思い描いている間が一番面白い

DSCF2347

先日行ったクリークで再び雷魚釣り。

 

80くらいのやつを立て続けに2本もバラす。

 

で、釣れたのがコレ。

 

DSCF5281

次は、絶対にデカイの仕留めたる!

 

 

 

どんな釣りもそうだけど、逃した魚は大きい。

 

 

 

だから

 

 

釣るためにはどうすればいいのか。

 

 

みんな創意工夫をしながら、次回の釣りに頭を巡らす。

 

 

やっぱり釣りって、どんな釣りでもそうだけど

 

 

ターゲットを釣り上げることを思い描いている間が一番楽しいんですよね。

 

 
 
 
 
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
 

ライギョ

a0960_004495_m

最近、子供の頃を思い出し再び、雷魚に熱を上げてきた。

日本に生息しているライギョには、3種類あって、カムルチーの他に限られた地域に生息するライヒー(タイワンドジョウ)、コウタイという3種類のライギョが生息しています。

 

釣れるライギョは、すべてカムルチー。日本全国に生息しているほとんどがこの種。

 

 

ちょうど、小生が小・中学生の頃、近くの野池や河川には、あたり前のように生息していて、メーター級のカムルチーなど、そんなに珍しいものでもなかった。

 

あれから、約30年。

 

 

ここ福岡のエリアで雷魚が釣れる場所と言えば、ほんの一握りしか思い浮かばない。

 

というのも、

福岡ライオンズクラブが発足して以来、25年記念事業として、1980年代初頭に、4河川にコイを放流。

(*ライオンズクラブとは社会奉仕を目的とする国際ボランティア団体)

 

この4河川のどこかは、全ては分かりませんが、そのうちひとつ、那珂川だけは記憶に残っている。

 

当時、そのコイの放流を始めたのをきっかけに外来魚の駆除が盛んになった。

 

雷魚が、せっかくライオンズクラブが放流した、このコイの稚魚を食べると新聞に報じたものだから、放流した稚魚を守る為に、市民がいっせいに雷魚駆除に乗り出したのだ。

 

 

 

当時は、付近の河川で、バスが生息している話しなどない。つまり、駆除の対象魚は、すべて雷魚に絞られる。

 

 

 

 

コイやフナを釣りに来ていた人の竿にライギョがかかれば、頭を叩いて、陸地に上げ放置するなどの殺傷処分がはじまる。

 

福岡県下では、市を上げて撲滅キャンペーンを行う役所もあったとか。

 

古くから日本に生息する、コイ、フナ、ドジョウ、オイカワ、タナゴetc…

 

そういった日本古来の魚を守る為に、釣り人の間でもライギョを駆除することが正当な理由として位置づけられる。

河川や野池の釣りの場では、海釣りで釣れる外道のフグと同じような扱いで、雷魚を陸に打ち上げるそういった光景が日常茶飯事となった。

 

小生、生まれも育ちも福岡。長年この福岡に住んでいますが、他県に比べて、ライギョの個体数は軒並み少ないと思っています。

 

特に、福岡市近郊の河川に個体数が極端に少ないのは、恐らく当時の影響が大きく関係しているのではないか。

 

 

そう感じています。

 

 

食物連鎖の頂点に立つ、ライギョが、どんな河川でも、普通に釣れるようになると、恐らくその地域の生態系は壊れているだろう。

 

結局のところ

 

すべての魚たちの共存を考えるとなると、個体数が少ない、人の手によって無益な殺生も行われていない今が、一番バランスが取れている時なのかもしれません。

 

DSCF5154

 
 
 
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

風情

DSCF4287

昨日は、夕方、雷魚の新規ポイントを探しにクリークを回る。

 

雷魚がいるポイントを2ケ所発見。5匹ほど水面に浮いている姿を目視で確認した後、早速、ピンポイントで狙ってみることに。

キャスト直後に水草の中から、ぬ~っと姿を現し、ゆっくりと近づいてきて、「バフッ」と一飲み。

 

