「水路」タグアーカイブ

九州のフィールドを巡る旅 長崎

DS11

今回の遠征先は、九州の西側に位置する長崎県。

ここ最近、県外遠征に向けて、九州のいろいろな釣り場情報を収集しておりましたが、情報入手した釣れるであろうポイントの情報も、季節の移り代わりによって、ポイント自体も刻々と変化してゆき、直接フィールドへ出向かなければ、そのニュアンスを感じ取ることは難しいようです。

とどのつまりは、広範囲に渡って、くまなく調査してみないことには、初めて訪れる土地でもあり、ピンポイントで釣れる場所を見つけ出すのは、かなり至難の業。恐らくは、県内の1エリアを周るだけでも、一日が終わってしまいそうです。

そんなこともあり、今回は、とある場所へと事前に訪れ、川の状況を調べていたのが功を奏し、当日の釣りは、かなり中身の濃い釣りを満喫できました。

 

小生が一番、驚いたのは長崎県にも、雷魚やナマズの魚影が濃い河川があり、フィールドとしては、ポテンシャルが想像以上に高い場所が存在していたこと。

 

県道沿いにある釣り具屋さんは、思っていたより多く、平野部の多い、佐賀に比べると、四方を海に囲まれているせいか、海釣りメインのお店が多いように感じられます。

 

単純な考えですが、地域柄、海と川の釣り人口の比率は顕か。その恩恵を受けて、川釣りにおける未開の地があってもおかしくはない。

 

長崎に入り、高速を降り、早速、支流をメインにフィールドを周る。

DSCF5865

Ds4

↑ この写真のコイは、恐らく1mはあると思われます。

 

これ以外でも、メーター級の雷魚がいたり、餌となるベイトが豊富に存在していることで、生息している魚が、かなり巨大化しているようです。

 

残念ながら、この日は、デカい雷魚を何本もバラしてしまい、相当凹みました。ただ地元の福岡であれば、これだけの体験はなかなか出来ませんから、今回は良しとして、腕を磨いて次回に繋げたいと思います。

DS2

DS3

支流付近には、極小クリークもあり

DS5

DS6

DSCF5857

DS8

DSCF5775

DSCF5789

DSCF5786

DSCF5816

どこもロケーションは抜群です。

DS7
↑ 今回、協力して頂いた、釣り仲間のkazさんには、ナマズを狙って頂きました。

 

DS9
↑ 小生、事前調査で、小ぶりな雷魚をゲット。サイズは小さいが1m位の細い水路でも雷魚がかなり生息しているようです。

事前調査と今回の釣行だけで、おおよそ、10ケ所ほどポイントを開拓。

もう少し時間があれば、ナマズや雷魚が生息するポイントを更に沢山発見できそうです。

次に来る時は、集中したピンスポット狙いが楽しみです。

やはり九州は広い!今回の釣行によって、これから周る各県の中にも、釣人が足を踏み入れた事がない場所が確実に存在する。

 

DS10

そんな確信を得られたような気がします。

 

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

繁殖場所や生息場所の魚道

a0960_002615_m

近年、川魚が減少する要因のひとつに、高い堰などが設置されていることが理由のひとつに上げられています。

 

というのも、下流から上流へ向かって、産卵のために遡上してきた,フナやコイ、ナマズなどの魚たちが、この高いコンクリ-ト壁に行く手を阻まれ、産卵に適した場所へと辿り着けないことから、全国的にも深刻な問題として取り沙汰されるようになりました。

 

他にも河川のコンクリート護岸整備などによって、魚たちは住処を追われ、種目によっては、昔に比べ絶滅危惧種に指定される魚もずいぶんと多くなったようです。

 

しかし、地域によっては、早い段階でそういったことを問題提起し、生息数を増やす取り組みを試みたり、人間の手を入れなくても安定した生息数が確認できるまで、環境を整えていこうとする活動的な地域もあるようです。

 

朝日新聞のネット版には、そういった環境再生の取り組みを行っている県を紹介している記事がありました。↓

 

魚のゆりかご水田、16種の遡上確認

 

繁殖場所や生息場所の魚道をつくることで、魚の産卵を促し、生息数を増やすという試みを滋賀県がおこなっています。

 

こういった活動が全国的に広まれば、異常気象や環境破壊による、魚の減少にストップをかけ、自然の再生や保全に対する、私たち釣り人の意識も更に高まりそうな気が致します。

 
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

カバーゲーム ポカン釣り

カエル

明日は休み。仕事から戻り、室内の温度を計ると26℃。

あれれ??

