをメインにわさわざ狙う鯰屋さんはいない。ノイジー系ルアーをまったく使えないから、ほとんど敬遠してしまうんじゃないかな。

DSCF4284

王道をゆくジッターバグさえ、ここででは、まったく通用しない。

DSCF4287

逆に言えば、普段やらない釣りだけに、面白いナマズ釣りの体験が出来る訳だ。

frogバリスター バリフロッグ  

 

まず、使うルアーは、フロッグだが、カバー攻略はスケーティング。

 

ウィードレスフックは、上向きなので、カバーの上を滑らせながら、リトリーブを行う。

 

やっぱり、真下から食いついてくる時は、「ハブッ!!」と捕食音を立てて食いついてくるのだが、フッキングは、通常のシチュエーションより、かなり難しい。

 

ここで、丸呑みしてくれるナマズなら、大半が大きめのサイズになってくることだろう。

DSCF4289

雷魚とナマズが同時に楽しめるカバー狙い。

 

これは、かなり楽しめます。

 

namazu1

DSCF4275

今年のシーズンは、雷魚&ナマズのカバーゲームがマイブームになりそうです。

 

ナマズが釣れるルアー 其の壱


近年、手軽に楽しめるということから、鯰をトップウォーターで釣るスタイルが確立され、鯰専門で狙う人たちがずいぶんと増えてきました。

近くの釣具店では、今までなかった「ナマズコーナー」なるものが設けられ、陳列棚を見るにつけ、その人気のほどが伺えます。

さて今回は、過去2年間の間にトップウォータールアーで釣れた内容をまとめてみました。これから何回かに分けて紹介していきたいと思います。

 

 

ミノー系


■ダイソー ミノーモンスター        ■フローティングミノー

ミノーとは、派手な音が出ないルアー。ロッドアクションを加え、まるで生きた小魚のように動かすことでナマズを誘います。

ルアーを静と動とで例えるとすれば、静でしょうか。

「音」にスレてしまったナマズなんかを、時には一発で仕留める力をも秘めています。

つまりアクション一本で勝負する釣りになる訳ですから、釣れる人には釣れるけど釣れない人にはさっぱり釣れない…。

 

そんなことが起こりうるルアーですから、いきなりルアー釣りをはじめる方には、リトリーブスピードやロッドアクションのコツを掴むまでが少々難しいかもしれません。

 

一昨年から何げにダイソー百均ルアーの「ミノーモンスター」や「フローティングミノー」を使ってやりましたけど、想像以上に良型のナマズが釣れました。

やはりルアーと言うものは値段ではなく、どれだけ思い通り動いてくれるかが釣果の鍵に繋がる、そんなことが言えるのではないかと思います。

 

ハネモノ系

                   どんぐりマウス

クワイエットファンク:デカダンス                 ナマズクローラー

 

「ガショガショ」と発する硬い金属音が、どうしてナマズを誘うのか? 不思議なところですが、これは、ルアーが発する「音」というより、水を伝わる振動に対してナマズが反応している様子が伺えます。

 

ガショガショとボディの羽根音が大きな物は、遠くに離れているナマズに注意を惹かせる点では、他のノーマルルアーに比べ、とても効果があるのではないかと思います。特に大きめの河川で使うと効果的です。

 

インパクトが強いルアーは魚の反応が早い分、水路や小川などの狭い場所で使い過ぎると、逆に早い段階でスレやすくなる傾向があるので、ポイントによって出番を使い分けるといいかもしれませんね。

 

フロッグ系

                 スミス KOZポッパー

■スミスのKOZポッパー

まずは、スミスのKOZポッパーです。これは言わずと知れた、ビッグフィッシュハンター” 大久保幸三”プロデュースのフロッグルアー。

こういったフロッグ系ルアーは、雷魚向けに開発されたルアーなんでしょうけど、実は、対ナマズにおいても凄いポテンシャルを秘めたルアーだと言うことが、使ったことがある方にはよく分かると思います。

 

特にラバースカートのついたフロッグは、バイトの数だけで言うなら、個人的には間違いなく5本の指に入るトップクラスです。

2年前の夏に、ナマズしかいない野池でKOZポッパーを使ったら、3時間の釣行でバイトが50以上ありました。でも釣れたのは1本だけ(笑)

 

