「宝満川」タグアーカイブ

つがい

川

昨日は、少し時間が取れたので、裏の川へコイ釣りに。

当方、以前から腰の具合があまり良くない。

ルアー釣りをするより、椅子に腰かけてのんびり釣りをする方が楽チンなのであります。

なので、今しばらくは、このスタイルで楽しむつもり。

 

さて、昨日は、午後から気温も軒並み上昇。ただ、日差しは強いけれど、少し風が強いせいか、そんなに暑く感じません。とても釣りやすい釣り日和です。

 

ぽかぽか陽気に包まれて、しばらくうたたね。

気がつけば、1時間ほど、眠っておりました(笑)

 

川2

チリン! チリン! チリン!

 

沈黙を破り、いきなり竿先に付けていた鈴が鳴り響きます。竿を立てると、グイグイと強い力で、ラインを引っ張ってゆきます。

 

んん!?

 

しばらくすると、黄色い魚体が水面付近に現れてきました。

 

間違いありません。 コイです。60cmはあります。

 

ところが、その直後、ちょっと異様な光景が目に写りました。

 

必死にもがいているコイの傍らで、同じ大きさくらいのコイがもう1匹、河川中央から、足元まで引き寄せる間、ずっと、そのコイの周りをグルグルと周り続けます。

 

なぜか、その傍から離れないのです。

 

ひょっとして、つがい!?

 

つがいと言えば、仲のよい夫婦をおしどり夫婦などと例えられますが、

 

正直、驚きました。

 

なんと! 足元まで来て、タモで引き上げる段階なのに、その傍らのコイは、逃げようとしない。

 

まさか、野生のコイが人の姿を見ても逃げないことがあるなんて…。

 

コイ

人間や哺乳類のような夫婦愛があるとは、到底思えませんが、罪悪感のような、何か申し訳ないような気持ちが込み上げてまいります。

 

そそくさと針を外し、すぐさま、このコイを逃がしてあげました。

 

家に帰ってネットで調べてみると

 

蛇のつがいは、屋敷守りと言われ、「つがい」は、夫婦の絆的な、意味合いで語られることも多いようです。

 

魚などでも、子育てをする性質のもの、例えば、エンゼルフィッシュのようにペアを作って、他の異性を寄せ付けない、強い夫婦愛を感じる魚もいますが、コイの場合は、そんな記述が見当たりません。

 

長い間、釣りをしてきましたが、こんな経験は初めてでした。

 

不思議なことがあるものです。

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ

にほんブログ村

川底

DSCF5653

昨日、仕事帰りに自宅裏の川を覗いたら、いきなり何の前触れもなく水抜きされていた。

毎回こんな感じで、突然来るんです。大雨や干ばつでもないのに、なんで水抜きするのだろう。ヘドロなんかが溜らないようにしているのだろうか…。

 

普段は、こんな感じ ↓

 

DSCF4558

ここでは、毎年、カヌー大会が開催される。水深も結構ある一級河川です。普段は、なかなか見れない川底が、昨日はあらわになっていたので、せっかくだから、河川の中央に降りて、写真を撮ってみました。

DSCF5665

DSCF5670

 

DSCF5663

こんな感じで、ところどころ、少し水が溜まったところが残っていて、取り残された魚もチラホラ。

 

DSCF5668

写真のこの場所では、よく、浮き釣りしている人を見かけるんだけど、きっとフナやコイたちは、コンクリートブロックの隙間や穴の中に隠れ住んでいるのだろう。見た感じ階層みたいになっていて、魚のマンションみたい。こんな造りになっていたとはぜんぜん知らなかった。

 

DSCF5667

それから、河川中央は完全に水がないけれど、端の方では、若干、水が流れているところがあって、そこには50~80センチくらいのコイが、何十匹も群れていました。

この川にも、80クラスのコイが、沢山いたなんて、驚きです。

 

いや~、面白い。

 

たまにこんな事があると、いろんな発見があります。

 
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
 

 

宝満川のルーツを探して

DSCF5026

太宰府市の北東にそびえる、ここ宝満山は、古くから霊峰として崇められ、山頂の巨岩上に竈戸神社の上宮があり、英彦山、背振山と並ぶ修験道の霊峰。

 

古くから神の宿る山として崇められ、平安時代には唐に留学する、天台宗の開祖、最澄が渡航の安全を祈った所と言われ、麓には寺が建てられ、多くの僧や山伏がいた神聖な山だと伝えられる。