 

ここ最近、外気温は、35℃を遥かに超え、不快指数は個人的には100%だったけれど、昨日はやけに涼しかった。

 

ここ九州へ台風が急接近するために、気温がかなり下がっていたようです。

やっぱり気温が10℃近く違うと、とても過ごしやすく感じられます。

 

 

好きな釣りに出かけるのでさえ、億劫なくらい厳しい暑さが続いていましたけど、これだけ涼しいと、元気さというか、残っている体力的な数値は、かなり違います。

 

テンションアゲアゲ。

そんな感じで、昨日、まだ雨も降らない、嵐が来る前に出撃してきました。

 

今回のポイントは、小さな水草の葉で覆われた水路。

 

 

前に紹介していましたポカン釣りの紹介です。ポカン釣りで使う本来の餌はカエルですが、今では、釣具屋さんに行けば、このカエルに似せたリアルなルアーがたくさん出でいます。

 

DSCF5315

一昔前だと、ヒックリージョーやハリソンスーパーフロッグ、ガルシアフロッグ、コーラモンのかえるくん、ダイワのブルフロッグetc…など色々ありましたが、近年では、中空フロッグによるカバーゲームが盛ん。

 

もともとフロッグのルアーは、ウィードにつくバスや雷魚など、通常のルアーでは手が出せない場所へ投入できるルアーとして開発され脚光を浴びたルアーですが、近年のナマズ釣りの傾向としては、その魅力に取り憑かれ、オープンウォーターでも使用する人たちがずいぶんと増えて来ているようです。

 

ただオープンウォーターなら、他のタイプのルアーで十分狙えるので、ここでは、通常のルアーでは手が出せない、カバーにつくナマズを限定に紹介したいと思います。

 

DSCF4870

フロッグ本来の真価を発揮するであろうポイントは、まさにカバー。

 

ただフロッグの欠点は、ウィード回避においては、とても優れていますが、それは諸刃の剣で、ターゲットのフッキングを低下させることにも同時につながっています。

 

特に捕食ベタなナマズには、ミスバイトが多発するので、フッキングだけ見ると使用するのは不向きなルアーですが、その反面、バイトだけ見ると、ナマズのルアーに対する感度は極めて高く、恐らく、対ナマズ用のルアーと言われるルアーと比べても群を抜いています。

DSCF4836

やはり、釣るためには、先にバイトありきじゃないでしょうかね。やっぱり反応があることが重要な訳ですから、カバーという閉ざされたエリアを狙う以上、ミスバイトは、やはり致し方ないような気がします。

 

さて、今回狙う場所は、とあるポイント。小さな水草の葉で覆われた場所です。水草の合間には、少々、隙間が空いています。

 

そんな場所へ、ポカン釣りの要領でフロッグを送り込み「ポチャン、ポチャン」と水音を立て、カエル特有のポーズを取りながら、ナマズにルアーの居所を伝えます。

 

最近、特に思うことですが、ラバースカートのあのヒラヒラ。

あれって、かなり優れもの。単なる飾りではないんですね。

ゆらゆらと水の加減で動き、ナマズの食の琴線に触れているのは確かなようです。

長く使っていくうちに、スカートをつけている、つけていないで、ルアーに対するナマズの感度が違ってくることを実感しています。

 

さて、そんな具合ですが、しょっぱなから、バイトのオンパレード。

どうやらルアーの繰り出す「音」と、カエルのシルエットがナマズの「食」の琴線に触れたようです。

manamazu1

manamazu2

manamazu3

manamazu4

 

manamazu6

manamazu7

manamazu8

manamazu9

manamazu10

manamazu11

フロッグは、フッキング率が極めて低いと言われるものの、スモールサイズのフロッグを使用すれば、丸呑みする分、フッキング率が若干上がる気がします。

 

ただ陸に上げた途端にルアーが何度もポロリと口から外れるケースがあったので、しっかりフッキングするのは、ナマズのコンディションとフッキングのタイミング、この二つが同時にうまく、かけ合わさった時のようです。