つまり、この手のルアーの最大のネックは、フッキング率。

ただでさえ食べるのが下手なナマズには、ウィードレス用の上向きフックは間違いなく不向きなんですね。

 

バイトは多し、されど釣れる魚は少なし…。で、対ナマズ用に下向きのフックチューニングをすることで、多少フッキング率は上がるけれども、ソフトボディの為、やはりそれでも限界があるようです。

 

やはり下向きのフックにプラスして、それに合わせるようフックの特性を生かしたボディ形状でないと、ミスバイトは根本的に解消できないという感じがしました。

 

上記写真のタイニーフラッパーもそうですが、フッキング率さえ改善できれば、驚異的な釣果をもたらすことも、大いに有り得るかと思いますので、今後、対ナマズ用に、何処かのメーカーさんが、そんなフロッグを開発をしてくれたら嬉しいですね。

次回につづく…。

カバーにつくナマズ  其ノ弐


昨日は、夕方から雨が降りはじめました。夜になると雨も止み、外はかなり涼しくなったので出撃することに。

 

てっとり早い釣果が得られることから、いつの間にか河川での釣りばかりするようになりましたが、野池もポイントによっては面白い釣りが楽しめます。

 

今回は、自分が好きなルアーのひとつであるK.O.Zポッパーでカバーにつくナマズを狙います。

 

実は、この手のフロッグ系ルアーは、ナマズにはフッキングしにくいという最大のネックがあるので使ったことのない人も多く、ライギョ釣りをする人なら普通ですが、ナマズ専門でオープンウォーターをメインにしている人には馴染が薄いのかもしれない。

 

しかし、水路や小川などの小規模河川やカバーの生えた野池などには、ことナマズのバイトを誘うという点では素晴らしい機能を発揮する。

 

少し前の記事に書いたけれども、ナマズ釣りには「ポカン釣り」という釣法がある。小型のカエルを釣り餌として、片足から吊り下げる形で釣り針に通して付け、水面で音を立てながら上下に動かすことでナマズを誘う釣法。

ナマズのその貪欲な性質を利用した「ぽかん釣り」は、その昔、多摩川の中・下流の支流や農業用水路などで,ナマズの生息している水域で行った漁法だと言われている。

ポカン釣りの餌は小魚ではなく、カエルなんですね。
水面に浮く餌は、かえるの方がナマズには、より高い効果が得られるということを漁師さんたちは知っていたのでしょう。

 

フッッシュ系のルアーにまったく反応がない時に、バイト炸裂!なんて事は、この辺りのエリアでは、普通によくある事で、やはりナマズは、カエルが大好物であることをバイト数で如実に感じてしまいます。

 

タイニーフラッパーの釣行でも書きましたが、最大の欠点であるフックにチューニングを施せば、釣果UPはまず間違いない。さて、そんなフロッグ系ルアーですが、今回は、チューニングは施さず純正の売りである、多少、蓮に覆われた通常のルアーでは手が出せないポイントをメインで狙っていきます。

 

カバーとカバーの隙間に放り込むと、「バフッ!!」
という激しい捕食音が!

 

何匹かナマズがついている様子。

 

やはり思った通り、バイト炸裂するもののがなかなか乗せられません。

 

合わせのタイミングを何度も思考しながら、どんぴしゃのフッキングでようやく3匹ゲット。バラシが3。

 

 

ただでさえ、ミスバイトが多いナマズ。カバーにつくナマズは、特に難しいものがありますが、その分、釣り上げた時の喜びもひとしお。

 

ミスバイト多発で釣れないことも多いけれど、それもまた、個人的には、ナマズ釣りにおける楽しみ方のひとつであります。

ライギョ Game

水流が無いか緩やかで、ハスなどの水生植物が生い茂った水域に好んで生息するライギョ。

湖・沼・池・河川の中下流域などに多く生息する朝や夕方の薄暗い時間帯、または水が濁っている時に活発に活動する。食性は基本的に魚食性だが、他にも甲殻類、昆虫類、カエルなど水生動物のほかときには水鳥の雛やネズミなどの小動物など幅広く捕食する。

水底にじっと潜み、水中や水面を通りかかる獲物に飛びかかる。多くの文献等ではその姿形から獰猛というイメージもあるが、警戒心が強く臆病な面もある。雷魚の名の由来は、悪天候時に行動することから「雷を呼ぶ」と見られたからとも、獰猛な捕食行動が「雷が鳴るまでくわえた獲物を離さない」と見られたからともいわれる。

