「プロップペッパー」タグアーカイブ

ナマズが釣れるルアー 其の四


ティムコ PROP PEPPER/プロップペッパー 16g

プロップペッパーは、ローアピール、ハイノイズというコンセプトの元に開発されたダブルスイッシャ―。
キャタピー、ジタバグ、クレイジークローラーなどは、ある程度流れのある河川だと水流に負けてしまい、ルアー特有の強みが出せないことがあります。

そんな時に、この「スイッシャー」を使う。

スイッシャーには、プロペラが1個のシングルと2個のダブルがあり、プロペラが回転する事で水を掻き回し、引き波を立て、さらにプロペラの音で水面下のナマズを誘う。

引くだけで、ジャージャーと音を立てて、泳ぐ為、初心者でも使えるルアー。
通常、ルアーを泳がせる時に、川の流れと反対に動かす方が、川の流圧を受けてよく泳ぎます。

特に堰付近で使うと、ルアーを引かなくとも、水流によってペラが自然回転するので、ダウンストリームキャストで流れに身を任せながら、しゃくっては流し、しゃくっては流すというアクションを繰りことで、川を登ろうとするあのベイトフィッシュの姿そのものを演出することができます。

 ダイワ リブンシケーダ 足長 13.5g

1995年頃は、空前のバスブームだったが、それよりもっと前、1980年代くらいにも小規模ながらバス釣りブームがあったように記憶している。
そんな時期に史上初のリアルセミ型プラグとして一世を風靡したダイワ「リブンシケーダ」。
そんな名作「リブンシケーダ」がMegabass社とのコラボレーションで再登場した。
セミをイミテートしたカラーリングが鮮やかで、ルアーマンには、なかなかそそられる品ではないだろうか。

水に落ちたセミとナマズの構図がなかなか結びつかない感じもするが、「音」「波動」に敏感な鯰には、水車のようなプロペラサウンドは、やはり効果があった。

鯰釣りでは、虫パターンのルアーは、あまり使用されていないが、場所によっては効果があるので、ルアー選びの選択肢のひとつとして加えてもいいかもしれない。