 

前の記事でも書いていますが、台風による気圧の変化は、ナマズの活性が軒並み上がります。フッキングミスを穴埋めするくらい、ストライク率を上げるなら、こういった日を選ぶといいかもしれませんね。

 

~Next  Time~

カバーの釣りに少々、くたびれたのもあって、次は、オープンウォーターへ移動。

自作ルアーは、ただただ引くだけのオートマチックルアー。

 

manamazu12

manamazu13

わすが2キャストで2キャッチ。

う~ん

こんなに簡単に釣れてしまうと、カバーなんて敢えて難しい釣りしなくてもいいんじゃないの?  と言われそうですが、

 

それでも、カバーゲームには、釣り人を虜にしてやまない魅力があると思うんです。

DSCF4833

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

 

ライギョを狙う


先週の休みも、ナマズ釣りに出かけた。

 

ナマズ釣りを楽しんだ後、帰りに少し羽を伸ばして、ライギョ狙いへ。
自分の住むエリアは、引越しして来てから、もう丸8年になるが、ライギョの姿を昨年一度見たきりで、この辺りではほとんど見かけることがない。

 

よほど乱獲されたのか?
バスも見かけないくらいだから、もともといない場所なのか? 子供の頃から棲んでいる訳ではないので、その辺りの理由は、正直よく分からないが、とにかく近辺の川で姿を見かけないのは確かだ。

 

そんなことを思っていた矢先、ナマズ釣りで遠方へ下見をしに出かけた折に、巨大なライギョを目撃!
とにかくデカイ!1mくらいあるモンスター。
久々に見ました。そんなデカイやつを。

 

近辺のナマズ釣りでは最大で70がほぼMAX。
それを遥かに上回るサイズは、福岡ではコイ、ソウギョ、ライギョくらいしかない。

 

そんな姿を目撃したその日は、釣りたい衝動がふつふつと込み上げた。

 

久々に釣りたい!! 日を改め、ライギョタックルに変えて再び出撃。

 

ポイントは、川幅が2mほどの護岸整備された河川。まさかこんな小さな場所に身を隠した巨大なライギョがいたとは…。

今回、使用したルアーは、エバーグリーンのダータフロッグ。
ポップ音を立てながら、耳を澄まして一極集中。

 

オーバーハングの隙間から、バホッという激しい音と共にルアーを一呑み!!

 

この手に伝わる重量感、やっぱりナマズとは顕かに引きが違う。

 

目撃した、モンスターのサイズにはほど遠いが、80オーバーをゲット!

 

十分楽しませてくれた。

 


ここはとにかく狭い場所。

フッキングした際に激しく抵抗し、バシャバシャと大きな音を立てる為に一匹釣れると後が続かないが、久々に満足のいくライギョ釣りが楽しめた。
これから、ナマズ以外にライギョ用のルアーもボチボチ増えていきそうです(笑)

新規開拓のスタート♪

今年のナマズ釣りもいよいよ終盤を迎えることになった。

 

去年に比べると、だいぶポイントが増え、釣りへ行って釣れない!   という事態も、だいぶ回避できるようになってきた。

しかし、やはり河川の水放流については、完全に干上がってしまう状態に何度も遭遇し、せっかく活性の上がった時期を見す見す逃してしまう不運に見舞われてしまう。

 

この辺りでは、本流の水が無くなると、それに影響を受けて支流や小川、水路も同じような状態になるようだ。
つまりポイントのほとんどがダメになってしまう訳だ。

 

こればっかりは、仕方ないのだが、どうしても同じエリアだと避けられない。日頃から、違う水系の河川や野池ポイントをたくさん開拓しておくしか、打つ手はないということが今年の教訓になった。

 

残り少ない釣行。

 

来年に向けて新規開拓の新たなスタートです♪

 
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

ナマズの捕食シーン

ナマズは、夜になると活発になり、浅瀬にまで餌を求めて徘徊して廻る。

ユーチューブ動画にも、ナマズが小魚を捕食しているシーンを撮影したものがあったので、

ここで、ちょっとお借りしてご紹介します。

 

ナマズのイメージというとスローな動きでしょうか?