 

ところが、ヒットしたはいいけれど、足場に気を取られ、痛恨のバラシ…。「あちゃ~、やっちまった」

 

その後、もう一匹、水面スレスレまで近づてくる雷魚の姿が。

 

しかし、フロッグを鼻でつつくと、そのまま喰わずに去っていった…。

 

何と言う用心深いやつなんや。「くぅ~、残念」

 

DSCF4285

ナマズと比べて、ライギョは、個体数が極端に少ないので、バラすとモチベーションが一気に下がるのね。まぁ、しょうがないけど…。

 

結果はさておき

 

最近の釣り方としては、最初に雷魚のポイントを探し、日没後はナマズ釣りにチェンジするパターン。

 

そんな感じで、雷魚釣りもナマズと同じように、行けば必ず釣れる必釣パターンを早期に確立させたいと考え、今はせっせと新規の開拓に勤しんでおります。

 

 

DSCF4539

さてライギョ釣りが終わり、今度はナマズ釣りのポイントへ到着。

 

辺りはもうすでに真っ暗。

 

一部の田んぼにようやく水が入ったようです。田植えはまだこれからだけれど、もうすでにカエルの合唱がはじまっています。

 

 

そのせいか、いろんなところから、ナマズの捕食する音が聞こえてきます。

 

鯰たちのディナータイムがもうすでにはじまっている。

 

 

こりゃ、ルアー投げたらイチコロだな。

 

そう思っておりましたが…。

 

 

バイトの数は、もう20を超えたころから、ぜんぜん乗らないことに気づきます。

 

 

ルアーを2m以上も弾き飛ばすほど、猛烈にアタックしてくるけれど乗らない。

 

やる気が空回りのナマズばっか(笑)

 

 

それでも、ルアーをいろいろ変えながら、捕食音の主たちの姿をようやく拝めることが出来ました。

 

DSCF5270             Lure;            VAGABOND      Namazu  Crawler

DSCF5250 Lure:        Heddon  Chugger Spook

DSCF5278Lure:        Heddon  Chugger Spook

昨夜は、最後に釣れたぽっちゃりお腹のこのナマズが気に入りました。このお腹のボリューム!   とってもチャーミングで風格があります。

 

親近感が湧いたのは、自分のビール腹と似てたからだけど何か(笑)

 

 

梅雨があければいよいよ夏。

 

カエルの合唱と心地よい風を感じながら楽しめる今の季節は、なんとなく風情があります。

 

a0860_000007_m

ゲロゲロ♪

 

 
 
 
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

水路の雷魚

DSCF4834

今回も再び、雷魚の生息するクリークに遠征。

 

 

やっぱり、カバーや水草が生い茂る場所というものは、見てるだけでも飽きませんね。

DSCF4831

 

なんでしょうかね。このワクワク感。

 

DSCF4835

何がいるか、何が釣れるか分からない、そんな期待感が込み上げてくる不思議な雰囲気を醸し出しています。

 

ただ、縦横無尽に広がるクリークから、雷魚が生息している場所をピンで探し出すのは、かなり骨が折れる。

 

う~ん、あれはコイだろうか…。

 

DSCF4836

 

水草のあたりから「ボシュッ、ボシュッ」と捕食音が聞こえるが、その辺りを凝視すると…。

 

でっかい背びれが見え隠れしている。   あ~、やっぱりコイだ…。

 

そんな事を繰り返しながら、2時間以上もこの付近一体を隈なく探索し続ける。

 

そしてようやく…。

 

どうも今までのものとは、あきらかに体つきが違う魚影を発見する。

 

DSCF4821

よくよく目を凝らしてみると…

 

水面下に浮いている魚は待望の雷魚!

