水深が深い場所にいる鯰をトップで狙うには (其之弐)

DSCF1555

一級河川や二級河川の大部分には、一定区間に「堰」という場所が設けられています。

 

ナマズだけに限りませんが、川釣りをしている人の多くがこの堰を魚が釣れやすいポイントとして一般的に認識しているのではないでしょうか。

 

普段、何気なく使っているこの「堰」ですが、その意味を調べてみました。

 

 

*(せき)は、水をせき止める目的で河川や湖沼などに設けられる構造物。

 

せき止めによって水位を上げることによって、上流側に水を貯留したり、用水路などへの取水を容易にしたり、計画的な分流を行ったり、また下流側からの海水の逆流を防止(潮止めという)して塩害害を防ぐなどの役割を持っている。

 

つまり、堰は基本的に水を利用(利水)するために設置されるものであるが、大規模な可動堰は強力に水を制御できるため、実際には治水などを含めた多目的に用いられることが多い。

 

堰は、その構造から固定堰堰(こていぜき)と可動堰(かどうぜき)に分けることができる。

 

固定堰

門扉などの可動部がない堰。水中に石積みやコンクリートなどの構造物を設けて水をせき止めるだけの単純なもので、歴史的に古くから設置されてきた。流量などを随意に制御することはできない。

固定堰の最大の欠点は、洪水時において堰の持つ「水をせき止める」機能があだとなり、水の迅速な流下に支障をきたすばかりか水の氾濫を招いてしまう点がある。このため、現在ある固定堰は比較的小規模なものか、歴史的に古く長い時間維持されてきたものがほとんどである。

 

可動堰

門扉などの可動部をもつ堰。固定堰の最大の欠点は、流量を制御できないことにあったが、可動堰は流量を随意に制御し洪水時には水を迅速に流下させることができる。

可動堰は可動部の構造によってさらに起伏堰引上堰に大別される。

 

起伏堰(きふくぜき)は、水中の構造物を起てたり倒したりして水を制御する。堰が比較的小規模で、なおかつ制御する水位幅が狭い場合に採用される。鋼鉄製の扉体を操作するものもあるが、耐久性のあるゴム引布などでできた筒型の袋に空気や水を入れて膨らませて水をせき止めるものもある。

 

後者の方式ゴム引布制起伏堰、通称ラバーダムなどと呼ばれるもので、倒伏の確実性が高いことや動力がわずかで済み、費用がかからないことなどから起伏堰として近年よく採用されている。

 

引上堰(ひきあげぜき)は、上下に開閉する門扉をもつ。止水が容易で操作の信頼性が高いため、大規模な可動堰のほとんどはこの方式である。                          (wikipedia参照)

 

 

わたしが行くポイントの多くは、恐らく前者の起伏堰の場所が大半を占めると思われます。

 

大雨で増水した時だけ、サイレンが鳴り、この堰の門が開かれ、上流に貯まった水が一気に放水される。

 

この時、普段、下段の水深は1~2mくらいですが、ひとたび堰の開放がなされた場合、陸地すれすれまで水位が上昇する時が年に1~2度あります。

 

 

この時の水深が、だいたい3.5~4m弱。

 

しかも水の流れも速い。

 

こんな状態で、トップのルアー投げてもまず釣れる気がしないと、ほとんどの人はそう思うことだろう。

 

だが、しかし…。

 

こんな状況でも狙えるポインがひとつある。

 

それは、「止水した場所」

 

つまり、堰下で川の流れが止まっているところ。

 

ここが、増水時でもナマズが狙える、いわゆる「肝」といわれるゾーンです。

DSCF15874

以前のブログ記事で載せていますが、ジッタースティックを使って、この大雨で増水した時に、ここだけを集中的に狙い9本ゲットしています。

DSCF15514

実はこういった増水した時だからこそ狙う必要がある場所。

 

ナマズは、止水した場所に避難しつつ、こんな悪天候の場合でも、餌が来るのを待ち構えています。

0383fbe970f136b3addaafd32dab3e62

18781818b4bcba246ea75d0f8139119e

水深が深くなるこういった増水時には、見逃せないポイントのひとつです。

 
 
