「仕掛け」タグアーカイブ

晩秋


11月に入った。

 

付近の山々を見上げれば、紅葉はあざやかに色づき、晩秋の季節へと移り変わっていく様がよく分かる。

 

この辺りでは毎年のことですが、田んぼの収穫に合わせて、ホームの水が干上がってしまい、そのせいで、釣りの出来る場所が限られ、この時期いつも頭を悩ませる。

 

それに加え、今年は、秋に入ってから、雨がほとんど降っていない。秋の荒食いはいつも「雨」によってもたらされていましたが、大型河川で一極集中を狙う荒食いも、これでは成す術もない。

 

一端、河川の水が干上がると来春までは元に戻らない。一部のナマズたちは、水位があるいくつもの支流となる水路や小川へと潜り込み、それ以外の大半のナマズたちは、無くなっていく川の流れと共に下流へと下っていくようだ。

つまりは、今、釣りの出来るポイントとしては、一部に限られてくる。

 

 

11月ともなると、ナマズの活性もいよいよ下がり、何にもないオープンウォターで、やみくもに狙ってもかすりもしない。いままで釣れていた鉄板である流れ込みでさえ、今やもぬけの殻状態。

 

 

 

土地勘がない場所だと、鉄板ポイントにいない以上、一体何処で釣れるのかが、まったく想像できなくなる。幸いにも、足で稼いだ分、釣り場の地理にはかなり詳しくなったので、ナマズの居場所を探す上でイメージだけは膨らむ。

 

 

 

数日前、下見にいった時に、一箇所に沢山溜まっているナマズを発見。

流れのヨレに、冷たい水の流れを避けるようなナマズたちが集まっている。ベイトフィッシュも水の深みに溜まっていた。近づくと、気配を感じたのか、水面にたくさんのもじりが出て、あたふたと逃げ回るナマズたち。

確実に10匹以上はいる。やはり、こんな場所にいた。

小さな川のメリットは、ナマズの居場所を見つけやすく、結果が早いところに尽きる。

 

その場は狙わずに、時間を変え、夜出撃することに。

 

夜は、吐く息も白く、さすがにジャンパーを羽織って、完全武装で挑んだ。

 

ここ数日の冷え込みはきつく、恐らくは単発バイトだけで終わるのは目に見えているので、取りこぼしをしないようにルアーは、フラホッパーとジッターで、フックは新しいものに交換、サイズは、飲み込みやすいように、#6のサイズダウンにした。

 

バフッ!!

 

キャスト一発目からヒット!!

 

その後、たて続きにバイトラッシュ!!







今宵は、ラッキーなことにミスバイト0。全7匹

 

 

恐らく、これからますます寒さも一段と厳しくなり、そろそろフィナーレを迎える頃。

 

真冬でも釣れないこともないけど、やっぱり寒いからね。

 

今のうちに楽しんでおきたいものです☆彡

真冬でもナマズは釣れるの?

いや~ほんとに寒くなりましたね。

今年のはじめは、1月は2回出撃して何とか2匹上げましたけれど、あまりの寒さにひどい風邪をこじらせ完全にダウン。

 

来年は、そんな忌まわしい新年を迎えたくはないので3月までナマズ釣りはやりませんが、釣りが好きな人は、三度のメシより好きだと喩えられるくらい、どんなに寒くたって釣りに出かけていますよね。ホント凄いなぁと感心してしまいます。

 

さて、実際の所、ナマズは1月でもトップのルアーで釣れるのか?という疑問は、釣りをはじめたばかりの人たちには少なからずあるようです。

 

まぁ、冬はマグレを期待するしかないね!という冗談とは言い切れないのが冬という季節。

 

それなりにしっかりとした考え方を持っていないと、ナマズを釣る前に心が折れてしまいます。

 

 

確かに、冬の釣りは難しいので、それは事前に覚悟を決めた方がよいかもしれません。魚は、「変温動物」。「恒温動物」の人間のように体温を調節することができず、外部の温度に影響されてしまいます。体温が夏は高く、冬は低くなってしまうのが魚たちの宿命。

 

となるとルアーでは、どう狙えばいいのだろう?と素朴な疑問が湧いてくる。

 

フィールドには、クセというものがある。これは、その場所へ何度も通って経験を積まなければわからないことだけれども、なぜかこのフィールドでは、このルアーでしか思うように釣れない!という事が出てくる。

 

まずは、1匹を絞り出してみないと分からないが、1匹釣るとそのルアーで続くケースが多々ある。だからどれが1番当たるか、正直やってみないと分からない。

 