 

宝満山の名前の由来も神仏習合によってこの山に鎮座する神が「宝満大菩薩」とされたことから、宝満山と言われるようになった。

 

大宰府政庁の鬼門(北東)の方位にあたり鬼門封じの役目といわれており、その時代としては、重要な役割を果たしていたと思われる。

 

実は、私が普段から釣りをしている宝満川。その源を辿れば、この宝満山になる。

 

一度は、その源流を育む山に登ってみたい。

 

そんな気持ちを数年前から、強く掻き立てられていたのだが、実は先日、その念願である、その宝満山に、友人たちとはじめて登った。

 

当初は、ひとりで登るのは心細い。出来れば何人かで登ってみたい。

 

そんな理由で、パワースポット巡りをしてみないか!?  と、釣りをしない友人に気軽に声をかけたつもりだったのだが…。

DSCF5034

麓のかまど神社に参拝し、山登りが無事に出来るようにお願いしてから、いざ出発!  最初は、和気藹々で登山開始。

 

DSCF4881

山へ入って早々、正直、驚きました。

 

宝満山の緑

登山口に入った途端、その場の空気がガラリと変わったのだ。

 

まるでマイナスイオンのシャワーを浴びるかのように、清々しい空気が体中を駆け巡る。

 

「ショーシャンクの空に」 風
映画 「ショーシャンクの空に」    ぽいね (笑)

 

自分だけではなく、皆、一様に、「空気が変わった!」と連呼する。

ここは、言伝え通り、理屈抜きに、ほんとに神聖な場所なのかもしれない。

 

 

DSCF4880

登り出してすぐに池が見える。回りが緑で囲まれているせいか、池の色が青くて結構深そうだ。魚らしき姿は見つけられなかったが、この池は、山からの水が貯まったものなのだろう。

もしいるとすれば、古代魚のタキタロウみたいなやつが棲んでいる筈(笑)

 

 

山を登り出したのが、平日の朝、6時30分。

 

そんな早い時間だというのに、行きかう人々のなんと多いことか。特に中高年の方が圧倒的に多いのには驚いた。

 

山ガールなんか、ちっともおらん。(笑)

 

中には、年間、100回以上も、この山へ登る人たちがいると聞いたことがあるが、この山に魅了され、幾度となく登る理由が何となく分かる気がする。

 

 

DSCF4897

そして、4合目に入ると

「あった~!!  水!!」 先頭の友人が叫ぶ。

 

そう、この場所から水が湧き出ている。 とても冷たい。

ちょろちょろと湧き出るこの水が、きっと麓近くの池まで流れ出て、宝満川になっているのだろう。

 

きつい思いをしながらも、宝満川の源流を見られただけでも、この山に来た甲斐があるというものだ。

 

普段から釣りをしている、あの大きな大河になることを考えると、とても感慨深い。

 

目標は、達成したから、ここで帰ってもよかったけれど。パワースポット巡りだけにねー(笑)

 

しばらくここに滞在して英気を養う。

 

山を登る途中には、至るところに祠や巨石に刻まれた文字など、修行をしていた痕跡が残っている。

DSCF4973

 

 

DSCF4932

DSCF4931

5合目の案内版と大きな石には、「殺生禁断」という文字が大きく刻まれている。

 

この意味をネットで調べてみると、

>仏教の慈悲の精神に基づいて、一定地域で鳥・獣・魚などを捕獲したり殺すのを禁じること。

伊勢の阿漕ケ浦は、殺生禁断の場所として有名で、網を入れた漁師が簀巻きにされて海中に投ぜられたという伝説が残っている。

長く殺生禁断の霊域でしたから、今でもさまざまな野生動物が棲息しています。

 

とある。

ひょっとしたら、4合目までは、下界を現し、5合目より上は、天界を現し、無駄な殺生をさせない聖域を設けることで、修行者としての自覚を促していたのかもしれない…。

 

DSCF4941

DSCF4942

DSCF4948

DSCF4952

DSCF4953

他にもいろいろな、史跡を眺めながら、皆話しが弾む。

 

DSCF5021

DSCF4919

 

DSCF4975

そして、その後…。

DSCF4937

 

 

DSCF4967

山頂までの道のり険しく、過酷な旅がひたすら続く。

 

この長い石の階段。登るだけでやっとこさ。

 

昔のひとは、後世の人たちが山頂へ安心して目指せるように、この場所に幾度も大きな石を運び続けたのだろう。

 

