「メタルバイブ」タグアーカイブ

ナマズが釣れるルアー 其の十

DSCF1925
サスケブレード76 リアクションギル Length:76mm Weight:20g

前回の記事でも少し触れましたが、バス釣りでは、ブレード(メタルルアー)として不動の地位を築いたヘドンのソナー。今では、それを模範にしたルアーが続々と登場し、釣具屋に行けばメタル系のルアーは数多く陳列されています。

 

バス釣りにおいて、表層から深場まで、1つのルアーで、広範囲に渡って一番スピーディーにターゲットを探し出せるルアーは何ですかと聞かれたら、間違いなくメタルバイブレーションだと答えるアングラーも多いこの手のルアー。

 

ウィンターシーズンの釣れない季節には、起死回生の鉄板ルアーとして、派手な釣果をもたらすことから、多くのルアーマンの中で、長い間、愛され続けているルアーです。

 

その系統のルアーの中では、妙に小魚(ブルーギル)ぽかったので、ナマズ釣りに使用してみたのが上記の写真。

DSCF1945

しかし、ソナーのような肝心の穴が空いてなかったので独自にチューニングを施します。

 

この手のルアーは、主にバスやシーバスがメインで、ナマズ釣りに使っている人はほとんど見かけません。

 

メタル系がナマズ釣りに使われない理由は、浅瀬が多くて、障害物=根掛かりという図式に悩まされる点が大きいからなのでしょう。

 

メタルルアーは、何もしなければ金属で出来ている為、着水後、そのままにしておくと、深場まで石のように沈んでしまいます。

 

例えば1/2オンスの場合、1秒間に3フィート(90cm)沈むので、狙いたいゾーンが10フィート(3m)の場合には3秒待ってから、リトリーブします。

 

もちろん、その後の巻くスピードによっては、ルアーが浮き上がってくることもありますし、逆に沈んでしまう場合もあります。つまりリトリーブスピードを、その時のナマズの活動状態に合わせて選ぶと良いようです。

 

そもそも、この手のルアーは、コンセプトを見ると上級者を対象に作られていないとの事。幅広いレベルの、より多くのアングラーが問題なく使えるように、どちらかと言えば初心者のレベルに合わせても十分動くように設計されているそうです。
このブレードの上部にある穴は前から順に1.2.3と呼ばれています。
アクションコントロールの穴を使うと小刻みなウォーブリング・アクションを作り出すことができ、穴の位置を後ろへ移動していくことによってアクションを大きくすることが出来ます。

 

穴の位置を前に持っていくほど深場を攻めることができ、1番後の穴を使って、ファースト・リトリーブを行えば表層でウェイキングをすることも可能。

 

結ぶ位置が後ろに下がるほど動きはワイドになり、浮き上がりも早くなります。
ルアーに内包されるアクションと深場コントロールを可能にするので、オールレンジ攻略が可能なルアーであることが最大の特長です。

 

トップのようなスタイルでナマズを狙いたいのなら、リトリーブスピードを操作して水面にV字の引き波を作りながらやります。ロッドをひったくられるような強いアタリが出やすく、スピーディーにポイントを攻めていくことができます。

 

障害物回りで使う場合は、上向きのダブルフックを使うといいようです。水面下にある為、ダブルフックでもフッキング率は十分だと思います。
またルアーを結ぶ時は、スナップを使わないとラインを切られてしまうので注意が必要です。

 

ルアーは、設計コンセプトを理解してから、自分で使いたい状況に合わせてチューニングするのをお薦めします。通うフィールドは、人それぞれ違うので、チューニングも違って当然です。それがルアー釣りの楽しみのひとつですから。
メタルバイブを使用する場合、出来れば川の水深は3m以上あるといいですね。メタルが自由に操れます。

 

得意技は、リフト&フォール。

DSCF1955

DSCF1948

DSCF1967

 

このルアー、変則的な動きは、まさに逃げ惑うベイトフィッシュそのもの。

 

メタルバイブには、他のルアーでは、決して真似することが出来ないメタルならではのナチュラルな動きを演出することが出来るため、ナマズ釣りにおいて、今までとは違うパターンの攻略方法を垣間見る事ができます。

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

ナマズが釣れるルアー 其の九 

probo1

仕事が終わってからの趣味の時間というのは、とても楽しいけれど、仕事でのストレスや疲労が溜まりすぎると、頭内では、アドレナリンが大放出されながらも、体が着いてこないというアンバランスな感覚を体で感じ始める。

 

楽しいけれど、眠たい。楽しいけれど、きつい…。

 

アラフォーを過ぎた頃、私のように、そんな感覚を感じる人は大勢いる筈。世の男性陣は、平日は仕事という名の戦場へ出かけてゆき、休日は、家族サービスをこなしながら、僅かな時間を使って自分の趣味に没頭する。

 

しかしながら、仕事と家族サービスを両立させながら、自分の趣味に没頭することは、思ったよりなかなか難しい。休みの日くらいは、ゆっくり休養しないと、次の日に戦えないという現実が自分自身にブレーキをかけるからだ。

 

思いどおりに行かないような出来事がおきたり、メンタル面において、いろんな負荷がかかる。今は、そんなご時世なのです。

 

釣りに行きたいけれど、キツイ。それを突き動かすほどの、強い欲求を生み出すことが出来る人は、よほど釣りが好きな人。まさに「釣りキチ」の称号を与えられる、ふさわしい人だと言えます。

 

さて、小生もそんな社会のストレスや疲労感を多少なりとも覚えつつ、同時に快感を伴うものを探し求め、ようやく、自作ルアーの制作という本題に入りました。

 

今、制作しているルアーは、トップウォーター。どのタイプのルアーがいいのか、ナマズを釣り上げることだけに焦点を当てて、いろいろ妄想しています。

 

昔から不器用な人間なので、ひとつのことしか出来ない性格。ルアーが完成するまでの間は、釣りへは行けそうにないので、しばらくは「筑紫釣りブログ」で、紹介しきれなかった、市販のアンダーウォーター系ルアーの紹介をしたいと思います。

 

probo2

GT-BIOメタルルアー

 

最初に見た瞬間に、あっ! これ結構かっこいいんじゃん! それが正直な感想。

ナマズ釣りにおいて、メタル系で狙うとしたら、スプーンが定番。

 

昔の釣りの専門書といったら、スプーンしか掲載してなかった時代もあったくらいですから(笑)

 

だから、メタルバイブでナマズを狙うという図式は、なかなか思い浮かばないと思います。

 

このルアーの特徴は、ラメ入りエポキシ樹脂塗装によるフラッシングと長いノーズを使ったリアクションバイトの釣りがウリ。

 

浅瀬では、使えませんが、そこそこ水深がある場所においては、ヘドンのソナーと同じタイプで同じ使い方が可能です。

 

ヘドン・ソナーの最大の特徴は背中にある3つの穴です。このルアーにも同様に3つの穴があり、この穴は、AC/DCシステムと言われています。

 

ACはアクションコントロール。DCはデプスコントロールの略。ラインを結ぶ位置を変えることによってアクション、水深を換えることができます。

 

結ぶ位置が後ろに下がるほど動きはワイドになり、浮き上がりも早くなります。
ルアーに内包されるアクションと深場コントロールを可能にするので、オールレンジ攻略が可能なルアーであることが最大の特長です。

 

メタル系ルアーは、ロッドアクションによって不規則な動きを生み出すことから、ルアーの動きを見切っているスレ鯰に対しては、大きなポテンシャルを秘めています。

 

DSCF3964

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村