「池」タグアーカイブ

友人と釣りへ

ここ福岡も今週は、20℃を超える日も数日あり、とても11月末とは思えぬポカポカとした陽気でした。しかし、そんな小春日和も束の間、師走に入った途端に、一段と寒くなり、確実に真冬へと向かっている事を吹き抜ける冷たい北風で感じている。

 

肝心の釣りはというと、個人的には終了宣言をしていたのですが、バス釣りの友人に誘われ、せっかくの誘いを断るのもなんですから、福岡市内にある某野池へ釣りに行って来ました。

 

しかし、今回は、鯰狙いというよりも、バスでも何でも釣れればOKという感じでしょうか!?最近は、トップの釣りばかりやっていましたが、今回は、ワームのキャロライナリグでボトムについているであろう魚を狙いにいきました。

 

ここで少し掻い摘んで説明するとキャロライナリグは、オープンウォーターで使うリグ。比較的水の綺麗な所で使用する為に考案されたリグで、シンカーの後ろにスイベルなどをはさみ、数cm – 数10cm程度リーダー(えさ釣りで言うところのハリス)を付けてシンカーとワームを放して使います。比較的重いシンカーを使うことが多く、深めを狙う時に使います。

 

 

 

特徴としては、テキサスとは違いノーシンカー状態のワームが予測不可能な動きをするので、スレた魚にも効果的であることが挙げられます。

 

キャロライナを使ったアクションの基本は、シンカーをボトムに着底させたらリールを巻かずにロッドを移動させ、シンカーを着底させたまま引っ張るように動かしてワームを動かすようします。すると、ワームはボトムの少し上をスイミングするようになります。

 

魚の目線の上を通すことで、ワームを口にしやすくなり、この仕掛けだとボトム付近を狙うには、有効だということが挙げられます。


今回の使用ワーム  *JACKALL DUMDUMHOG  3””

 

さてさて、現地に到着すると、思いのほか肌寒い様子。しかも通常の水位よりも随分と減っているのか、護岸のコンクリートにくっきりと満水時の跡が残っています。

 

日没後の夕方6時よりスタート。季節柄、日没直後が、一日のうちで1番水温が上がると言われている為、やはり急激な水温の低下を考えると短時間での勝負が必須条件となります。それ以上は、体力的に無理なので、はじめから2時間と時間を決めて釣りの開始となりました。

 

岸際を歩きながら、キャストし続けます。

 

たまにコツコツとした小さなアタリがあるが、なかなか喰わないようです。野池をほぼ一周し、時計を見ると1時間経過…。今日は、寒いからやっぱり無理かなぁ…。半ば諦めモードが脳裏に霞んだ矢先に…

 

ムムムム!? コツン!コツン!

 

ガーツーン!!

 

よっしゃ~!

 

きたぁ~!!

 

特望のヒット!

 

ラインを真横に、グイグイと引っ張りながら走る。しばらく、泳がせてからゆっくりランディング。

 

バスではなく、ふとっちょナマズでしたが、久々にロッドを伝わる感触がとても心地よかった。

今回、1匹のみで終了。せっかく誘ってくれた友人の方には申し訳なかったけれど、当の本人は、一緒に楽しい釣りができてご満悦のようだった。

来春は、こちらへ招いて、バスではなく、どっぷりナマズ釣りにハマッてもらいたいと思う。

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

ナマズを野池で釣る!の巻

毎年、河川を中心に、ナマズ釣りをやっているので、野池への釣行頻度は少ないのだが、時々、ふらっと出かけるようにしている。

なぜなら、ナマズたちが河川のように移動手段がない為、一箇所で留まった場所では、どうしてもスレやすいからだ。
しかし、川には、川の面白さが、野池には野池の面白さがあるような気がする。

去年の今頃は、かなり楽しめた場所があった。
農業用のため池。水抜きによって、一発でダメになるという不運に見舞われたけれども、10月に入ってからの1ケ月間は、2回もツ抜けを体験。河川の一級ポイントに引けをとらないくらいの爆釣りが楽しめた。

 

地図を見れば、福岡市だけでもかなりの野池が存在する。
私は、仕事が終わって会社へ帰る途中、ポイントを探すのがクセになっている。そんな仕事帰りに、たまたまナマズが泳いでいる野池を発見。

 