どれも、ひとつひとつ丁寧に積み上げている。

DSCF4969

機械もない時代に、この途方もない労力を考えると本当に頭が下がる。

 

 

そして…

 

DSCF4959

DSCF4968

8合目まで来ると、佳境に入る。足場も狭くなり、鎖やロープなどが設置してあるほど。階段の傾斜が凄すぎて、足がパンパン、ガクガク…。

 

 

頂上を見たい。

 

 

その一心だけが、体を突き動かす。

 

 

 

最後は鬼の形相(笑)

 

DSCF4977

最後の一段を登り終えた時、パノラマのように美しい風景が目の前に広がる。

 

 

DSCF4990

雲がこの下にあって、この場所が宙に浮いているような錯覚を覚える。

 

まさに、天空の城。

 

 

山頂からの眺めは、実に最高だった。

 

 

歴史を伝える史跡の数々、素晴らしい自然、美しい登山道・・・

 

 

 

DSCF4981

DSCF4997

記念に残る、本当に素晴らしい一日となった。

偶有性


今日は、仕事も早く終わり、2週間ぶりに釣りに出かけた。
いつものようにポイントは何処にしようか、ずいぶんと迷った。

最近は、なんかこう、同じポインばかりなので、景色は見慣れた風景だし、釣れるサイズもだいたい同じだし、マンネリ化してどうも物足りない。

やっぱり、釣りというのは何が釣れるか分からないから面白いのであって、予想がついてしまう釣りは、どうしても面白さが半減してしまいます。

なので、仕事帰りに見つけたよさげな河川を見つけたので、今日はここをじっくり攻めてみることにしました。


ダイワ  リブンシケーダ Length:70mm  weight;13.5g

 

↑ ルアーは、これ!

アシの際を狙ったら50cmくらいのナマズが続けて釣れました。

引き続き、アシの際へキャストしたら…。

「ボシュー!!!!」

今まで体験したことのない強烈な引き!

やばい!このままではロッドが折れる!
信じられないくらいの引き! すぐさまリールのドラグを緩める。
ギーギーと悲鳴のような音を立てて、ラインがどんどん出ていく。すったもんだの格闘が続き5分ほどたった時、ピタリ…。

うんともすんとも動きがない。

えっ???

まさか?

バラした…??

そう!謎の魚は、カバーにラインを巻きつけて、いつの間にか姿を晦ましていた。
久々に悔しい思いをしました。

しかし,釣りって言うものは、こんな感じで予想もしない獲物が掛かるっていう、偶有性があるから面白いのかもしれない。

鯰 秋祭り♪


最近、ホームの一区間、水がなくなり鯰が上がらなくなっていた。

堰から、次の堰までの区間を一区間とすると、この時期、大雨でもないのに、なぜか数ケ所の一定区間だけが、堰の解放により水が放流され、完全に干上っている。

河川全部ではないのだが、自分がよく行く場所が、この中に含まれていて、全ポイントが崩壊。10月に入り、活性がいよいよ上がり出した矢先というのに、この始末。

なんともうまくいかない…。

 

こんな状況なので、たぶん年内は、ホームでのまとまった釣果は望み薄になるかもしれない…。そんな少し諦めモードが頭の中をよぎっていた。

釣れる場所なら、いくつかあるけれども、一日に何匹もまとめて釣れる場所は、運がよくないとそうそう見つけることは難しい。

 

土曜日の夜、10:30分。
雨が降った後の釣行。この時間から遠征してまでの釣りは、何とも気が進まない。やはり近場がいい。

 

荒食いは半ば諦め、あまり釣れない場所だが、家から近いし、水がある場所が残っているだけでも御の字かもしれない。
自宅近くの場所で我慢をすることにした。

ところが…。

 

この日、現地に着くと、最後の望みである水位のあるこの場所さえも、なぜか水が半分に減っている。

まずい…。

 

最終的には、河川全部の水を放流してしまうつもりなのかもしれない。
一度干上がると、魚が戻ってくるまでしばらく釣れなくなるのは必至。
今月もあと半月。きっと、この川での最後の釣行かも…。

 