 

よし、いたいた。

 

褪せる気持ちを抑えながら、足音を立てず、ゆっくりと身を屈めながら、一投目を投入。

 

DSCF4833

着水と同時に波紋が幾重にも広がり、それがおさまるまで、じっと待ち続ける。   着水の波動が伝わったのか…。

 

さっきまで向いていた方向とは真逆の進路を取り、水面に浮ぶフロッグに気づき徐々に近づきはじめる。

 

偏光のサングラスは、水面下のギラツキ感を抑えられるので、雷魚がルアーに近づいてくる一部始終が手に取るように分かる。

 

5m、3m、2m、1m…     ゆーっくりと、フロッグの目前まで魚影が近づいて来た。     食わせのタイミングを与えるよう、時折ポーズをとる。

 

 

喰え!   喰え!

 

 

いつもながら緊張する、息を呑む瞬間…。

 

 

…。

 

 

ボフッッッッー!!!!

 

 

 

今までの 沈黙を破り、激しい水しぶきを上げながら、ハイパワーでグイグイとラインを引き込んでいく。

 

 

弓なりにしなったロッドと格闘しながら、魚体に絡みついた水草と一緒に、一気に引き上げる!

 

 

よっしゃっー!!

 

 

陸へ上げた途端、激しく暴れた際に、ルアーが外れる…。

 

DSCF雷魚

ふぅ~   危ない、危ない。

 

強烈なバイトとは裏腹に、思ったほどデッカくなかったけれど

 

いつもと違うロケーション

 

 

水路での雷魚釣り

 

 

何とも言えない達成感があります。

DSCF4870

 
 
 
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

プレゼント♪

unnamed

先般、このブログにCute Luresさまから初コメントを頂きました。

Cute Lures    ← こちら

それで、私の方もサイトの方へ遊びに伺いましたところ、5月末まで、淡水魚のダービー開催の案内が…。

フムフム…。 これも何かのご縁。

せっかくですから、今回、サイト「Cute Lures」様のサイト立上げ記念のダービーに私も参加させて頂こうと思い、ぎりぎりすべり込みセーフでエントリー(笑)

derby_140531_1[1]

ただ、すでにナマズをエントリーしている方がおられたので、いろいろ考えた挙句、今回は、ナマズではなく、先日、釣り上げたチビ雷魚をエントリーさせて頂きました。

数日後…

ルアーマンには、とっても刺激的な嬉しいプレゼントの品々が届きました(^^)

 

■Balsa50 ビッグラッシュスケーターJr.
■ラッキークラフト マラス(カンサイタイガー)
■FROG ショートサソリ
■バッチ
■マグカップ

DSCF5138

素敵な品々、本当にありがとうございました(^^)

このプレゼントルアーで、2014年のナマズの爆釣りが約束されました!

かな?(笑)

道具について

DSCF3497

私のブログでは、以前から100均ルアーを使って、ナマズを釣る記事を書いています。

 

まぁこれは、お店やメーカーなんかの売る側の戦略もあるんでしょうが、1個1000円以上するルアーは、これからナマズ釣りをされる方には、ロストすることも考えると、少々、値が張る買い物だと思っていたからです。

 

ルアーは、ある程度、価格が高くなければ、性能が劣っていたり、なかなか思うように釣れないのではないかという一般イメージが強い気が致します。

 

ですから、そんなイメージを払拭する為に、100円だって、十分釣れることをブログで紹介してきたんですけど…。

 

 

実は最近、この100均ルアーに雷魚がアタックするケースに出くわしました。

 

 

やっぱり、ナマズくらいだったら、どうにかなるんですが、雷魚になると、パワーがワンランク上がってしまうので、絶対無理とは言い切れませんが、100均ルアーではかなり厳しいものがあります。

 

・まず100均のフックでは耐えきれない。

 

・魚の重量に耐えきれず、リグが外れてしまう。

 

大型のシーバスなども、100均ルアーで十分釣れているじゃないかと言われそうですが…。

 

DSCF3961

これは、そもそもシチュエーションが違いすぎます。雷魚は、カバーなどのストラクチャーについていることが多く、時には、大量に体に巻きついた水草などと一緒に、一気に引き上げることがあります。