もちろん、その場は、現地の状況を確認しておいて、夕方からの釣行となる。野池は、周囲をぐるりと護岸整備されており、ポイントらしいポイントはあまりない。大抵、オープンウォーターでの釣りとなることが多い。

 

しかし、護岸の岸際に大きな樹木があったりして、その下に落ちてきた虫を狙ってついているやつが必ずいる。全体的には、小魚を狙っているものの方が多いのだろうが、中には、落ちてくる虫に味をしめて、こんな場所で虫ばかり喰っているやつもいるようだ。

 

今回のルアーは、クワイエットファンク:デカダンスフィー。

セミの形状のハネモノ。

 

周囲をぐるりと回る釣りではなく、狙いを定め、一極集中の釣りをメインにした。さすがに日が暮れた頃の野池は、人けもなく、少々薄気味悪い。

 

静かな池をルアーの音だけが響き渡る。
そんな沈黙を破って、足元まできたルアーを引き上げようとした瞬間!

 

「バフッ!!」

いきなりのヒット!!

ずっと後ろからついてきたのだろう。
野池は、よくこのパターンに見舞われるので、最後まで気を抜けない。

それから続けて2本。
やっぱり、樹木のオーバーハング下についていたようだ。

 

セミの鳴く季節も終わり告げる。

野池は至る所に存在するが、どこでもナマズが釣れる訳ではない。

 

付近にソフトルアーの袋やら、ゴミやら散らかっていたら、人の出入りが多い所。そんな場所は、魚がスレすぎて、誰でもまず難しい釣りを強いられることになることだろう。

 

やはり、人が見つけにくい、つまりプレッシャーの少ない野池を見つける事ができれば、以外と簡単に釣れるのが、今回のようなケースです。

 

地図でしかその存在が確認できにくい場所。そんな場所が当たると自分だけの穴場となるものです。
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

ナマズ釣り 攻略本


「ナマズ釣り大全」

今回は、ナマズ釣りに関する本のご紹介です。

これは、ナマズ釣りを専門にされる方なら、知っておられるか、または、購入されている方も多いかと思います。

ルアーによるバス釣りの攻略本は多いですが、ナマズ釣り専門は見たことないですね。

業界初?のはじめてのナマズ専門書。

初めて、ナマズ釣りをされる方の疑問の多くは、どんなロッドやリールを使えばいいのか? はたまたルアーは? ポイントは?

分からないことだらけですよね。

ナマズを釣るにはどうしたらいいの?
そんな素朴な疑問をこの一冊が、ナマズ釣り入門書として丁寧に解説してくれてます。

釣り場の探し方、春夏秋冬の季節ごとの釣り方、水路、河川などのスポットでの攻略方法、ルアー選び方などなど…。

初心者だけでなく、マニアにもジッターバグのルアー改造50連発など楽しめる記事が満載。

とても詳しく載せてくれてます。

↓ これから、ナマズ釣りを始めようとする方に、是非オススメの一冊です。

【送料無料】ナマズ釣り大全

【送料無料】ナマズ釣り大全
価格:1,500円(税込、送料別)

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

ナマズの生態

水面を割って、大きなバキューム音とともにルアーに飛びついてくるナマズ。このエキサイティングな釣りに魅了され、ナマズゲームを楽しむ人が年々増えてきました。

バス釣りの招かれざる外道として扱われていた魚も、最近では、表層ゲームと身近な河川で楽しめるというと理由から、熱烈なファンも多くなり、再び注目されてきました。

しかし、私たちの身近にいる魚ながら、その生態は以外に知られていないことも多い。ここでちょっと雑学を紹介します。

概要
ナマズは(マナマズ)日本に分布する3種類のナマズ属魚類の一種である。
他の2種(ビワコオオナマズ、イワトコナマズ)が琵琶湖と関連水系のみに生息する日本固有種であるのに対し、マナマズの分布は東アジア全域にわたり、日本においても現代では沖縄を除く全国各地の淡水域に幅広く分布している。

大きな体をくねらせてゆったりと泳ぎ、扁平な頭部と長い口ヒゲ、貪欲な食性を特徴とする本種は、古代から食用魚として漁獲されたほか、さまざまな文化に取り入れられた歴史をもつ。

日本では中世以降地震と関連付けられ、浮世絵をはじめとする絵画の題材にされるなどして、人間との関わりを深めてきた。

分布
現代の日本ではマナマズは沖縄諸島を除く全国に分布しているが、本来の生息域は西日本に限定されていたとみられている。縄文時代の貝塚など全国各地の遺跡から、ナマズ目魚類の骨格が出土しているものの、古い時代のものは滋賀県より西の地域に限られている。