 

普段から、ゆらりゆらりと泳いでいるように見えるけど、捕食する瞬間は、音を立てて激しく喰らいつく。

 

この瞬間的なスピードと激しい捕食には、驚いてしまう人も多いことだろう。

 

 

 

ナマズの習性を、垣間見ることのできるひとコマです。

 
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

ナマズ釣り ポイント

川釣り
ずいぶんと暑くなりました。例年、この時期になると、鯰たちは生息範囲を拡げる為に、広範囲に散らばります。

私の住む福岡のエリアでも例外ではなく、春や秋のように、1ケ所で爆発するようなことが少なくなり、連発では釣れなくなっていきます。

あと、個体数が、豊富に生息するような大きな河川であれば話しは別ですが、同じ場所に通い過ぎると、スレてしまい、更に釣れなくなる要因がそこにあるようです。

昨日も、自宅裏の宝満川へ行ってきましたが、突然というか、いきなりというか、先週まで、ある程度、活性が高かったのに、バイトが激減。一度、釣り上げたナマズは、警戒して、しばらくルアーには、反応しなくなります。

あちこちと、キャスティングをするものの、シーンと静まりかえった静寂の中で、カップ音だけが鳴り響きます。

そうなんです。夏は、ただでさえ1ケ所辺りの密度が乏しくなるので、同じ場所へ通うのはタブー。これはもう足で稼ぐ釣りにシフトチェンジするしかありません。

ナマズを釣るなら、

ずばり! スレていないナマズが溜まっている所を見つけること。

特に狙うべきポイントとして
ナマズナマズ2

①堰  ②水門

ナマズ3ナマズ4

②流れ込み  ③水草

ナマズ5ナマズ6

⑤ ゴミや枯れ草 ⑥橋下駄の廻り

⑦ 石底  ⑧コンクリートの下

などが上げられます。

夏場、特に日中は、涼しい所に身を隠しているので、日陰の場所に大抵潜んでいます。

夜は、ゴソゴソと動き出しますが、水の流れがある場所が、比較的、集まり易いようです。

昨日も、上記の場所を丹念に当たって、キャタピーで鯰をゲット。

しかし、この時期、バイトが1度きりのケースがほとんど。一発で喰いついたり、ド派手なバイトもあるにはあるが、やはり、春や秋と違い、3~4回と追い食いをしかけてこないようです。

最近、雑誌やネットの釣り情報で、どこどこで何が釣れたかを参考に、釣りに行かれる方も多いと思います。

ただ、一端、知れ渡ってしまうと、幅広く釣り人達が、その場所へ通い出す為に釣れにくくなるのは間違いない。同じような考えで、どっと押し寄せるのがその理由です。

たとえば、プロ級の人が、いつもそこで釣りまくっていたとしたら…。ただでさえ、魚が潜んでいるピンスポットを抑えていて、テクニックもある、そんな人が出入りしてたら、初心者にとって、そこでの釣りは厳しいものに成らざるおえない。

まさにビギナーズラックしかない。一般の人が釣り上げられる可能性は、あきらかに激減します。

もし数多く釣れるとしたら、情報が出回る最初のうちだけ。

だから、人から情報を聞いて、いくら通っても釣れない所は、早めに切り捨てて、場所を変えることをおすすめします。

情報では上がってこない所を、地図やグーグルなどの航空写真で目星をつけて、現地を確認しながら、鯰が生息しそうな場所を見つけ出す方が、次回からの釣りが楽になります。

「落ちパク」という言葉があるけど、ルアーを一度も通したことのないポイントへキャストすると、よく着地と同時にバッフって、喰いついてくることがある。これを「落ちパク」って言うけれど、そういった状況が味わえるのが開拓の醍醐味。

少し目線を変えると楽しくなります。

去年の秋、めったに行かない筑後川へ行った事をブログに書いたが、川がデカ過ぎて、どこで釣りをしたらよいやら。その時は、地図とグーグルの航空写真で確認して、流れ込みを発見し、初めての場所でも、ナマズがゲットできた。

ほんとに今は、便利な世の中。皆さんの住むエリアにも、小川、水路、支流、本流と数多くの河川が存在していると思います。

こういったツールを、どんどん利用すれば、自分だけの癒しスポットはきっと見つかる筈。

ぜひ、あなただけのポイントを見つけてみてはいかがでしょうか。

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村