 

 

一端、このような場所に潜り込んだ魚を、短時間で手元まで手繰り寄せるには、相当なパワーを持ったタックルが必要です。

 

 

それに加え、これが1番大きなところですが

 

・ライギョは、フロッグで釣るという暗黙のルールがある。(無論、全てのアングラーではありませんが)

 

 

 

やはりルアー釣りというものは、時として、ルアーやタックル、ラインなどそれなりの強度を持ったものでないと、バラしてしまうどころか、ルアーを口に咥えたまま、魚にダメージを与えてしまい、時には死に至らしめるケースを誘発させてしまいます。

 

近年では、ロッドに関して言えば、ターゲットに合わせた専用のものが各メーカーから続々と発売されているが、リールは、汎用性のあるものなので、専用的なものとなると極々少ない。

 

私はよくスピンキャストを使ってやっていますが、これは軽量ルアーを投げるのにはかなり使い勝手がいい。それにかなりよく飛ぶ。

 

DSCF3589

ただ、パワーがそこまで大きくないので、高低差のない場所で、60クラスのナマズなら、難なくこなしてくれますが、やはり、それ以上の大型のナマズや雷魚をメインで狙うのであれば、これではやはり荷が重い。

 

ですから、ブログ中で紹介している100均ルアーは、あくまでも一般的なナマズ釣りにおけるルアー選択肢のひとつとして紹介しているので、

 

特に、大型のナマズが生息する場所や雷魚に関しては、このような点を踏まえ、それに似合う専用のルアーや道具で臨んで欲しいと思っています。

 

DSCF4834

 

カバーゲーム

DSCF4871

今回は、ナマズではなく、雷魚の新規ポイントを開拓すべく、あちこちとクリークを中心に回りました。

 

DSCF4868

DSCF4836

DSCF4833

 

カバーに覆われたクリークは、ルアーマンにとっては、もう最高のロケーションです。

 

 

今日は、釣れなくても本望!

 

 

そんな気持ちで、最初はやっていたんですけど…。

 

 

やっぱり欲が出てきて…

 

DSCF4857

 

DSCF4858

DSCF4850

 

いい感じのサイズが釣れました♪

 

癒し

ベビーサイズ日本ナマズ

ベビーサイズ日本ナマズ
価格:990円(税込、送料別)

今の時代、本当に便利な世の中ですよね。

ネットでポチれば、翌日か翌々日には商品が届く。

生き物の注文なんて言うのは、ペットショップに直接足を運んで買うものだと思っていたけれど、時代は移り変わり、クリックひとつで買い物かごへ。一昔前では考えられない時代へ。

最近、楽天を覗いてみたら、こんな商品が出ていた。

日本のナマズと雷魚などが販売されています。

ただ、どれも売り切れが多いから、かなりの人気なのかな(笑)

お店によって、金額にバラつきがあるけれども、だいたいこんなもんなんでしょう。

日本ナマズ 50cm前後

日本ナマズ 50cm前後
価格:3,200円(税込、送料別)

(淡水魚)アリアケギバチ(1匹)

(淡水魚)アリアケギバチ(1匹)
価格:2,100円(税込、送料別)

これを見ると、マナマズよりも雷魚の方がちょっと値段が高い。
更に、ビワコオオナマズは値が張るけど、イワトコナマズは、それより更に上をいく。

小さくても希少な魚なほど、やっぱり結構するね。

特に、厳選上物イワトコナマズ! これは、40cm位らしいが、27800円だってスゴッ!

