今年も遅ればせながら

a1380_001123_m

3月30日、月曜日。福岡の最高気温は、22℃。

 

朝は、放射冷却のせいで、まだ少し肌寒い感じもするけれど、日中は、ポカポカしていて、汗ばむくらいの陽気。川沿いに咲く、桜の花もほぼ満開。

 

菜の花は、絨毯のように、大地をびっしりと埋め尽くし、すべては春一色の装いです。春は、目に映る物、すべてが眩しくて、自然にテンションが上がって参ります。(笑)

 

それに加え、明日、明後日は、久々のお休み。
青空が拡がり、今年の初釣りを楽しむには、最高の釣り日和です。

 

今日こそは!

仕事を終えると、そそくさと私服に着替え、夜、久々に釣りへと出かけた。

 

約4か月ほど、ポイントを訪れていなっかった訳だが、車を走らせていると、あちらこちらの場所で護岸工事が行われていた。3月の年度末にもかかわらず、相変わらず、河川の工事は進行中のようだ。

 

思い浮かんだ場所を消去法で消し込んでいくと、やっぱり手っ取り早く釣れると思われるのは、ナマズ釣りの鉄板というべき堰下。

 

ところが、どういう訳か、どの場所にも、ナマズが付いていません。
1度だけ、しょぼいバイトがありましたけど、あとは沈黙。他の堰下も周りましたが、やはり反応はイマイチ。

 

通常、活性が上がってくれば、堰下に集まり、結構な割合で喰ってくるのですが、今は、そこまではない様子。流れがある分、多少、水温が関係しているのかもしれない。

 

選択を変え、今度は、ほとんど流れのない緩やかなポイントを狙ってみることに…。月明かりの中、水面には時折、小さな波紋が幾重にも拡がっている様子が目視で確認できる。

耳を澄ませば、バフバフ!!  なにやら捕食音が聞こえてきます。

 

いるいる!!

どうやら間違いはなそうです。

DSCF3573

HEDDON: CHUGGER  SPOOK

 

1投目。川の中央へ、チャガーをキャストし、捕食音を立てながら、リトリーブを始める。

 

すると、ルアー後方から、「モワッ」

 

もじりが起こったと同時にいきなり水面を割って、激しいバイトが炸裂。

バッシュ-!!!

高速でローリングしながら、必死で抵抗する。

 

岸際まで、寄せても、最後の悪あがきか、後ずさりするような、激しいヘッドシェイクを何度も繰り返す。ようやく、手元までたぐり寄せた後は、一気にごぼう抜き。

 

DSCF6318

今年の初釣りは、ポッコリとお腹が膨れた、50クラスのナマズくん。

DSCF6313

やっぱり餌は、しっかり食べているようですね(笑)

朝晩の冷え込みを考えると、今はまだ、こういった場所の方がいいのかもしれません。堰下に付近で釣れるようになれば、ハイシーズン到来でしょうか。キーは、遡上してくる、これからの雨。

 

今年も遅ればせながら、ナマズ釣りを再開します。

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

浪漫釣行

DSCF5872

1発目の県外遠征をスタートさせてからというもの、次はあそこ、次はココ!と、ヒシがびっしりのフィールドを想像しながら、毎日、妄想だけが、どんどん膨らんでおります。

 

前回の長崎釣行は、ミスバイトが多すぎました。遠征はしょっちゅう行ける場所ではないので、この日のバラしは、非常に勿体なかった。

 

そんな事もあり、次の釣行へ向けて、道具の点検に余念がありません。雷魚SHOPにも、お勧めのフロッグ、BEST4を聞いてみました。もちろん、即、買いです。

 

次は、たくさんキャッチできるよう、フロッグのチューニングを、家族が寝静まった頃、ニヤニヤしながら、怪しげにおこなっております(笑)

 

ただ、そうこうしているうちに、今月いっぱいで、シーズンも終了しそうなので、何とか、あと2県は、周っておきたいところ。

 

そのうち佐賀のフィールドは、すでに開拓済なので、できれば、熊本か大分を先に周ろうと思います。鹿児島と宮崎は、かなり遠方なのでその次のスケジュールで。

 

九州全域における、各県の穴場を探して周るのは、実に骨が折れますが、その分、激アツなスポットが発見できた時は喜びもひとしお。

 

美しい山々に囲まれ、小麦色の稲が果てしなく広がる田園風景。

カバーに覆われた、みどり一色のクリ-クと、青空のコントラスト。

鳥のさえずり、美しい花々をバックに、時間も忘れ川岸を釣り歩く。

 

 

まさに、釣り人としての冥利に尽きる!

