ナマズが釣れるルアー 其の十

DSCF1925
サスケブレード76 リアクションギル Length:76mm Weight:20g

前回の記事でも少し触れましたが、バス釣りでは、ブレード(メタルルアー)として不動の地位を築いたヘドンのソナー。今では、それを模範にしたルアーが続々と登場し、釣具屋に行けばメタル系のルアーは数多く陳列されています。

 

バス釣りにおいて、表層から深場まで、1つのルアーで、広範囲に渡って一番スピーディーにターゲットを探し出せるルアーは何ですかと聞かれたら、間違いなくメタルバイブレーションだと答えるアングラーも多いこの手のルアー。

 

ウィンターシーズンの釣れない季節には、起死回生の鉄板ルアーとして、派手な釣果をもたらすことから、多くのルアーマンの中で、長い間、愛され続けているルアーです。

 

その系統のルアーの中では、妙に小魚(ブルーギル)ぽかったので、ナマズ釣りに使用してみたのが上記の写真。

DSCF1945

しかし、ソナーのような肝心の穴が空いてなかったので独自にチューニングを施します。

 

この手のルアーは、主にバスやシーバスがメインで、ナマズ釣りに使っている人はほとんど見かけません。

 

メタル系がナマズ釣りに使われない理由は、浅瀬が多くて、障害物=根掛かりという図式に悩まされる点が大きいからなのでしょう。

 

メタルルアーは、何もしなければ金属で出来ている為、着水後、そのままにしておくと、深場まで石のように沈んでしまいます。

 

例えば1/2オンスの場合、1秒間に3フィート(90cm)沈むので、狙いたいゾーンが10フィート(3m)の場合には3秒待ってから、リトリーブします。

 

もちろん、その後の巻くスピードによっては、ルアーが浮き上がってくることもありますし、逆に沈んでしまう場合もあります。つまりリトリーブスピードを、その時のナマズの活動状態に合わせて選ぶと良いようです。

 

そもそも、この手のルアーは、コンセプトを見ると上級者を対象に作られていないとの事。幅広いレベルの、より多くのアングラーが問題なく使えるように、どちらかと言えば初心者のレベルに合わせても十分動くように設計されているそうです。
このブレードの上部にある穴は前から順に1.2.3と呼ばれています。
アクションコントロールの穴を使うと小刻みなウォーブリング・アクションを作り出すことができ、穴の位置を後ろへ移動していくことによってアクションを大きくすることが出来ます。

 

穴の位置を前に持っていくほど深場を攻めることができ、1番後の穴を使って、ファースト・リトリーブを行えば表層でウェイキングをすることも可能。

 

結ぶ位置が後ろに下がるほど動きはワイドになり、浮き上がりも早くなります。
ルアーに内包されるアクションと深場コントロールを可能にするので、オールレンジ攻略が可能なルアーであることが最大の特長です。

 

トップのようなスタイルでナマズを狙いたいのなら、リトリーブスピードを操作して水面にV字の引き波を作りながらやります。ロッドをひったくられるような強いアタリが出やすく、スピーディーにポイントを攻めていくことができます。

 

障害物回りで使う場合は、上向きのダブルフックを使うといいようです。水面下にある為、ダブルフックでもフッキング率は十分だと思います。
またルアーを結ぶ時は、スナップを使わないとラインを切られてしまうので注意が必要です。

 

ルアーは、設計コンセプトを理解してから、自分で使いたい状況に合わせてチューニングするのをお薦めします。通うフィールドは、人それぞれ違うので、チューニングも違って当然です。それがルアー釣りの楽しみのひとつですから。
メタルバイブを使用する場合、出来れば川の水深は3m以上あるといいですね。メタルが自由に操れます。

 

得意技は、リフト&フォール。

DSCF1955

DSCF1948

DSCF1967

 

このルアー、変則的な動きは、まさに逃げ惑うベイトフィッシュそのもの。

 