 
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

水深が深い場所にいる鯰をトップで狙うには

DSCF1528

ナマズは、目が悪いと言われる分、逆にそれを補う為に音に対する能力が発達していると言われる。ノイジールアーがナマズを釣るのに適しているのは、こういったナマズの習性に働きかける機能をもっているからに他ならない。

 

トップウォーターでナマズを狙う場合は、一般的に水深が浅い所でないと釣れないという認識が強い。

 

自分もそうだったが、まず、そもそも最初に思うことだが、どんなに音を察知する能力が高いと言っても、水深が4~5mもある場所で、ナマズがトップのルアーの存在に気づくのか? という素朴な疑問が少なからずある。

 

ナマズは普段、水底などの障害物の影に隠れているイメージが強く、この場合、バスなどと違って中層を泳いでいるようなイメージがあまりない。

 

たとえば水深が深く、しかも障害物も何もないオープンウォーターだったとしたら、ほとんどの人がスピナーベイトやスプーン、ワーム、シンキング系プラグで狙うことしか頭に思いつかないことだろう。

 

確かに、こういった場所で、この手のルアーを使えば、ナマズの反応も上々だろうが、ではトップでナマズを狙う場合はどうだろう。

 

結論から言うと、条件さえ揃えば、深い場所でもナマズを釣ることが出来るようです。

 

地域によって河川の規模や護岸形状に違いがあると思われるので、すべての場所に当てはまるような断定的なことは書けませんが、私が釣りに行くフィールドに関して言えば、過去に、深い場所でナマズが釣れたデータがあるのでここで少し紹介したいと思います。

 

まずひとつ目。

 

DSCF0258

*この写真は、水がなくなった時のものだが、護岸の白い部分が水位の跡。

たとえば、ここの場所は水深が4m。この4mもある水深で、トップのルアーに反応が出だしてから30分の間に20バイト以上ありました。

 

 

この日は曇り。
面白いものです。沈黙が続き、雨脚が強くなりはじめたので、そろそろ引き揚げようとした頃から、ぼちぼちバイトが出始めました。

 

それから更に雨脚が強まると、川の流れが少しづつ早くなるのが夜の目視でも確認できるようになり…。

 

それに合わせて、バイトの数がどんどん増え続けていき、不思議なものでナマズが集まってきているのが、バイトの数を通してリアルに分かります。

 

 

どうやら雨が降ると、川から押し流されてくる表層に浮いた餌を求めて、水面付近までナマズたちが上がってきているようです。

 

ナマズは、水の流れによって、小魚や虫などの餌が流れ込むことを本能で知っている。
これが雨の日にバイトが増える! と言われる所以です。

DSCF0269

DSCF0268

ArbogastArbogast      HULA  POPPER

水深が深い場所であっても、条件次第が揃えば、トップでもナマズは十分狙えるということをこの日の釣行で知ることとなります。

 

表層まで上がってくれば、条件は同じで、通常の釣りと変わりのない釣りを展開できる訳です。

 

更にストライク率を上げるには、ポイントの選択が必須条件となります。

少々説明が長くなったので、狙うポイントについては次に紹介したいと思います。

 
 
 
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

ソフトベイト 

DSCF5218

Flash -J   3″     Sベビーバス/オーロラ

先日、ナマズ釣りに行った際に、ベイトを追って、結構な数のナマズが浅瀬に入り込んでいました。

 

ナマズが捕食する追いかけていた獲物は恐らく、10㎝程度のハヤかと思われます。

 

こういった時、トップ系のルアーを使っても、普通に釣れるとは思いますが、小魚に似せたソフトベイトが、どれだけナマズに効果的なのかは現時点では未知数。

DSCF5214

 

ベイトフィッシュを模したボディーフォルムは、本物かな?? って思うくらい、ホント、リアルに作られていますよね。ソフトベイトだからこそ再現出来る透明感、艶、フラッシング…。

近年では、 ともすればミミズライクとなりがちだった従来のワームの概念を払拭し、とことんベイトフィッシュらしさを追求されたものが出ている。

 

まさにリアルベイト。

 

あまり目がよくないと言われるナマズに、どれほどの効果を齎すかは、正直よく分かりませんが、次の釣行では、排水口付近に居ついているナマズをこのソフトベイトを使って、狙ってみたいと思います。