アリアケギバチも希少価値の高い魚だけれど、この位で買えるんだったら、お手頃かな。

釣りに行けない日は、水槽に、こんな魚たちを入れて、癒されるのもいいんじゃないでしょうかね。

ライギョを狙う


先週の休みも、ナマズ釣りに出かけた。

 

ナマズ釣りを楽しんだ後、帰りに少し羽を伸ばして、ライギョ狙いへ。
自分の住むエリアは、引越しして来てから、もう丸8年になるが、ライギョの姿を昨年一度見たきりで、この辺りではほとんど見かけることがない。

 

よほど乱獲されたのか?
バスも見かけないくらいだから、もともといない場所なのか? 子供の頃から棲んでいる訳ではないので、その辺りの理由は、正直よく分からないが、とにかく近辺の川で姿を見かけないのは確かだ。

 

そんなことを思っていた矢先、ナマズ釣りで遠方へ下見をしに出かけた折に、巨大なライギョを目撃!
とにかくデカイ!1mくらいあるモンスター。
久々に見ました。そんなデカイやつを。

 

近辺のナマズ釣りでは最大で70がほぼMAX。
それを遥かに上回るサイズは、福岡ではコイ、ソウギョ、ライギョくらいしかない。

 

そんな姿を目撃したその日は、釣りたい衝動がふつふつと込み上げた。

 

久々に釣りたい!! 日を改め、ライギョタックルに変えて再び出撃。

 

ポイントは、川幅が2mほどの護岸整備された河川。まさかこんな小さな場所に身を隠した巨大なライギョがいたとは…。

今回、使用したルアーは、エバーグリーンのダータフロッグ。
ポップ音を立てながら、耳を澄まして一極集中。

 

オーバーハングの隙間から、バホッという激しい音と共にルアーを一呑み!!

 

この手に伝わる重量感、やっぱりナマズとは顕かに引きが違う。

 

目撃した、モンスターのサイズにはほど遠いが、80オーバーをゲット!

 

十分楽しませてくれた。

 


ここはとにかく狭い場所。

フッキングした際に激しく抵抗し、バシャバシャと大きな音を立てる為に一匹釣れると後が続かないが、久々に満足のいくライギョ釣りが楽しめた。
これから、ナマズ以外にライギョ用のルアーもボチボチ増えていきそうです(笑)

ライギョ Game

水流が無いか緩やかで、ハスなどの水生植物が生い茂った水域に好んで生息するライギョ。

湖・沼・池・河川の中下流域などに多く生息する朝や夕方の薄暗い時間帯、または水が濁っている時に活発に活動する。食性は基本的に魚食性だが、他にも甲殻類、昆虫類、カエルなど水生動物のほかときには水鳥の雛やネズミなどの小動物など幅広く捕食する。

水底にじっと潜み、水中や水面を通りかかる獲物に飛びかかる。多くの文献等ではその姿形から獰猛というイメージもあるが、警戒心が強く臆病な面もある。雷魚の名の由来は、悪天候時に行動することから「雷を呼ぶ」と見られたからとも、獰猛な捕食行動が「雷が鳴るまでくわえた獲物を離さない」と見られたからともいわれる。

繁殖時には親が卵や稚魚を保護する。種によっては産卵の際に水草などを集めて巣を作るもの、卵や稚魚を口内で保護するものなどもいる(マウスブルーダー)。水草で巣を作る種類は水草がないと繁殖出来ないため、治水工事などで開発が進んで減少している地域もある。

日本にはカムルチー、タイワンドジョウ、コウタイの3種が分布する。これらはもともと東アジアに分布し、日本には人為的に導入された外来種である。ライギョは特にカムルチーとタイワンドジョウを指す呼称として用いられ、他にライヒー、タイワンなどとも呼ばれる。

導入当時には「チョウセンナマズ」とも呼ばれた。21世紀初頭の時点では、タイワンドジョウとコウタイは移入された区域からそれほど広範には広がっていない。(wikipedia 抜粋)

最近は、護岸工事などで激減しているライギョ。この辺りで釣れる場所も限られてくる。

カバーにびっしりと覆われた河川や池を見ると、なぜかワクワクした感じになるのは、ルアーマンなら誰しも体験すること。

ハードカバーで雷魚を釣る映像ってほんとたまりませんね。

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村