繁殖時には親が卵や稚魚を保護する。種によっては産卵の際に水草などを集めて巣を作るもの、卵や稚魚を口内で保護するものなどもいる(マウスブルーダー)。水草で巣を作る種類は水草がないと繁殖出来ないため、治水工事などで開発が進んで減少している地域もある。

日本にはカムルチー、タイワンドジョウ、コウタイの3種が分布する。これらはもともと東アジアに分布し、日本には人為的に導入された外来種である。ライギョは特にカムルチーとタイワンドジョウを指す呼称として用いられ、他にライヒー、タイワンなどとも呼ばれる。

導入当時には「チョウセンナマズ」とも呼ばれた。21世紀初頭の時点では、タイワンドジョウとコウタイは移入された区域からそれほど広範には広がっていない。(wikipedia 抜粋)

最近は、護岸工事などで激減しているライギョ。この辺りで釣れる場所も限られてくる。

カバーにびっしりと覆われた河川や池を見ると、なぜかワクワクした感じになるのは、ルアーマンなら誰しも体験すること。

ハードカバーで雷魚を釣る映像ってほんとたまりませんね。

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

ナマズゲーム2  冬は近し

さて、前回、発見したナマズが沢山いる池。入れ食い状態が続き、久々に楽しいひとときを満喫したのでありました。しかし、あまり根詰めて通うと釣れなくなる可能性もあるので、しばらくこのポイントを休ませておりましたが、もうそろそろいい頃かな!?

という事で早速出かけてみたのであります。ここ数日、とても肌寒く、はたして思うような釣果を期待できるかどうか…。
土手の上から、しばらく池を眺めていると、いる!!  いる!!
大き目のナマズが一匹♪

肉眼でもはっきりナマズが確認できます♪ 岸に寄ってきています。体をかがめて、ゆっ~くりとルアーをキャスティング。ナマズの目前にトップを落としてやると、「バフッ」と一飲み!!
きた~っ!!   よっしゃ~っ!!   グイグイと引っ張ってくれます。水面まじかで体をくねらせながら抵抗し続けています。カバーに絡まないよう慎重に且つ、一気に引き上げた。

70㎝に少し足らないが、中々のサイズです♪ その後、もう一匹60㎝クラスがヒット!!
しかしその後はピタリとなくなった。
夕方は、極端に寒くて、鼻もズルズル。かなりヤバイ。

少しづつ近づいてくる冬の気配…。

今期までに何とか80㎝オーバーのナマズを目指したいところ。

時間との戦いです。

←ヒットルアーはこれ!!  スミス K.O.Zポッパー

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

ナマズゲーム ヒートアップ!!


最近まで、宝満川を中心に釣りをしていたけれど、川の水位が1m以上下がり、まったく釣りにならなくなった。代わりに筑紫郡のダムや池を中心に探していましたが、大野城市にある牛頸ダムなどは、相変わらず釣り人が多くて落ち着かない。又、付近の池も、人はいないが魚が釣れない…。

 

そういった理由で、「人が知らない釣れるポイント」を探し求めて、地図を片手に付近をくまなく探しておりました。そしてやっと隣接する町にひっそりと佇む、人目につかないポイントを見つたのであります!!

池の全面を蓮が覆い、周りは木々に囲まれ、静かに楽しむことができる絶好のポイントです。
そして、この日、首を長~くして待ちわびていましたが、とうとうデカイやつがヒットしました。

久々に70㎝クラスのナマズです。ヒットルアーは、スミスの2010年発売のポッパー型フロッグ。K.O.Zポッパー。アシが生えた浅瀬の足元付近できました。陸に上げ、撮影しやすい場所に移動中にフックが外れ、証拠写真がとれなかったが残念でしたが、中々のファイトぶりでした。

写真は、次にヒットした60㎝クラスです。餌になる小魚やエビなんかも豊富に生息しているせいか丸々と太り、結構なウェイト。その後もナマズ特有のバキューム音が静かな池に鳴り響き、次々に猛烈バイト炸裂!!

うっひゃ~!!   まさに入れ食い状態。久々の感動を味わえたのであります!!
ここは、釣り人が足を踏み入れた様子はまったくないようなので、大物狙いにまだまだ期待ができそうです♪

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村