普段、水深が2.5mから3mある川。川底のゴツゴツとした石が、月明かりで照らされて、水面から姿を現し露出している。今は、水深50cmといった所。

ずいぶんと水が減り、普段の川の深さがよくわかるようになった。

でもひょっとしたら、これだけ浅いと、鯰がいればトップでの反応がいいのではないかと感じていたが、その予想は嬉しいことに的中した。

秋へと移行する環境の変化に伴い、餌を求めているナマズたち。

最初に使用したルアーは、キャタピー。ゴツゴツした岩の辺りを通すとヒットしてきた。水面には、小さな魚たちが跳ねまわっているようなので、すぐ様、ルアーをチェンジ。

 

ルアーは、ポップスウィンガー。細身のボディなので、ベイトに見立てて狙ってみた。軽やかなポップ音とスプラッシュが小気味よく、貪欲に餌を求めるナマズたちを華麗に誘う。

 

その後、まさに、秋の祭り一色!
ルアーに巻きついてくるかのような勢いで、バイトが続く。

釣り上げたナマズは、そのどれもが腹がフグのように、パンパンに膨れ上がり、口からベイトを吐き出すものもいる。よく見ると、10センチくらいの小魚を食べまくっていた。この場所で、2時間足らずで10匹釣れるとは、予想外だった。

↑ ナマズが吐き出した小魚

まさに普段釣れないポイントが、突如として一級ポイントへと変わる、そんな秋の釣りを垣間見る一夜となった。

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

ナマズ釣り 100円ルアーの威力!


週末、福岡は豪雨に見舞われ、河川の増水と濁りが通常よりもひどかった。休日という事で長時間の釣りを楽しめる筈が、あいにくの天気。

ギリギリまで待って、川の濁流も収まるであろう、日曜日の晩に出撃開始。今回のルアーは、ミノーモンスター。

引き続き、100円ルアーの検証です。

釣りの楽しみって、ロッドやリールだったり、色鮮やかなルアーを、揃える事だったり、いろいろ様々。

楽しみ方も人それぞれ。色々な楽しみ方があっていいと思っています。

でも初めてナマズ釣りをされる方には、ぜひともトップウォーターを!!

水面を割ってルアーに飛びついてくる、あのダイナミックな釣りの醍醐味を真っ先に味わって欲しい。

そこから、釣りの楽しみが広く深くなっていくと思うんです。

そんなナマズ釣りの面白さを、こんな未熟な私でも、分かる範囲の中で情報としてお伝え出来たらと思って始めたのがこのブログ。

今回も、お金をかけずに釣る! をテーマにして、ナマズ釣りに頑張って行ってきましたよ~。

増水した☆☆川。予想通り、川の本流は流れが速く、完全に濁っていました。

そんなポイント目がけて、現地到着早々、ミノーモンスターを力強く投げ込みました。

一投目から、いきなりのヒット。雨の為か活性が高い。

しかし、足元付近でバラす。

二投目も同じく。

三投目も…。

なんでやねん…。色々考えてみたが、ミノーモンスターのフック、どうも甘い。フックは、チューニングせずに、オリジナルそのまま使って検証を試みた訳ですが、3回連続して、バラシが発生。

このフックサイズは、小ナマズにはいいが、サイズが大きいものについては、フッキングが弱い。ナマズの顎って、実はかなり硬い。この顎を貫通させるには、ある程度の強度やサイズが必要になる。

又、フトコロ間角度もフッキングに大きく関係してくるので、バラシを低減させるには、ナマズ釣りにあったバランスのよいフックが必要。

とりあえず、Gamakatutsuのフックに取り換えて、再キャストしたら、バッチリ2匹上がりました。




今回みたいに大雨の後は、流れが速く、フッキングがうまくいかない。

ミノーモンスターには、ナマズ専用にフックをチューニングすると更に期待できます。

☆川釣り日誌☆ ナマズ 100円ルアーで釣る!の巻き

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

ナマズ釣り 新ポイントにてGet!