メタルバイブには、他のルアーでは、決して真似することが出来ないメタルならではのナチュラルな動きを演出することが出来るため、ナマズ釣りにおいて、今までとは違うパターンの攻略方法を垣間見る事ができます。

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

ナマズが釣れるルアー 其の九 

probo1

仕事が終わってからの趣味の時間というのは、とても楽しいけれど、仕事でのストレスや疲労が溜まりすぎると、頭内では、アドレナリンが大放出されながらも、体が着いてこないというアンバランスな感覚を体で感じ始める。

 

楽しいけれど、眠たい。楽しいけれど、きつい…。

 

アラフォーを過ぎた頃、私のように、そんな感覚を感じる人は大勢いる筈。世の男性陣は、平日は仕事という名の戦場へ出かけてゆき、休日は、家族サービスをこなしながら、僅かな時間を使って自分の趣味に没頭する。

 

しかしながら、仕事と家族サービスを両立させながら、自分の趣味に没頭することは、思ったよりなかなか難しい。休みの日くらいは、ゆっくり休養しないと、次の日に戦えないという現実が自分自身にブレーキをかけるからだ。

 

思いどおりに行かないような出来事がおきたり、メンタル面において、いろんな負荷がかかる。今は、そんなご時世なのです。

 

釣りに行きたいけれど、キツイ。それを突き動かすほどの、強い欲求を生み出すことが出来る人は、よほど釣りが好きな人。まさに「釣りキチ」の称号を与えられる、ふさわしい人だと言えます。

 

さて、小生もそんな社会のストレスや疲労感を多少なりとも覚えつつ、同時に快感を伴うものを探し求め、ようやく、自作ルアーの制作という本題に入りました。

 

今、制作しているルアーは、トップウォーター。どのタイプのルアーがいいのか、ナマズを釣り上げることだけに焦点を当てて、いろいろ妄想しています。

 

昔から不器用な人間なので、ひとつのことしか出来ない性格。ルアーが完成するまでの間は、釣りへは行けそうにないので、しばらくは「筑紫釣りブログ」で、紹介しきれなかった、市販のアンダーウォーター系ルアーの紹介をしたいと思います。

 

probo2

GT-BIOメタルルアー

 

最初に見た瞬間に、あっ! これ結構かっこいいんじゃん! それが正直な感想。

ナマズ釣りにおいて、メタル系で狙うとしたら、スプーンが定番。

 

昔の釣りの専門書といったら、スプーンしか掲載してなかった時代もあったくらいですから(笑)

 

だから、メタルバイブでナマズを狙うという図式は、なかなか思い浮かばないと思います。

 

このルアーの特徴は、ラメ入りエポキシ樹脂塗装によるフラッシングと長いノーズを使ったリアクションバイトの釣りがウリ。

 

浅瀬では、使えませんが、そこそこ水深がある場所においては、ヘドンのソナーと同じタイプで同じ使い方が可能です。

 

ヘドン・ソナーの最大の特徴は背中にある3つの穴です。このルアーにも同様に3つの穴があり、この穴は、AC/DCシステムと言われています。

 

ACはアクションコントロール。DCはデプスコントロールの略。ラインを結ぶ位置を変えることによってアクション、水深を換えることができます。

 

結ぶ位置が後ろに下がるほど動きはワイドになり、浮き上がりも早くなります。
ルアーに内包されるアクションと深場コントロールを可能にするので、オールレンジ攻略が可能なルアーであることが最大の特長です。

 

メタル系ルアーは、ロッドアクションによって不規則な動きを生み出すことから、ルアーの動きを見切っているスレ鯰に対しては、大きなポテンシャルを秘めています。

 

DSCF3964

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

のんびりな一日

DSCF5435

台風接近に伴い、しばらく釣りはお預け。

 

なので、今回は、前回作りかけていたバルサにエアブラシで着色。     ようやくふたつ完成した。

DSCF5452Handcraft :     Popper&Propbait:  Black

 
釣りに行けない休日は、のんびりな時間を過ごすのもいいもんです。

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

ブログのヘッダー

namazu

ブログのヘッダー画像をそろそろ違うものに変えようと思っている。

 