 

 
 
 
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

水路の雷魚

DSCF4834

今回も再び、雷魚の生息するクリークに遠征。

 

 

やっぱり、カバーや水草が生い茂る場所というものは、見てるだけでも飽きませんね。

DSCF4831

 

なんでしょうかね。このワクワク感。

 

DSCF4835

何がいるか、何が釣れるか分からない、そんな期待感が込み上げてくる不思議な雰囲気を醸し出しています。

 

ただ、縦横無尽に広がるクリークから、雷魚が生息している場所をピンで探し出すのは、かなり骨が折れる。

 

う~ん、あれはコイだろうか…。

 

DSCF4836

 

水草のあたりから「ボシュッ、ボシュッ」と捕食音が聞こえるが、その辺りを凝視すると…。

 

でっかい背びれが見え隠れしている。   あ~、やっぱりコイだ…。

 

そんな事を繰り返しながら、2時間以上もこの付近一体を隈なく探索し続ける。

 

そしてようやく…。

 

どうも今までのものとは、あきらかに体つきが違う魚影を発見する。

 

DSCF4821

よくよく目を凝らしてみると…

 

水面下に浮いている魚は待望の雷魚!

 

よし、いたいた。

 

褪せる気持ちを抑えながら、足音を立てず、ゆっくりと身を屈めながら、一投目を投入。

 

DSCF4833

着水と同時に波紋が幾重にも広がり、それがおさまるまで、じっと待ち続ける。   着水の波動が伝わったのか…。

 

さっきまで向いていた方向とは真逆の進路を取り、水面に浮ぶフロッグに気づき徐々に近づきはじめる。

 

偏光のサングラスは、水面下のギラツキ感を抑えられるので、雷魚がルアーに近づいてくる一部始終が手に取るように分かる。

 

5m、3m、2m、1m…     ゆーっくりと、フロッグの目前まで魚影が近づいて来た。     食わせのタイミングを与えるよう、時折ポーズをとる。

 

 

喰え!   喰え!

 

 

いつもながら緊張する、息を呑む瞬間…。

 

 

…。

 

 

ボフッッッッー!!!!

 

 

 

今までの 沈黙を破り、激しい水しぶきを上げながら、ハイパワーでグイグイとラインを引き込んでいく。

 

 

弓なりにしなったロッドと格闘しながら、魚体に絡みついた水草と一緒に、一気に引き上げる!

 

 

よっしゃっー!!

 

 

陸へ上げた途端、激しく暴れた際に、ルアーが外れる…。

 

DSCF雷魚

ふぅ~   危ない、危ない。

 

強烈なバイトとは裏腹に、思ったほどデッカくなかったけれど

 

いつもと違うロケーション

 

 

水路での雷魚釣り

 

 

何とも言えない達成感があります。

DSCF4870

 
 
 
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

ロッド

DSCF5150

最近のナマズ釣りというと、それ専用に設計されたロッドが各釣り具メーカーから発売されていますね。

スミスの鯰人を始め、エイテックのテイルウォーク、モーリスの流雅、フェンウィックetc…

 

鯰専用に開発された事もあって、性能などはもちろんのこと、デザインも洗練され、かなりコスパも高い。

 

実際、鯰専用ロッドの中では、1万ちょっと出せば買えるバレーヒルのバズスレーターなどは、低価格にもかかわらず、鯰用にはよく研究されている商品だと思う。昔のように安かろう悪かろうでは物が売れないだけに、今は、消費者にって、とても有難い時代だ。

 

捕食ベタな鯰をいかにしてフッキングに持ち込むかがロッドとしての大きな課題だが、このロッドは、ブランクスはグラスファイバーをベースに低弾性カーボンを使用。

 

持ち運びに不便だけれども、あえて1ピースにこだわり、テーパーの感度をよりあげることでトップウォータールアーの動きに拡がりを持たせ、同時にバイトを弾く、捕食ベタな鯰を仕留める点に重点おいて設計されている。

 

ただ、このような鯰専用ロッドを使用することは、ストライク率も上がるだろうし、取りこぼしもすくなくだろうけど、河川敷でみんな同じロッドを振りながら釣りをするのは、個人的にはつまらない気がしないでもない。