 

そう、それは、まるで

 

砂場で夢中に遊んだ、あのころと同じ気持ち。

 

やっぱり、はじめてのフィールドには、心を擽るロマンがあるんだよなぁ。

 

cropped-DSCF5858-2.jpg

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

九州のフィールドを巡る旅 長崎

DS11

今回の遠征先は、九州の西側に位置する長崎県。

ここ最近、県外遠征に向けて、九州のいろいろな釣り場情報を収集しておりましたが、情報入手した釣れるであろうポイントの情報も、季節の移り代わりによって、ポイント自体も刻々と変化してゆき、直接フィールドへ出向かなければ、そのニュアンスを感じ取ることは難しいようです。

とどのつまりは、広範囲に渡って、くまなく調査してみないことには、初めて訪れる土地でもあり、ピンポイントで釣れる場所を見つけ出すのは、かなり至難の業。恐らくは、県内の1エリアを周るだけでも、一日が終わってしまいそうです。

そんなこともあり、今回は、とある場所へと事前に訪れ、川の状況を調べていたのが功を奏し、当日の釣りは、かなり中身の濃い釣りを満喫できました。

 

小生が一番、驚いたのは長崎県にも、雷魚やナマズの魚影が濃い河川があり、フィールドとしては、ポテンシャルが想像以上に高い場所が存在していたこと。

 

県道沿いにある釣り具屋さんは、思っていたより多く、平野部の多い、佐賀に比べると、四方を海に囲まれているせいか、海釣りメインのお店が多いように感じられます。

 

単純な考えですが、地域柄、海と川の釣り人口の比率は顕か。その恩恵を受けて、川釣りにおける未開の地があってもおかしくはない。

 

長崎に入り、高速を降り、早速、支流をメインにフィールドを周る。

DSCF5865

Ds4

↑ この写真のコイは、恐らく1mはあると思われます。

 

これ以外でも、メーター級の雷魚がいたり、餌となるベイトが豊富に存在していることで、生息している魚が、かなり巨大化しているようです。

 

残念ながら、この日は、デカい雷魚を何本もバラしてしまい、相当凹みました。ただ地元の福岡であれば、これだけの体験はなかなか出来ませんから、今回は良しとして、腕を磨いて次回に繋げたいと思います。

DS2

DS3

支流付近には、極小クリークもあり

DS5

DS6

DSCF5857

DS8

DSCF5775

DSCF5789

DSCF5786

DSCF5816

どこもロケーションは抜群です。

DS7
↑ 今回、協力して頂いた、釣り仲間のkazさんには、ナマズを狙って頂きました。

 

DS9
↑ 小生、事前調査で、小ぶりな雷魚をゲット。サイズは小さいが1m位の細い水路でも雷魚がかなり生息しているようです。

事前調査と今回の釣行だけで、おおよそ、10ケ所ほどポイントを開拓。

もう少し時間があれば、ナマズや雷魚が生息するポイントを更に沢山発見できそうです。

次に来る時は、集中したピンスポット狙いが楽しみです。

やはり九州は広い!今回の釣行によって、これから周る各県の中にも、釣人が足を踏み入れた事がない場所が確実に存在する。

 

DS10

そんな確信を得られたような気がします。

 