一方で、『本朝食鑑』など複数の文献記録や、愛知県と東京都における江戸時代の遺跡から遺存体が見つかっていることなどから、マナマズは江戸時代中盤以降、人為的な移植によって東日本・東北地方・北海道に順次分布を広げていったと推察されている。

マナマズは水質汚濁には比較的強いが、河川や用水路の護岸化により繁殖場所を失い、日本での生息数は年々減少しているものとみられている

形態
マナマズの外観は大きく扁平な頭部と幅広い口、および長い口ヒゲによって特徴付けられ、これらはナマズ目の魚類全般に共通する特徴である。体は全体的に左右に平たく側扁するが、頭部は上下につぶれたように縦扁している。鱗がなく、体表はぬるぬるとした粘液で覆われている。

目は小さく背側寄りについており、腹側からは見えない(イワトコナマズの目は側面寄りで、腹側から見える)。体色や斑紋は変異に富み、個体によってさまざまである。全長60cm程度にまで成長し、一般に雌の方がやや大きい。

口ヒゲは上顎と下顎に1対ずつ、計4本ある。仔魚の段階では下顎にもう1対あり、計6本の口ヒゲをもつが、成長につれ消失する。下顎は上顎よりもわずかに長く突き出す。背鰭は小さいが、臀鰭の基底は非常に長く、尾鰭と連続する。外見だけで雌雄を鑑別することは難しいが、雄の尾鰭は中央部がやや凹んでいる。

生態
基本的に夜行性で、昼間は流れの緩やかな平野部の河川、池沼・湖の水底において、岩陰や水草の物陰に潜んでいる。感覚器として発達した口ヒゲを利用して餌を探し、ドジョウやタナゴなどの小魚、エビなどの甲殻類、昆虫、カエルなどの小動物を捕食する。

日本の淡水域の生態系では、食物連鎖の上位に位置するとみられる。一般的な活動水温は10-30℃の範囲とされ、冬期は泥の中や岩の間に隠れ、ほとんど動かない。

日本での繁殖期は5-6月が中心である。この時期になると群れをなして水田や湖岸など浅い水域に集まり、雄が雌の体に巻きつくという独特の繁殖行動の後、水草や水底に産卵する。卵の大きさは約3mmで黄緑色をしており、およそ2-3日で孵化する。

仔魚は孵化の翌日にはミジンコなどの餌をとるようになり、個体密度が高い場合は仲間の仔魚にも攻撃を加えるなど共食いが起こる。雄は2年、雌は3年程度で性成熟に達する。

釣り
ナマズを釣りの対象とする場合、その貪欲な性質を利用した「ぽかん釣り」と呼ばれる方法が用いられる。ぽかん釣りでは小型のカエルを釣り餌として、片足から吊り下げる形で釣り針に通して付け、水面で上下に動かすことでナマズを誘う。

ルアー釣りの場合は、夕方や朝まずめの時刻はスプーンやワーム、あるいはミノーを利用するとよい。夜間にはノイジー等の音を出すトップウォーター系のプラグがよい。餌を丸呑みにする性質があるので、針が喉の奥に刺さる場合が多く、針を抜くのが非常に困難である。したがって、針のカエシを潰した(バーブレス)うえで、ペンチなどを利用すると針を抜きやすい。昼にも釣ることができる。(Wikipedia参照 抜粋)

釣り場所
ナマズは、日本全国にいる淡水魚。琵琶湖に住むビワコオオナマズという1メートルを超える種類もいるが、ここで対象としているのは「マナマズ」と呼ばれる種類。日本中のほとんどの川や池に生息している。水温10℃以下の季節を除けば、いつでもターゲットとなる。

こんな場所に? というような以外な場所でもナマズはいる。

川幅が1メートル程度の、飛び越せるくらいの小川や水路にも生息しているので、こんなポイントは見逃せない。コイが生息しているところには、大抵ナマズがいる。

コイが通ったり、溜まったりしやすい場所は要チェック。自宅近くの小川を探してみると、以外な穴場を発見するかもしれません。

 

 

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

新春 ナマズ釣り

2011年になりました。正月の休みの間は、福岡は、ほとんど雪か雨の悪天候に見舞われ、積雪によって、山間や田んぼでは、あちらこちらと銀世界。例年よりもずいぶんと寒い季節になりました。