 

 

でもまぁ、よくよく考えると…。

 

小生の子供の頃というと、ルアー釣りをしてる人なら、大半は知ってると思うけど、みんなコレを使ってた。

 

DSCF5146

Lews  スピードスティック。

 

 

DSCF5147

近くの釣り具屋さんは1軒だけ。

 

当時は、ルアーロッドと名のつく物は、ワンハンドのフジグリップばかりが陳列されていた。

 

だから、チヤリンコ釣り仲間は、みな同じ店に買いにいくから、フジグリップ(笑)

 

同じピストル型でも、スーパーストライクなんかは高嶺の花。

都心まで出ないと、田舎の釣り具屋には、おいてなかった。

 

だから大人になってから、子供の頃に買えないものを衝動買いしたこともあった(笑)

 

 

我々、アラフォー世代の人たちは、思い出深いもの。今でもわさわざ、このあたりのロッドを使っている人をよく見かける。

 

 

そう考えると

 

 

これから20~30年後の将来、鯰専用ロッドもまた、時代とともに、当時を懐かしみながら、再び使われることになるのかもしれない。

 

いまから、大事に取っとかないとね。

 
 
 
 
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
 

プレゼント♪

unnamed

先般、このブログにCute Luresさまから初コメントを頂きました。

Cute Lures    ← こちら

それで、私の方もサイトの方へ遊びに伺いましたところ、5月末まで、淡水魚のダービー開催の案内が…。

フムフム…。 これも何かのご縁。

せっかくですから、今回、サイト「Cute Lures」様のサイト立上げ記念のダービーに私も参加させて頂こうと思い、ぎりぎりすべり込みセーフでエントリー(笑)

derby_140531_1[1]

ただ、すでにナマズをエントリーしている方がおられたので、いろいろ考えた挙句、今回は、ナマズではなく、先日、釣り上げたチビ雷魚をエントリーさせて頂きました。

数日後…

ルアーマンには、とっても刺激的な嬉しいプレゼントの品々が届きました(^^)

 

■Balsa50 ビッグラッシュスケーターJr.
■ラッキークラフト マラス(カンサイタイガー)
■FROG ショートサソリ
■バッチ
■マグカップ

DSCF5138

素敵な品々、本当にありがとうございました(^^)

このプレゼントルアーで、2014年のナマズの爆釣りが約束されました!

かな?(笑)

スピナーベイト 

DSCF5126

近年のナマズ釣りの兆候としては、トップのルアーが盛んで、シンキング系のルアーは、どちらかと言うと、二の次のような印象を受けます。

 

ところが、ネットの検索でナマズ釣りの内容を覗いてみると、スピナーベイトを使ってナマズを釣り上げたというような記事をかなり目にします。

 

実際のところ、どちらをメインにしたアングラーが多いのかは定かではありませんが、スピナーベイトは、バスを筆頭に、ナマズ、ライギョなどオールマイティに使える、不動の人気を誇るルアーだと言えます。

 

機能などの詳しい内容については、以前、このブログの中でも書いているので、ここでは触れませんが、今回は、そんなスピナーベイトを使用するために、日没前に、ナマズ釣りに行って来ました。

 

使用場所は、オープンウォーター。

ナマズが付きそうなポイントらしきものがまったく見当たらないそんな時…。

サーチしながら、広範囲のフィールドを攻めるには最適なルアーかもしれない。

 

DSCF5124

 

特にリアクションバイトでナマズを狙う時には、スピナーベイトは効果的です。

 
 
 
 
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
 

道具について

DSCF3497

私のブログでは、以前から100均ルアーを使って、ナマズを釣る記事を書いています。

 

まぁこれは、お店やメーカーなんかの売る側の戦略もあるんでしょうが、1個1000円以上するルアーは、これからナマズ釣りをされる方には、ロストすることも考えると、少々、値が張る買い物だと思っていたからです。

 

ルアーは、ある程度、価格が高くなければ、性能が劣っていたり、なかなか思うように釣れないのではないかという一般イメージが強い気が致します。

 

ですから、そんなイメージを払拭する為に、100円だって、十分釣れることをブログで紹介してきたんですけど…。

 