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

トップウォーターとナマズ釣りについて

DSCF5275

ここ最近では、ナマズ釣りでは、やっぱコレでしょ!とトップオンリーでルアー紹介をする事も無くなりましたが、ブログ記事のアクセス数を見ると、やっぱり、トップのルアーを紹介したときはアクセスも多く、私のこんなつたないブログでさえ、ワームの釣行記事を除き、全般的にトップのルアーにアクセスが集中している傾向が強い気がします。

 

今や、ナマズ=トップという図式が、世の中のニーズを物語っているかのようです。

 

やはり、トップウォータープラグの魅力というのは、アングラーから言わせると、表層での激しいバイトを間近で体感できることでしょうか。

 

この水面を割って、いきなりトップに喰らいつく様をひとたび体感すれば病みつきになるのは、誰もが口を揃えて、その理由を熱く語れることでしょう。

 

さてこの近年のナマズブーム、なぜ急に流行り出したのか? 自分なりに考えてみました。

 

以前は、身近なエリアでルアー釣りというと真先に上げられるのが、ブラックバスでした。

 

90年代は、空前のバスブームが到来し、河川やダム、野池では、沢山の釣り人が押し寄せた時代。全国的に、初心者でも、子供でも簡単に釣れるほど、至るところで爆発的に繁殖しており、関連の釣具は、飛ぶように売れた時代でした。

 

ところが、バスが餌とする日本在来魚の中には、絶滅を危惧する魚が徐々に増えはじめてきたことから、外来種のバスやブルーギルなどを対象に平成17年6月1日から「特定外来生物被害防止法」が施行されました。

 

そのことによって、殺生処分が行われ、どこの河川でも、今まであたり前のように釣れていたバスが徐々に減少傾向を辿り始めます。

 

そんな背景を通して、身近でバスが釣れなくなり、当然のように徐々に釣り人口も減少し始めます。

 

ところが、バスの代わりとなる、それに劣らぬほどのダイナミックな釣りが堪能できるナマズ釣りが台頭し、ルアー釣りを続けていた人たちが挙って、ナマズ釣りへとシフトする。このタイミングに、見事にメーカーの仕掛け、戦略が功を奏し、ナマズ=トップウォーターという新たなジャンルが確立される。

 

やはり初心者を除き、ナマズ釣りをしているアングラーの多くが、以前はバスマンだったという人が圧倒的に多いことが時代の流れを物語っているかのようです。

 

最近では、一昔前までの、バスメインのトップウォーターのくくりだけではなく、トップウォーターにおけるナマズ釣りも新たにつけ加えられ、バスアングラー程の釣り人口までには、至りませんが、そのスタイルが間違いなく定着したように思います。

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

ナマズが釣れるルアー 其の十一

DSCF4205

ダイワのブレットン。釣り人の期待を裏切らない信用と実績は、40年以上も続くロングセラーが物語る。

DSCF5764

DSCF5765

ブレットン#5s 11g

 

 

ずっとダイワが製造していたと思っていたけれど、パッケージには、MADE IN  FRANCE の表記。 実はフランス製スピナー。もともと、トラウト系の魚を釣るために、開発されたようだが、対ナマズにも、素晴らしいポテンシャルを発揮する。

 

スピナーというと、後から出てきたスピナーベイトの影に隠れてしまいがちですが、最近は10g以上のウェイトを持つものも発売されており、飛距離に加え、手返しの良さから、私の場合、ほとんどこれを使っている。

 

最近、アンダーやってないので、久しぶりに、ネットでポチリました。

 

スピナーは、水中内では、ブレードが回転し、キラキラとしたフラッシング効果を発生させます。ナマズが果敢にアタックするのは、「音」と「光」に過剰に反応しているため。

 

目が悪いといわれるナマズが、表層を引くスピナーに向かって、迷いもせず一直線に追いかけてくる様を見ると、ブレード回転の「音」だけでなく、フラッシング効果も手伝って、ルアーの位置を完全に把握しているのだろう。

 

雨の日で、水中が濁っている際には、ホログラムのタイプが特に効果的です。

 

ブレットンは、アンダー系ルアーの中では、期待を裏切らない最強ルアーの代名詞だと言えます。

 
DSCF4219

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

 

