「ミノーモンスター」タグアーカイブ

モチベーション

DSCF4312

昨晩、ナマズ釣りに出かけた。

最近では、外に出かけるとセミやカエルの合唱が大音声で聞こえて来る。

 

季節は完全に真夏。

 

日中は、相変わらずの暑さだが、日が暮れると、適度に心地よい風が吹いている。

 

これなら、イケそうだ。

 

日没の時刻は、この辺りだと、だいたい19:30頃。

 

その時間帯に合わせて、出撃開始。

 

この時期は、やっぱり、ザーザーと水が流れ落ちる音を聞きながら竿を振る方が、納涼感があって断然いい。

DSCF4342

 

DSCF4331

ポップスウィンガー

DSCF4332

ジッタースティック

DSCF4349

ミノーモンスター

 

DSCF4358
リブンシケーダ

 

ある程度、ナマズがつく場所を把握できれば、どれを投げても普通に釣れる。

 

涼しくて、とても快適なんだけど…。

 

でも、しばらくやっていると何か物足りない…。

 

 

昨夜は涼しいから、たまたま出かけられただけで、普段の暑さの中では、自分を釣りへ突き動かすほどのものが見つからない。

 

だから、そろそろ自身のナマズ釣りのモチベーションを上げるものに没頭し、ブログ内容もシフトしないといけないなぁと、最近はそんな風に感じています。

 

 

 

 

ナマズが釣れるルアー 其の壱


近年、手軽に楽しめるということから、鯰をトップウォーターで釣るスタイルが確立され、鯰専門で狙う人たちがずいぶんと増えてきました。

近くの釣具店では、今までなかった「ナマズコーナー」なるものが設けられ、陳列棚を見るにつけ、その人気のほどが伺えます。

さて今回は、過去2年間の間にトップウォータールアーで釣れた内容をまとめてみました。これから何回かに分けて紹介していきたいと思います。

 

 

ミノー系


■ダイソー ミノーモンスター        ■フローティングミノー

ミノーとは、派手な音が出ないルアー。ロッドアクションを加え、まるで生きた小魚のように動かすことでナマズを誘います。

ルアーを静と動とで例えるとすれば、静でしょうか。

「音」にスレてしまったナマズなんかを、時には一発で仕留める力をも秘めています。

つまりアクション一本で勝負する釣りになる訳ですから、釣れる人には釣れるけど釣れない人にはさっぱり釣れない…。

 

そんなことが起こりうるルアーですから、いきなりルアー釣りをはじめる方には、リトリーブスピードやロッドアクションのコツを掴むまでが少々難しいかもしれません。

 

一昨年から何げにダイソー百均ルアーの「ミノーモンスター」や「フローティングミノー」を使ってやりましたけど、想像以上に良型のナマズが釣れました。

やはりルアーと言うものは値段ではなく、どれだけ思い通り動いてくれるかが釣果の鍵に繋がる、そんなことが言えるのではないかと思います。

 

ハネモノ系

                   どんぐりマウス

クワイエットファンク:デカダンス                 ナマズクローラー

 

「ガショガショ」と発する硬い金属音が、どうしてナマズを誘うのか? 不思議なところですが、これは、ルアーが発する「音」というより、水を伝わる振動に対してナマズが反応している様子が伺えます。

 

ガショガショとボディの羽根音が大きな物は、遠くに離れているナマズに注意を惹かせる点では、他のノーマルルアーに比べ、とても効果があるのではないかと思います。特に大きめの河川で使うと効果的です。

 

インパクトが強いルアーは魚の反応が早い分、水路や小川などの狭い場所で使い過ぎると、逆に早い段階でスレやすくなる傾向があるので、ポイントによって出番を使い分けるといいかもしれませんね。

 

フロッグ系

                 スミス KOZポッパー

■スミスのKOZポッパー

まずは、スミスのKOZポッパーです。これは言わずと知れた、ビッグフィッシュハンター” 大久保幸三”プロデュースのフロッグルアー。

こういったフロッグ系ルアーは、雷魚向けに開発されたルアーなんでしょうけど、実は、対ナマズにおいても凄いポテンシャルを秘めたルアーだと言うことが、使ったことがある方にはよく分かると思います。

 

特にラバースカートのついたフロッグは、バイトの数だけで言うなら、個人的には間違いなく5本の指に入るトップクラスです。

2年前の夏に、ナマズしかいない野池でKOZポッパーを使ったら、3時間の釣行でバイトが50以上ありました。でも釣れたのは1本だけ(笑)

 

つまり、この手のルアーの最大のネックは、フッキング率。

ただでさえ食べるのが下手なナマズには、ウィードレス用の上向きフックは間違いなく不向きなんですね。

 

バイトは多し、されど釣れる魚は少なし…。で、対ナマズ用に下向きのフックチューニングをすることで、多少フッキング率は上がるけれども、ソフトボディの為、やはりそれでも限界があるようです。