そして、バイトでもなんでもいいから、冬でも反応があるという実績ルアーを1つでも見つけられたら、ただひたすら、そのルアーを信じて打ち込むことが、真冬で釣果を上げる為には大切な事柄ではないかと思う。

 

結論から言うと、真冬でもナマズは釣れる!というのは正解。あとは忍耐のみです(笑)

 

くれぐれも風邪引かないように。

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

ナマズ釣り 攻略本


「ナマズ釣り大全」

今回は、ナマズ釣りに関する本のご紹介です。

これは、ナマズ釣りを専門にされる方なら、知っておられるか、または、購入されている方も多いかと思います。

ルアーによるバス釣りの攻略本は多いですが、ナマズ釣り専門は見たことないですね。

業界初?のはじめてのナマズ専門書。

初めて、ナマズ釣りをされる方の疑問の多くは、どんなロッドやリールを使えばいいのか? はたまたルアーは? ポイントは?

分からないことだらけですよね。

ナマズを釣るにはどうしたらいいの?
そんな素朴な疑問をこの一冊が、ナマズ釣り入門書として丁寧に解説してくれてます。

釣り場の探し方、春夏秋冬の季節ごとの釣り方、水路、河川などのスポットでの攻略方法、ルアー選び方などなど…。

初心者だけでなく、マニアにもジッターバグのルアー改造50連発など楽しめる記事が満載。

とても詳しく載せてくれてます。

↓ これから、ナマズ釣りを始めようとする方に、是非オススメの一冊です。

【送料無料】ナマズ釣り大全

【送料無料】ナマズ釣り大全
価格:1,500円(税込、送料別)

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

ナマズの生態

水面を割って、大きなバキューム音とともにルアーに飛びついてくるナマズ。このエキサイティングな釣りに魅了され、ナマズゲームを楽しむ人が年々増えてきました。

バス釣りの招かれざる外道として扱われていた魚も、最近では、表層ゲームと身近な河川で楽しめるというと理由から、熱烈なファンも多くなり、再び注目されてきました。

しかし、私たちの身近にいる魚ながら、その生態は以外に知られていないことも多い。ここでちょっと雑学を紹介します。

概要
ナマズは(マナマズ)日本に分布する3種類のナマズ属魚類の一種である。
他の2種(ビワコオオナマズ、イワトコナマズ)が琵琶湖と関連水系のみに生息する日本固有種であるのに対し、マナマズの分布は東アジア全域にわたり、日本においても現代では沖縄を除く全国各地の淡水域に幅広く分布している。

大きな体をくねらせてゆったりと泳ぎ、扁平な頭部と長い口ヒゲ、貪欲な食性を特徴とする本種は、古代から食用魚として漁獲されたほか、さまざまな文化に取り入れられた歴史をもつ。

日本では中世以降地震と関連付けられ、浮世絵をはじめとする絵画の題材にされるなどして、人間との関わりを深めてきた。

分布
現代の日本ではマナマズは沖縄諸島を除く全国に分布しているが、本来の生息域は西日本に限定されていたとみられている。縄文時代の貝塚など全国各地の遺跡から、ナマズ目魚類の骨格が出土しているものの、古い時代のものは滋賀県より西の地域に限られている。

一方で、『本朝食鑑』など複数の文献記録や、愛知県と東京都における江戸時代の遺跡から遺存体が見つかっていることなどから、マナマズは江戸時代中盤以降、人為的な移植によって東日本・東北地方・北海道に順次分布を広げていったと推察されている。

マナマズは水質汚濁には比較的強いが、河川や用水路の護岸化により繁殖場所を失い、日本での生息数は年々減少しているものとみられている

形態
マナマズの外観は大きく扁平な頭部と幅広い口、および長い口ヒゲによって特徴付けられ、これらはナマズ目の魚類全般に共通する特徴である。体は全体的に左右に平たく側扁するが、頭部は上下につぶれたように縦扁している。鱗がなく、体表はぬるぬるとした粘液で覆われている。

目は小さく背側寄りについており、腹側からは見えない(イワトコナマズの目は側面寄りで、腹側から見える)。体色や斑紋は変異に富み、個体によってさまざまである。全長60cm程度にまで成長し、一般に雌の方がやや大きい。

口ヒゲは上顎と下顎に1対ずつ、計4本ある。仔魚の段階では下顎にもう1対あり、計6本の口ヒゲをもつが、成長につれ消失する。下顎は上顎よりもわずかに長く突き出す。背鰭は小さいが、臀鰭の基底は非常に長く、尾鰭と連続する。外見だけで雌雄を鑑別することは難しいが、雄の尾鰭は中央部がやや凹んでいる。