鯰釣りで懼れるもの

DSCF5748-1024x768Hand craft:   Head Shake Jointed Lure

 

夏休みもそろそろ終わりに近づいて参りました。

 

仕事が忙しくて、この夏休み期間中は、なかなか、子供たちが満足いくような家族サービスも出来ずにおりましたが、今日と明日は休みなので、ここはひとつ思いっきり、子供たちが思い出になるような場所へ遊びに連れて行きたいと思っています。

 

でも、せっかくの休みでもある事ですし、同時に好きな釣りにも出かけたい…。これが家族を持つ釣り人の避けては通れぬ道、悲しい性であります。

 

やはり、この二つを両立させるとなると、朝か夜の釣行しかありません。

 

釣りに行きたいという、強い欲求は、考えれば考える程、大きく膨らみ、強烈な衝動へと駆り立てるものです。

 

気が付けば、朝の4時から、車を走らせておりました。(笑)

 

DSCF5755

さて、本日のポイントは河川。 流れ込みの所にナマズの姿を発見。

早速、この場所のナマズを狙うことに。

 

最近、思うことなんですが、河川で釣りしていると、通りすがりの人からよく声をかけられます。

DSCF5286

近頃は、健康志向の人たちが随分と多くなったせいか、川の土手をジョギングや、散歩コースに利用される方が多いんです。

 

特に、団塊世代の人たちは、健康に対する意識が高く、ここ数年で、軒並み増えたんじゃないでしょうか。

 

そのせいでしょうか、釣りをしている最中に、大きな声で

 

釣れよりますか!

 

ここで何が釣れよりますか!

 

釣りをしない人は、大きな声を上げても、魚が逃げるなんて考えない。

 

多い日は、正味1時間で、10人位の人たちから、声を掛けられることもある。

 

中には、犬の散歩もあったりで、

 

ワン、ワン、ワン、ワン、ワン、ワン、ワン、ワン、ワン、ワン、ワン~!!!!!!!!

 

こちらの迷惑も、ぜんぜんお構いなしに近寄ってくるし…。

 

あはは!    可愛いですね~なんて、近所の手前、犬の飼い主ににっこり微笑む、いやらしい自分が登場したりもする(笑)

 

 うああああ、もうっ!!…

 

うっせーっ!!!!

 

あっちいけーっ!!!!

 

心の中では、お世辞とは裏腹に、悲鳴にも似た、怒りの雄叫びを上げる(笑)

 

だから朝、釣りをやるのも、日の出の寸前まで。

 

明るくなったら、健康志向の人たちのラッシュアワーなもんで、愛想よく振る舞っていたら間違いなく心が折れます。

 

最近は、ドラキュラみたいに、朝日が昇るのを懼(おそ)れる、そんな釣行に変わってきちゃいました(笑)

 

DSCF5749 (2)

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

Handcraft ジョインテッドルアー

DSCF5724

さて、今回、新しいルアーを制作しました。

3パーツのジョインテッドルアー。

ナマズを狙うルアーは、サウンドを奏でるルアーが有効なのは、承知の通りですが、音にスレてしまったナマズには、

アクション重視で誘う釣りも時には、成立します。

さて、どんな、釣行になるのやら。

時間が取れる日が、楽しみです。

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

 

ナマズ釣り 朝練2

さて、次のポイントへ到着。

 

 

そういえば、今まで釣れたことがないルアーって何があったかなぁ? ルアーケースを眺めていたところ、あぁ、コレコレ…。

 

ひとつ、身に覚えのあるルアーがありました。

 

DSCF3359

Megabass POP X  WAGIN HONMOROKO 64mm 1/4oz

 

市販のポップXです。小生、なぜかこのルアーで釣れた試しがない。今日は、せっかくの朝練ですから、コレを使ってみようと思い立ち、ケースから取り出します。

 

スプラッシュもポップ音も出る、ナマズを釣るには、何ら申し分のないルアーですが、何回使用しても、ヒットが出ず、個人的には、ただただ相性が悪いルアーの位置づけ。

 