 

やはり下向きのフックにプラスして、それに合わせるようフックの特性を生かしたボディ形状でないと、ミスバイトは根本的に解消できないという感じがしました。

 

上記写真のタイニーフラッパーもそうですが、フッキング率さえ改善できれば、驚異的な釣果をもたらすことも、大いに有り得るかと思いますので、今後、対ナマズ用に、何処かのメーカーさんが、そんなフロッグを開発をしてくれたら嬉しいですね。

次回につづく…。

フローティングミノー

ミノーモンスター フローティングミノー 9㎝  7g

 さて先日、近くの100円ショップに行ったら、ダイソーのミノーモンスターのイワシカラーが置いてありました。

以前、別の店舗に置いてありましたけれど、全部売り切れてしまい、その後の入荷はなし。

ところが別の店舗に行くと、たくさん置いてあるのを発見。

 

補充の為、フローティングとシンキングのふたつを購入致しました。

 

このミノーモンスターのイワシカラーは、ボディには、均等に45℃のエッジが施されており,美しいグラデーションが印象的なブルー色。そして角度を変えると色が変わるホログラムが施され、ボディの中には、ラトルが内蔵されている。表面は光沢のある仕上がりで、ダイソーシリーズ中、最も目を引くルアー。

正直、100円でこのクオリティとは一昔では、考えられない。

 

実際は、「イワシ」の疑似餌だけに、海釣り用に開発されたものだろうが、意外や意外、このルアーで、昨年は、結構な数のナマズを仕留めることが出来た。

 

音を発するルアーは、ナマズを釣る上で、インパクトが強く最大のPRになるけれども、同時にその分早くポイントをスレやすくさせてしまう傾向にある。

 

ミノーというルアーは、ノイジー系のように派手な音などなく、ナマズに対する最大のアピールは、シルエットとアクションのみ。

 

ド派手なアピールはなくとも、ポイントをスレさせないよう、じっくり狙っていく人には、最適なルアーかもしれない。

 

 

猛暑の中、喰いが落ちている季節なので、はたして満足のいく結果が得られるか一抹の不安があったものの、出撃釣果は…。


 

水草の際を狙い、派手なバイトで40cm弱のナマズをゲット!

 

次回は、爆釣りの始まる秋頃に、再度検証してみたいと思う。

ナマズ釣り 100円ルアーの威力!


週末、福岡は豪雨に見舞われ、河川の増水と濁りが通常よりもひどかった。休日という事で長時間の釣りを楽しめる筈が、あいにくの天気。

ギリギリまで待って、川の濁流も収まるであろう、日曜日の晩に出撃開始。今回のルアーは、ミノーモンスター。

引き続き、100円ルアーの検証です。

釣りの楽しみって、ロッドやリールだったり、色鮮やかなルアーを、揃える事だったり、いろいろ様々。

楽しみ方も人それぞれ。色々な楽しみ方があっていいと思っています。

でも初めてナマズ釣りをされる方には、ぜひともトップウォーターを!!

水面を割ってルアーに飛びついてくる、あのダイナミックな釣りの醍醐味を真っ先に味わって欲しい。

そこから、釣りの楽しみが広く深くなっていくと思うんです。

そんなナマズ釣りの面白さを、こんな未熟な私でも、分かる範囲の中で情報としてお伝え出来たらと思って始めたのがこのブログ。

今回も、お金をかけずに釣る! をテーマにして、ナマズ釣りに頑張って行ってきましたよ~。

増水した☆☆川。予想通り、川の本流は流れが速く、完全に濁っていました。

そんなポイント目がけて、現地到着早々、ミノーモンスターを力強く投げ込みました。

一投目から、いきなりのヒット。雨の為か活性が高い。

しかし、足元付近でバラす。

二投目も同じく。

三投目も…。

なんでやねん…。色々考えてみたが、ミノーモンスターのフック、どうも甘い。フックは、チューニングせずに、オリジナルそのまま使って検証を試みた訳ですが、3回連続して、バラシが発生。

このフックサイズは、小ナマズにはいいが、サイズが大きいものについては、フッキングが弱い。ナマズの顎って、実はかなり硬い。この顎を貫通させるには、ある程度の強度やサイズが必要になる。

又、フトコロ間角度もフッキングに大きく関係してくるので、バラシを低減させるには、ナマズ釣りにあったバランスのよいフックが必要。

とりあえず、Gamakatutsuのフックに取り換えて、再キャストしたら、バッチリ2匹上がりました。




今回みたいに大雨の後は、流れが速く、フッキングがうまくいかない。

ミノーモンスターには、ナマズ専用にフックをチューニングすると更に期待できます。

☆川釣り日誌☆ ナマズ 100円ルアーで釣る!の巻き

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村