積雪の為、ナマズを釣りにいくタイミングがつかめません。
ほんとうに、マグレを期待するしかない! と冗談とは言い切れないくらいに、真冬の釣りは厳しい。
釣果もさることながら、寒さで体もかじかみ、心が先に折れてしまう。

しかし、その厳しい状況の中で得られる、一匹の成果は喜びもひとしお。
辛うじて晴天の日があったので、がんばって出撃しました。
久々に、ステテコ履いた(笑)

実は、年末は、雪が降っていたので、近くを選んで宝満川へコイ釣りに行ったが、とにかく風が強すぎて、寒さのあまり短時間でギブアップ。
マジで寒すぎです!!

ナマズをルアーで釣るとなると、更に難しくなる。せっかく釣りに行くからには、何とか釣り上げたい!! 狙うべき場所を考え、釣果的に脈のある農業用貯水池に決めた。

昨年夏に見つけて、70匹以上釣り上げた実績のある自称「なまず池」を頼りに新春の初ナマズを拝みに出かけた。

現地に到着した途端に、雪が降ってきた。筑紫野市内は、山からの吹き下りる風が冷たく、福岡市内に比べて、とにかく雪がよく積もる。帰りの心配をしなければならないくらいに降り出す。

路面凍結は恐ろしい。

あまり時間はない…。

到着してすぐに、水があまり動かず、温度変化のない場所でじっとしていて、北風や北西風を受けにくい場所。この風を避けることのできるナマズのいる場所を探してみた。
ここの池は、ワンド状の地形なので、北岸、風の影響のないポイントが狙い目だと思い、あちこち歩き回らず、ポイントを一本に絞ってキャスト。

ナマズの拠り所となるカバーを中心に、岩、倒木、テトラ、ブッシュ、枯れた水生植物などに付いていると信じて、ただひたすらキャスティングを続けた。

ゆっくりゆっくりと巻きながら…。

水面にモワッとした動き…。なんかいる…。

バフッ!! やっときました。

しかし、その後、鼻はズルズル、体の体調悪化。

ほんとの寝正月…。その代償は大きかった…。

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

ライギョ

昔はよく、川や池で見られたライギョ。台湾ドジョウ、カムルチーの種類に分かれ、その蛇のような独特な容姿と、又、小魚を主食としていたため、公害魚として人々に忌み嫌われ、減少の一途をたどることにつながりました。

しかし、ルアー釣りをされる方の中には、大きいもので1メートルを超すモンスターがいる為か、この猛烈な引きを何よりも釣りの醍醐味と称する、ライギョ専門のアングラーも多い。

この映像のライギョは、卵を守っている為か、自分より体が大きいなど、お構いなしに反撃を仕掛けてきます。

釣りをする時に、激しくルアーにアタックしてくるライギョ。そんなライギョの習性を垣間見れる一コマです。

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

ナマズ釣り 時間勝負

昨日は、少し気温も高く、風もやや暖かいようだったので、ナマズを狙いに、いつもの池へと向かった。やっぱり11月ともなると、トップウォーターゲームは、かなり厳しくなる。icon_razz.gif

DSCF3961

釣果を望むなら、昨日のような普段より少し温かい日のうち、一日のうち最も水温の上がる夕まずめの短時間に勝負をかける釣りとなってくる。

日が沈むと急激に気温は下がるが、実は、水中は一日のうちで一番暖かい。地域差もあるだろうが、ナマズの釣れるタイミングは、この辺りでは夕方5時半~6時半の間の1時間位がベストのようだ。icon_arrow.gificon_arrow.gif

見た目に似合わず、とても臆病なナマズへのアプローチはズバリ、驚かさないことに尽きる。
まずは、出来るだけ離れた位置からキャストし、超スロー引きで岸近くを狙う。このスローでもよく動くルアーが釣り人の攻め幅を広げてくれる。icon_biggrin.gif

ルアーをそんなに追うことのできない低活性の時期は、ルアー選択で釣果がきまる。バド系やハネモノ系は有効だ。

 

水面に引き波を立てながら音を発したり、引くだけでボディを左右に激しくよじりながら、クロールアクションをするので、ナマズにとっては、最大の魅力。釣り初心者の方でも簡単に使える。icon_rolleyes.gif