今日は、筑紫野市の最高気温19℃。

桜が満開の時と同じ気温だそうです。

日中と朝晩で著しく寒暖の差がある、この時期のナマズ狙いは、暖かい日が何日も続いた後の、一日のうちの最も水温の上がる夕まずめの時間帯がいいようです。

季節柄、どっふり日が暮れてからの時間帯だと、水温が急激に下がるのでダメ。暖かい日が連続で長く続いた、この夕マズメってのがミソ。

温かい日が2~3日程度だけではやっぱり難しいですね。地域差もあるので、あくまでも、この付近のデータですが。

宝満川水系は、河川工事に伴い、水量がなかったり、水が白色に濁ってしまい、この時期、釣りが出来ない区間がある。

そして、頼みのナマズ池も工事中…(涙)
しかし、まだ筑紫野市に流れる一級河川は全部で9つ。

今回は、そのうちの一つ★★★川へ向かった。 ここは、初めての場所。

しかし、ずいぶん日が長くなりました。
ここら辺だと、12月の日没は5時半くらいだったのが、今では6時半くらいまで明るい。

さて、ポイントを狭い範囲に絞り、アンテナを立てて入念に、何度もキャスティング。
しばらくすると、ムムッ!?  テトラの辺りから、もじりが出てきて…。

バフッ!!バフッ!! うっひゃ~~☆

何度も喰らいついてきました!!
どうも小型のナマズのようです。 やべっ、フッキングしない…(汗)

すこし間を置き、同じ場所へ再びキャスト。 バフッ!! よしのった!!  グッグッと竿全体に重さが伝わる。

バラさないように慎重に、慎重に…

力が入りすぎて、バランスを崩し、年老いた老人のように、よろめきながら、決して人には見せられない無様な恰好でなんとか鯰キャッチ(笑)

あっぶね~!!  危うく川へ落ちるところやったげな。

来週は、また寒くなるらしい。そして、それが過ぎれば更に気温が上がる。桜の季節も、もうすぐそこ

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

☆2010年 ナマズ釣り☆

振り返ると、今年の夏から、仕事の忙しさより解放され、環境が大きく変わったことで、のんびり釣りを楽しめるようになった。 私にとっては、仕事、仕事、仕事…。自分の時間を楽しむことなんて、ここ数年、ほとんどなかったように思う。

そんな感じで、しばらくご無沙汰していた釣りを再開。自然の中に浸りながら、無心で釣りに没頭している時間を過ごす。失った時間、釣りの面白さを思い出させてくれた年になった。

自宅付近で大きな川といえば、一級河川であるこの宝満川。 幸運なことに家の裏に宝満川が流れている。 ここはどういう訳かバスが釣れた試しがない。

 

しかし、ハヤやフナ、コイも豊富な川だけあって、ナマズが数多く生息する。 日没近くになると、水面が割れ、水がうねり、バフッ、バフッと何度も猛烈にルアーにアタックして、重量感のあるナマズのファイトが楽しめる。

 

渓流でフライをやっている人と釣りの話しをしたら、えっ~ナマズ釣るんですかぁ~と言われ、清流で釣りする人には、あんまり評判がよくないみたい(笑)

ルアー釣りで釣れる平均サイズは、ここでは、40~50cm程度だが、70cmを超えるものもいる。

今年の夏、私は、80cm超えるデカイやつを橋の上から目撃しました。

 

 

 

 

 

目撃だけで釣ってないけど(汗)。

 

 

ちなみに、1歳で10~15cm、2歳で20~30cm 3歳で35~50cm、4歳で60cm前後のサイズと言われる。                                                                                                                                                                                                                                                                     

 

やっぱりキャタピーとジッターがよく釣れます。あとダイソーの100円ショップのルアー。甘く見たらいけません。

 

以外でしたけど、けっこうこれで釣れましたよ。

 

ルアーにお金かけなくても、そこにナマズがいればOK。この鯰も100円ルアーで釣れています。

 

暮れなずむ川面にトップウォータープラグを投じる至福の時間…。        

来年も、更にナマズ釣りを満喫したいと思っています。 今年一年、みなさんありがとう。よいお年を!!

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

宝満川 小春日和

日曜日は、とても暖かく、晴天に恵まれました。澄み渡った空の下では、時には、椅子に腰かけ、のんびり楽しむ釣りも趣があっていいもんです。

 

ここ宝満川の河川敷には、コスモスがたくさん植えられ和ませてくれます。その中によく見ると、この季節柄、なんとコスモスに交じって、「ひまわり」が咲いているんです。

 

 

 

 

人々の目にとまる、「コスモスとひまわり」その色鮮やかな色彩は、みごとです。花は心を和ませます。
地元の方の善意で植えられたのでしょう。土壌を耕して、ここまで見事に花を咲かせるのは、並大抵のことではありません。 きっと橋を渡る人々の喜ぶ姿を描いて、土を耕し、種をまかれたと思います。その熱い思いと善意につくづく感心しておりました。 心は、まるで花のようです。 日曜日の宝満川は、いつもより、あたたかい小春日和でした♪

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村