タグ別アーカイブ: ヘドン

今年も遅ればせながら

a1380_001123_m

3月30日、月曜日。福岡の最高気温は、22℃。

 

朝は、放射冷却のせいで、まだ少し肌寒い感じもするけれど、日中は、ポカポカしていて、汗ばむくらいの陽気。川沿いに咲く、桜の花もほぼ満開。

 

菜の花は、絨毯のように、大地をびっしりと埋め尽くし、すべては春一色の装いです。春は、目に映る物、すべてが眩しくて、自然にテンションが上がって参ります。(笑)

 

それに加え、明日、明後日は、久々のお休み。
青空が拡がり、今年の初釣りを楽しむには、最高の釣り日和です。

 

今日こそは!

仕事を終えると、そそくさと私服に着替え、夜、久々に釣りへと出かけた。

 

約4か月ほど、ポイントを訪れていなっかった訳だが、車を走らせていると、あちらこちらの場所で護岸工事が行われていた。3月の年度末にもかかわらず、相変わらず、河川の工事は進行中のようだ。

 

思い浮かんだ場所を消去法で消し込んでいくと、やっぱり手っ取り早く釣れると思われるのは、ナマズ釣りの鉄板というべき堰下。

 

ところが、どういう訳か、どの場所にも、ナマズが付いていません。
1度だけ、しょぼいバイトがありましたけど、あとは沈黙。他の堰下も周りましたが、やはり反応はイマイチ。

 

通常、活性が上がってくれば、堰下に集まり、結構な割合で喰ってくるのですが、今は、そこまではない様子。流れがある分、多少、水温が関係しているのかもしれない。

 

選択を変え、今度は、ほとんど流れのない緩やかなポイントを狙ってみることに…。月明かりの中、水面には時折、小さな波紋が幾重にも拡がっている様子が目視で確認できる。

耳を澄ませば、バフバフ!!  なにやら捕食音が聞こえてきます。

 

いるいる!!

どうやら間違いはなそうです。

DSCF3573

HEDDON: CHUGGER  SPOOK

 

1投目。川の中央へ、チャガーをキャストし、捕食音を立てながら、リトリーブを始める。

 

すると、ルアー後方から、「モワッ」

 

もじりが起こったと同時にいきなり水面を割って、激しいバイトが炸裂。

バッシュ-!!!

高速でローリングしながら、必死で抵抗する。

 

岸際まで、寄せても、最後の悪あがきか、後ずさりするような、激しいヘッドシェイクを何度も繰り返す。ようやく、手元までたぐり寄せた後は、一気にごぼう抜き。

 

DSCF6318

今年の初釣りは、ポッコリとお腹が膨れた、50クラスのナマズくん。

DSCF6313

やっぱり餌は、しっかり食べているようですね(笑)

朝晩の冷え込みを考えると、今はまだ、こういった場所の方がいいのかもしれません。堰下に付近で釣れるようになれば、ハイシーズン到来でしょうか。キーは、遡上してくる、これからの雨。

 

今年も遅ればせながら、ナマズ釣りを再開します。

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

ナマズが釣れるルアー 其の五

ハトリーズ ダブルダンサー・メス

羽鳥静夫氏の手から生まれた「ハトリーズ」。名作と言われる様々なルアーを生み出し、オリジナル感が漂うデザインは、たくさんのルアーマンたちを魅了して止まない。でも一番の魅力は、ハトリーズ独特のこのフォルムとカラーリングではないだろうか。

ダブルダンサーは、なんといってもあの顔がたまりません。個人的にも、とても好きなルアーです。

湿った感じの重低音サウンド「ボワン…!」。このサウンドが、静まり返った闇の中でもナマズの高活性化を図る。

ロッドティップを軽くはじくように操作すれば、左右への移動距離の少ない左右の小刻みな首振り。連続リトリーブではその名の通り、水面下で泡を出しボディーをクネクネとローリングさせながら泳ぐ。

ナマズとハトリーズという組み合わせも、なかなか絵になります。

ヘドン チャガースクープ

 


トップウォーターの名品といわれる数々のルアーを生んできたヘドン。そのヘドン社の中で、1930年に登場して以来、今尚多くのアングラーに愛用され続けられているルアーが、このチャガースクープ。

実は、このポッパーと一括りにしているルアーの中には、2つの異なるタイプがあって、ポップRのような「スプラッシュ」とチャガーのような「捕食音」という音で大別できる。これらをまとめてポッパーと呼んでいるアングラーも少なくない。
ただ、この音の違いというものは、ナマズを狙う上で、反応にずいぶんと違いが出てくる。

実際の釣行では、仲間が発する捕食音と同じような音を立てるルアーの方が、水しぶきを上げて逃げ惑う小魚のスプラシュのルアーより、明らかにナマズの反応が上回っていた。


おやっ?仲間が餌を食べてる? 餌が近くにいる?

 

そんな仲間が発していると思わせる「捕食音」を奏でるルアーは、ナマズにはかなり効果的であり、ナマズの「食」の琴線に触れているのは確かなようです。