 

なので、ずっと使うことなくルアーケースに眠っておりましたが、今日は久々に使ってみた。

 

 

しかし、予想に反し
DSCF5712

DSCF5713

アレレ…。

 

立て続けに2本。ワンキャストで乗るという快挙。

 

いい仕事ぶりです。

 

 

みなさんの中にも、このルアー、なかなか釣れないなぁっていうの、ひとつくらいはあると思うんですけど、

 

 

時には、時間をおくことで、自分自身のマイナスイメージが払拭されて、相性というか、波長が変わり、いい結果を得ることがあるかもしれませんよ(笑)

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

 

ナマズ釣り 朝練 

a1100_000006_m

今日の福岡の最高気温は、26℃。最低気温は、24℃。

 

ここ数日、気温は30℃を切り、かなり過ごしやすくなりました。お盆休みに入り、お墓参りや行楽へ出かける人も多いようです。

 

 

そんな私も、子供が夏休みという事もあって日ごろ、あまりやれていない家族サービスに老体を酷使しているところです。罪滅ぼしとはいえ、体にムチを打ちっぱなしです(笑)

 

それでも、やはり休みというのは、悲しいかな、どんなに疲れていようと、仕事の時と同じように早く目が覚めてしまいます。

 

 

そして、朝も早い時間からソワソワ。

 

 

そんな感じで、我欲だけは抑えきれず…。

 

 

家族が起きる迄の間、朝練へ行って来ました(笑)

 

ポイントに到着し、付近を見渡すと、流れ込みや、堰下辺りに、ナマズの尻尾やヒレが見え隠れしています。

 

 

ここ数日の気温の低下に伴い、どうやらナマズの活性は上がっているようです。

 

世間で言われるように、8月は、確かに釣れにくい季節ですが、時には、こういった過ごしやすい気候のお陰で、停滞していたナマズの活性にスイッチが入ることも度々。

 

人間が過ごしやすいと感じる季節は、ある意味、魚にとっても快適なようで、共通する時節柄でもあるのかもしれませんね。

 

 

さて、釣行の方ですが、5~6匹のナマズを目視で確認し、そのポイントへハンドメイドルアーをキャスト。

 

 

活性は高いけれど、今回は、フッキングが駄目駄目でした。よくよく考えると、フックを新しいものにかえ忘れていました。

 

 

だいたいナマズの乗りが悪い時というのは、タックルやラインのバランスなど、いくつか原因があるけれど、一番忘れがちなのが、フックのサイズが大きすぎる場合や、針先の摩耗。

 

 

特に、針先の摩耗は、見た目では分かりにくいので見落としてしまいがち。

 

バイトはたくさんあるのに、なかなか乗らない…。途中で気がつきました。

 

このまま、ずっと、同じものを使い続けていては、折角のチャンスを逃し、間違いなく損をし続けています。

 

難しい季節だけに尚更、もったいない。

DSCF5711

DSCF5716

 

フックの替えもないので、2匹釣れたところで、いつもと違うルアーをチョイス。

 

時間もないので、深追いをせず、次のポイントへ移動します。

 

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

 

Hand craft

DSCF5685 Hand craft:       Metal wings Black &Red

  さて、ようやく完成しましたナマズ用ルアー。 ナマズ釣りと言えば、ノイジー。辞書で調べてみるとノイジーとは、騒々しい、やかましい、 ざわついたなどの意味と、色・服装が目立つ,派手なという意味があるそうです。

今回は、そのあたりの意味を踏まえながらルアーを制作。

原色となる黒と赤の2タイプを作ってみました。

それぞれタイプ別に金属のウィングとブレード、それにフェザー、スイッシャーのペラを加えることで、対ナマズへの波動によるアピール度を上げるよう工夫しています。

 

最後の仕上げに、ホワイトペンでボディにネームを入れてみましたが、少しは手作り感が出たかな。

 

次の釣行がいつになるのかは分かりませんけど、次は、このルアーを使って、ナマズを狙ってみたいと思います。

 
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村