 

実は最近、この100均ルアーに雷魚がアタックするケースに出くわしました。

 

 

やっぱり、ナマズくらいだったら、どうにかなるんですが、雷魚になると、パワーがワンランク上がってしまうので、絶対無理とは言い切れませんが、100均ルアーではかなり厳しいものがあります。

 

・まず100均のフックでは耐えきれない。

 

・魚の重量に耐えきれず、リグが外れてしまう。

 

大型のシーバスなども、100均ルアーで十分釣れているじゃないかと言われそうですが…。

 

DSCF3961

これは、そもそもシチュエーションが違いすぎます。雷魚は、カバーなどのストラクチャーについていることが多く、時には、大量に体に巻きついた水草などと一緒に、一気に引き上げることがあります。

 

 

一端、このような場所に潜り込んだ魚を、短時間で手元まで手繰り寄せるには、相当なパワーを持ったタックルが必要です。

 

 

それに加え、これが1番大きなところですが

 

・ライギョは、フロッグで釣るという暗黙のルールがある。(無論、全てのアングラーではありませんが)

 

 

 

やはりルアー釣りというものは、時として、ルアーやタックル、ラインなどそれなりの強度を持ったものでないと、バラしてしまうどころか、ルアーを口に咥えたまま、魚にダメージを与えてしまい、時には死に至らしめるケースを誘発させてしまいます。

 

近年では、ロッドに関して言えば、ターゲットに合わせた専用のものが各メーカーから続々と発売されているが、リールは、汎用性のあるものなので、専用的なものとなると極々少ない。

 

私はよくスピンキャストを使ってやっていますが、これは軽量ルアーを投げるのにはかなり使い勝手がいい。それにかなりよく飛ぶ。

 

DSCF3589

ただ、パワーがそこまで大きくないので、高低差のない場所で、60クラスのナマズなら、難なくこなしてくれますが、やはり、それ以上の大型のナマズや雷魚をメインで狙うのであれば、これではやはり荷が重い。

 

ですから、ブログ中で紹介している100均ルアーは、あくまでも一般的なナマズ釣りにおけるルアー選択肢のひとつとして紹介しているので、

 

特に、大型のナマズが生息する場所や雷魚に関しては、このような点を踏まえ、それに似合う専用のルアーや道具で臨んで欲しいと思っています。

 

DSCF4834

 

釣りの楽しみ方

 

DSCF1661

ナマズ釣りと言うと圧倒的にトップウォーターのアングラーが占める。

 

自分の場合、トップとアンダーをフィールドに合わせて使い分けている為、これじゃないとダメだという特段のこだわりはない。

 

 

やはり、各々にその面白さがあると思っているから、トップで釣れない時はアンダー。アンダーで釣れない時はトップ。

 

やっぱり釣れる楽しみを深求していけばいくほど、必然的にこのスタイルにつながる。

DSCF2610DSCF1874DSCF3971 DSCF2381DSCF2717DSCF2457DSCF2591DSCF1899DSCF2711DSCF3283DSCF1994DSCF3877DSCF3987DSCF4104DSCF4084DSCF3975DSCF4087DSCF4091DSCF4314DSCF4093DSCF3874DSCF3967DSCF4193DSCF3415DSCF3964 DSCF4106DSCF4221DSCF3990DSCF2589DSCF2495DSCF4240DSCF4229DSCF4227DSCF3342DSCF4221DSCF4163DSCF4159DSCF3887DSCF3349DSCF3213DSCF4844DSCF4847

 

ルアー釣りって、人それぞれ、好みの問題だから

 

いろんな楽しみ方があってもいいんじゃない。

 

 

カバーゲーム

DSCF4871

今回は、ナマズではなく、雷魚の新規ポイントを開拓すべく、あちこちとクリークを中心に回りました。

 

DSCF4868

DSCF4836

DSCF4833

 

カバーに覆われたクリークは、ルアーマンにとっては、もう最高のロケーションです。

 

 

今日は、釣れなくても本望!

 

 

そんな気持ちで、最初はやっていたんですけど…。

 

 

やっぱり欲が出てきて…

 

DSCF4857

 

DSCF4858

DSCF4850

 

いい感じのサイズが釣れました♪