今まで 長い事、この画像の色を白黒にしたりセピア調にしたりして使い続けてきたんだけど、ちょっと飽きてきた。

 

最初はナマズ釣りに特化したブログにするつもりはなかったんだけれど、結果的には、最初からナマズオンリーのブログになっていた(笑)

 

ヘッダー写真は、いわばブログの看板。でも今までのヘッダー、これって、バス釣りのブログっぽい仕上がりだったのかも。

 

これからは、ひと目見てナマズ釣りのブログと分かるようにしたいけど、ナマズの写真だけではベタすぎるし…。

 

やっぱりルアー写真の方が、味があっていい。

 

使うならハネモノ系ルアーの写真でしょうか…。

 

う~ん、

 

ただ今、構想中。

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

充実した休日!?

a0003_ki_0095_m

ここ九州も、久々にまとまった雨が降りました。NEWSを見ると、長崎県内では、50年に1度の記録的雨量とか。

 

活発な梅雨前線の影響で、九州各地 では猛烈な雨が降り続いたようです。

 

仕事も休みだったので、出撃しようと思っていましたが、このあり様ではぜんぜん外には出られません。

 

以前は、どんなに雨が降ってもカッパを着て出かけるくらい、熱心にやってましたけど、実は去年、コイ釣りに行った際、雨で増水した川に転落。

それからというもの、大雨が降る日は、家内から「釣り禁止令」が下り、無理して釣りに出かけることも無くなりました。

 

家族もいる事だし、あんまり好き勝手にやってると、そのうちまた痛い思いをすると思って、今は涙をこらえて我慢しております(笑)

 

さて、そんな具合で、なんかやることないかなぁ…。と考えていたところ…。

DSCF3732

以前、ルアーを作ろうとバルサを魚の形に削ったまま、そのまま放置していたものがあったので、これを完成させようと思い立ち、木片を手に取り、いろいろ妄想を膨らませながら考えていたら…。

 

結局、疲れてしまい、そのまま机の上でお昼寝Zzzzzz。

 

気が付けばもう夕方。

 

明日からは仕事がスタート。

 

ふぅ~

 

でも結構、体の疲れが取れたみたい。

 

とっても充実した休日だったな!?  (笑)
 
 
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

ミニ・フロッグによるポカン釣り

a0001_011361_m

今年も田ぼに水が入り、田植えが始まりました。

 

フィールドに立つと、田ぼの至るところでカエルの鳴き声が大音声で聞こえて参ります。

 

この時期、田ぼのカエルが、ナマズの主食と言っても、おかしくはないくらい、沢山のカエルたちが、おたまじゃくしから卒業して、水路や河川へと旅だって行く。

 

さて、そんなカエルですが、ナマズ釣りでは、昔から「ポカン釣り」と言われる釣法があります。

 

ナマズのその貪欲な性質を利用した「ぽかん釣り」は、その昔、多摩川の中・下流の支流や農業用水路などで,ナマズの生息している水域で行った漁法だと伝えられています。

 

カエルの足に釣り糸を結び、そのまま針は尻から背中にかけて通し、水面をカエルが跳ね泳ぐように、ポチャン、ポチャンと音を立てて誘う釣り。

 

img345

釣りキチ三平の「ペンペン釣りとポカン釣り」でも、この釣り方が紹介されています。

 

けれども、今の時代、ルアーという便利なものがありますから、わざわざ生き物を捕まえて「ポカン釣り」をするのはナンセンス。

 

殺生をしてまで、釣りを楽しむには、ちとカエルには気の毒のような気がします。

 

もともと、雷魚やバス釣りなどに使われるフロッグ。ウィードポケットやブッシュの奥に潜むターゲットを狙うために開発されたものなので、フックが上向きで、ほぼどれもがウィードレス仕様。

 

捕食ベタなナマズには、通常のサイズで、且つフックが標準仕様のものはミスバイトが多く、総じてナマズ釣りには向いていない。

 