又、目が小さく、視力もあまりよくないといわれるナマズにとって、音はルアーの存在を知る上で重要な手掛かり。暗がりでのゲームは、なおさら重要度は増す。

今回は、どんぐりマウス:セクシーシャッドを使用した。

 

ガシャガシャという金属音と、ナマズルーになくてはならない要素の「引き波」。ルアー本体でなく、水を押し分けた結果として作られた引き波が、ナマズルアーの存在に気がつかせて誘い出す。

 

ナマズには、このうねりが有効だ。

岸を中心に何度も繰り返しキャストする。突如、「バシャッ!!」、10分経過した位にようやくきました~。しかし、派手なバキューム音とは裏腹にフッキングに至らず。貴重なチャンスをつかみ損ねた。

 

「う~ん残念!!」

その後も、「バフッ!!」と喰らいつくが、しかし、これまた乗らず…。icon_eek.gif

 

1時間経過。日が完全に暮れ、北風ぴゅーぴゅー。ぼちぼち帰ろうとした瞬間に、やっときました!!  40㎝ほどのやや小ぶりでしたが、ナマズをゲット!!


活性が低く、先月とは、あきらかに反応が違うのだが、少ないバイトの中でどうチャンスをつかむかがポイントになってくる季節のようです。icon_lol.gif

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

ナマズゲーム2  冬は近し

さて、前回、発見したナマズが沢山いる池。入れ食い状態が続き、久々に楽しいひとときを満喫したのでありました。しかし、あまり根詰めて通うと釣れなくなる可能性もあるので、しばらくこのポイントを休ませておりましたが、もうそろそろいい頃かな!?

という事で早速出かけてみたのであります。ここ数日、とても肌寒く、はたして思うような釣果を期待できるかどうか…。
土手の上から、しばらく池を眺めていると、いる!!  いる!!
大き目のナマズが一匹♪

肉眼でもはっきりナマズが確認できます♪ 岸に寄ってきています。体をかがめて、ゆっ~くりとルアーをキャスティング。ナマズの目前にトップを落としてやると、「バフッ」と一飲み!!
きた~っ!!   よっしゃ~っ!!   グイグイと引っ張ってくれます。水面まじかで体をくねらせながら抵抗し続けています。カバーに絡まないよう慎重に且つ、一気に引き上げた。

70㎝に少し足らないが、中々のサイズです♪ その後、もう一匹60㎝クラスがヒット!!
しかしその後はピタリとなくなった。
夕方は、極端に寒くて、鼻もズルズル。かなりヤバイ。

少しづつ近づいてくる冬の気配…。

今期までに何とか80㎝オーバーのナマズを目指したいところ。

時間との戦いです。

←ヒットルアーはこれ!!  スミス K.O.Zポッパー

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

ナマズゲーム ヒートアップ!!


最近まで、宝満川を中心に釣りをしていたけれど、川の水位が1m以上下がり、まったく釣りにならなくなった。代わりに筑紫郡のダムや池を中心に探していましたが、大野城市にある牛頸ダムなどは、相変わらず釣り人が多くて落ち着かない。又、付近の池も、人はいないが魚が釣れない…。

 

そういった理由で、「人が知らない釣れるポイント」を探し求めて、地図を片手に付近をくまなく探しておりました。そしてやっと隣接する町にひっそりと佇む、人目につかないポイントを見つたのであります!!

池の全面を蓮が覆い、周りは木々に囲まれ、静かに楽しむことができる絶好のポイントです。
そして、この日、首を長~くして待ちわびていましたが、とうとうデカイやつがヒットしました。

久々に70㎝クラスのナマズです。ヒットルアーは、スミスの2010年発売のポッパー型フロッグ。K.O.Zポッパー。アシが生えた浅瀬の足元付近できました。陸に上げ、撮影しやすい場所に移動中にフックが外れ、証拠写真がとれなかったが残念でしたが、中々のファイトぶりでした。

写真は、次にヒットした60㎝クラスです。餌になる小魚やエビなんかも豊富に生息しているせいか丸々と太り、結構なウェイト。その後もナマズ特有のバキューム音が静かな池に鳴り響き、次々に猛烈バイト炸裂!!

うっひゃ~!!   まさに入れ食い状態。久々の感動を味わえたのであります!!
ここは、釣り人が足を踏み入れた様子はまったくないようなので、大物狙いにまだまだ期待ができそうです♪

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村