生態
基本的に夜行性で、昼間は流れの緩やかな平野部の河川、池沼・湖の水底において、岩陰や水草の物陰に潜んでいる。感覚器として発達した口ヒゲを利用して餌を探し、ドジョウやタナゴなどの小魚、エビなどの甲殻類、昆虫、カエルなどの小動物を捕食する。

日本の淡水域の生態系では、食物連鎖の上位に位置するとみられる。一般的な活動水温は10-30℃の範囲とされ、冬期は泥の中や岩の間に隠れ、ほとんど動かない。

日本での繁殖期は5-6月が中心である。この時期になると群れをなして水田や湖岸など浅い水域に集まり、雄が雌の体に巻きつくという独特の繁殖行動の後、水草や水底に産卵する。卵の大きさは約3mmで黄緑色をしており、およそ2-3日で孵化する。

仔魚は孵化の翌日にはミジンコなどの餌をとるようになり、個体密度が高い場合は仲間の仔魚にも攻撃を加えるなど共食いが起こる。雄は2年、雌は3年程度で性成熟に達する。

釣り
ナマズを釣りの対象とする場合、その貪欲な性質を利用した「ぽかん釣り」と呼ばれる方法が用いられる。ぽかん釣りでは小型のカエルを釣り餌として、片足から吊り下げる形で釣り針に通して付け、水面で上下に動かすことでナマズを誘う。

ルアー釣りの場合は、夕方や朝まずめの時刻はスプーンやワーム、あるいはミノーを利用するとよい。夜間にはノイジー等の音を出すトップウォーター系のプラグがよい。餌を丸呑みにする性質があるので、針が喉の奥に刺さる場合が多く、針を抜くのが非常に困難である。したがって、針のカエシを潰した(バーブレス)うえで、ペンチなどを利用すると針を抜きやすい。昼にも釣ることができる。(Wikipedia参照 抜粋)

釣り場所
ナマズは、日本全国にいる淡水魚。琵琶湖に住むビワコオオナマズという1メートルを超える種類もいるが、ここで対象としているのは「マナマズ」と呼ばれる種類。日本中のほとんどの川や池に生息している。水温10℃以下の季節を除けば、いつでもターゲットとなる。

こんな場所に? というような以外な場所でもナマズはいる。

川幅が1メートル程度の、飛び越せるくらいの小川や水路にも生息しているので、こんなポイントは見逃せない。コイが生息しているところには、大抵ナマズがいる。

コイが通ったり、溜まったりしやすい場所は要チェック。自宅近くの小川を探してみると、以外な穴場を発見するかもしれません。

 

 

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

ライギョ Game

水流が無いか緩やかで、ハスなどの水生植物が生い茂った水域に好んで生息するライギョ。

湖・沼・池・河川の中下流域などに多く生息する朝や夕方の薄暗い時間帯、または水が濁っている時に活発に活動する。食性は基本的に魚食性だが、他にも甲殻類、昆虫類、カエルなど水生動物のほかときには水鳥の雛やネズミなどの小動物など幅広く捕食する。

水底にじっと潜み、水中や水面を通りかかる獲物に飛びかかる。多くの文献等ではその姿形から獰猛というイメージもあるが、警戒心が強く臆病な面もある。雷魚の名の由来は、悪天候時に行動することから「雷を呼ぶ」と見られたからとも、獰猛な捕食行動が「雷が鳴るまでくわえた獲物を離さない」と見られたからともいわれる。

繁殖時には親が卵や稚魚を保護する。種によっては産卵の際に水草などを集めて巣を作るもの、卵や稚魚を口内で保護するものなどもいる(マウスブルーダー)。水草で巣を作る種類は水草がないと繁殖出来ないため、治水工事などで開発が進んで減少している地域もある。

日本にはカムルチー、タイワンドジョウ、コウタイの3種が分布する。これらはもともと東アジアに分布し、日本には人為的に導入された外来種である。ライギョは特にカムルチーとタイワンドジョウを指す呼称として用いられ、他にライヒー、タイワンなどとも呼ばれる。

導入当時には「チョウセンナマズ」とも呼ばれた。21世紀初頭の時点では、タイワンドジョウとコウタイは移入された区域からそれほど広範には広がっていない。(wikipedia 抜粋)

最近は、護岸工事などで激減しているライギョ。この辺りで釣れる場所も限られてくる。

カバーにびっしりと覆われた河川や池を見ると、なぜかワクワクした感じになるのは、ルアーマンなら誰しも体験すること。

ハードカバーで雷魚を釣る映像ってほんとたまりませんね。

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村