ノーマルタイプで使用するなら、口に収まる小サイズが断然いい。

 

そんなことで、アマガエルくらいのサイズで、カエルの疑似餌ルアーはないかと、釣り具屋で、いろいろ商品を物色していたら…。

 

ひとくちサイズがありました。

DSCF5315

Lure       GELLOG                全長:約4㎝

 

ポカン釣りは、古くから伝わる漁法であり、ナマズの習性を利用したナマズ釣り最強のメソッド。

 

次の釣行では、田んぼの水路を中心に、このルアーを使った、このポカン釣りを紹介したいと思います。

 
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

 
 

開放感 ナマズ釣り

a0960_005103_m

昨日の福岡の気温は、30℃。

 

7月に入るというだけに、ほんと蒸し暑い一日でした。

 

翌日は、お休み。

 

自宅に帰ったら、早速、冷蔵庫から、キンキンに冷えたビールを取り出しクビグビ♪

 

 

 

カァー!  この為に生きてる。

 

 

乾いた喉を潤す快感と、ほろ酔い気分に浸りながら、リビングでゴロゴロ♪

 

 

 

この休みの前日っていうのは、いつも思うことなんだけど、休み当日よりもウキウキしちゃうのは、なぜでしょうかね。

 

 

このまま家でじっとしているのも、なんだか勿体ない気がして…。

 

 

そのまま、ちどり足で、裏の川へ

 

 

久々の酔拳を使ってナマズを狙います。

 

 

普段より、ルアーがふにゃふにゃと不規則に動いて、いい感じの仕上がり(笑)

 

DSCF3125

小型のナマズが釣れました。

 

でも、もうこれだけで十分♪

 

休みの前日は、何もかも忘れさせてくれる。

 

この開放感が堪らない。

 

至福のひとときです。

 
 
 
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

 

ケミホルダー

DSCF5312

今日は久しぶりに釣具屋さんへ立ち寄りました。

 

買い物は、ケミホタルの補充。

 

夜の鯰釣りには、欠かせないものですね。でも知らない人もいるかもしれないので、少し解説を。

 

*ケミホタルとは…化学発光体と呼ばれるもので釣具のひとつ。夜釣りに使われ、糸の位置を判別させたり、光で魚を寄せ付けるもの。実は、コンサートのペンライトでおなじみの(株)ルミカが作っている。

 

*科学発光体とは…

化学反応を起こすことで 光を発生する化学発光体と呼ばれるものです。 軽く折り曲げると「パチっ」と音がして、光を放ち始めます。 これは中に入っているガラス製の筒が割れ、それぞれの筒に入っていた2種類の液が 混ざりあい、化学反応を起こすことで 光を発生する仕組みになっています。 
ナマズ釣りは、ナイトゲームに人気が集中していることから、夜間におけるキャストしたルアーの位置を目視で確認できるよう、この発光体をルアーのボディに装着します。

 

ナマズ釣りでルアーに装着する発光体には、他にもウミホタルやピタホタルなどを使用しています。

 

item129770p1m

例えば、このピタホタルは、ケミホタルに比べて面積も大きく明るいのがウリ。けれども背中部分が曲線を帯びたルアーだと、ぴったり粘着しないので、使っていると徐々に粘着部分に水が浸透してしまい、ハガレてしまうケースがよくあります。

DSCF2055

時には、ピタホタルだけが、ぷかぷかと川を流れていく光景を悲しく眺めていたことも…(笑)

 

そんな蛍光商品ですが、特に一番使い勝手がいいのは、ケミホタル標準装備のルアーですね。

 

DSCF2185

 

ナマズ釣りにおける定番ルアーのジッターバグのトワイライトチューンやキャタピー、ナマジーなどのケミホタルが標準装備できるルアーは重宝しますが、そういった純正ルアーは、そんなにたくさんある訳でもなく、ケミを装着できるルアーが一部に限られてくるのが難点。

 

 

他にも何か買うものはないかと、いろいろ物色していたら、こんなのがありました。

 

DSCF5309

「ケミホルダー本体」

 

この本体を両面テープで取り付け、別売りのケミホタル25を装着して使用する。

 

ルアーに取りつける面積が少ない分、水に対する抵抗力も少なくて済むので、一端貼り付けると剥がれにくく、何よりルアーの動きを妨げないのがとても助かる。

 

DSCF5310

たとえば小生が、よく使うこのフラホッパー。

 

 

背中部分が曲線を帯びて丸まっていますけど、ケミホルダーを付けるとこんな感じ。ぴったりフィットしています。

 

コンパクトな為、ルアーアクションを妨げることがありません。

 

ジッターバグ用のスプリングケミホルダーとか付けられないタイプや、アクション重視のルアーへ装着するのであれば、個人的には、とても使い勝手がいい商品だと思います。

 

 
 
 
 
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
 

 

RUN&GUN

DSCF3915

今日の福岡は、朝から少々、ぐづついた天気。

 

 

昼ごろからようやく、晴れ間が広がりました。

 

 

せっかく晴れたことですし、最近は、運動不足が気になっていたので、ホントに久しぶりですけど、すぐ裏の川へ、釣り竿を持って、テクテク出かけてきました。

 

 

よくよく考えると、釣りだけに限らず、100mくらい先にある、すぐそばのスーパーなんかに買い物へ行く時でも、ほとんどが車での移動。

 

 

そして、仕事が終わり帰って来てから、必ず500mlの缶ビール2本をグビグビ。

 

 

これでは、お腹がメタボになっても仕方ありません。

 

「ほぉ~、このナマズ、腹がパンパンや~」なんて

 

釣り上げたナマズのお腹を見て感心している場合ではありませんよホント(笑)

 

DSCF5286

河川は、往復でだいたい3キロ弱の距離。

 

遊歩道も整備されていて、散歩をする人も多い。

 

 

まぁ取りあえず、このくらいの距離からスタート。

 

 

でも、結局のところ、バイトがあるところでは立ち止まり、しばらくの間は、そこでルアーを投げてやってる訳ですから、これでも運動している! なんて、おくびにも出せやしません(笑)

 

 

真夏の炎天下だと、効果は絶大でしょうけど。

 

 

①    歩く

②    キャストする

③    釣り上げる

 

 

さて、トータルの消費カロリーは一体どのくらいなんでしょう??

DSCF5303

最近の携帯のアプリって、とっても便利ですよね。

DSCF5300

DSCF5305

 

簡単にデータが取れちゃいます。

 

 

 

結局のところ、バイトがあればあるほど、期待しておりました運動不足解消には、だんだん遠のいてくような感じです。

 

だって、あんまり動いてない訳ですから(笑)

 

帰宅してパソコンの前でふぅ~と一息。

DSCF4326

「プシュー」

 

また、いつものやつ(笑)

 

 

結論から言うと、ランガンとは、バイトが多ければ多いほど、その場所に留まる時間も長くなるので、運動レベルに達することはない(笑)

 

DSCF5294

そんなことを、いま頃、悟ることが出来たって、ホント幸せな人間であり、幸せな一日であります(笑)

 

めでたし、めでたし。

 
 
 
 
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
 

思い描いている間が一番面白い

DSCF2347

先日行ったクリークで再び雷魚釣り。

 

80くらいのやつを立て続けに2本もバラす。

 

で、釣れたのがコレ。

 

DSCF5281

次は、絶対にデカイの仕留めたる!

 

 

 

どんな釣りもそうだけど、逃した魚は大きい。

 

 

 

だから

 

 

釣るためにはどうすればいいのか。

 

 

みんな創意工夫をしながら、次回の釣りに頭を巡らす。

 

 

やっぱり釣りって、どんな釣りでもそうだけど

 

 

ターゲットを釣り上げることを思い描いている間が一番楽しいんですよね。

 

 
 
 
 
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村