「流れ込み」タグアーカイブ

ミニ・フロッグによるポカン釣り

a0001_011361_m

今年も田ぼに水が入り、田植えが始まりました。

 

フィールドに立つと、田ぼの至るところでカエルの鳴き声が大音声で聞こえて参ります。

 

この時期、田ぼのカエルが、ナマズの主食と言っても、おかしくはないくらい、沢山のカエルたちが、おたまじゃくしから卒業して、水路や河川へと旅だって行く。

 

さて、そんなカエルですが、ナマズ釣りでは、昔から「ポカン釣り」と言われる釣法があります。

 

ナマズのその貪欲な性質を利用した「ぽかん釣り」は、その昔、多摩川の中・下流の支流や農業用水路などで,ナマズの生息している水域で行った漁法だと伝えられています。

 

カエルの足に釣り糸を結び、そのまま針は尻から背中にかけて通し、水面をカエルが跳ね泳ぐように、ポチャン、ポチャンと音を立てて誘う釣り。

 

img345

釣りキチ三平の「ペンペン釣りとポカン釣り」でも、この釣り方が紹介されています。

 

けれども、今の時代、ルアーという便利なものがありますから、わざわざ生き物を捕まえて「ポカン釣り」をするのはナンセンス。

 

殺生をしてまで、釣りを楽しむには、ちとカエルには気の毒のような気がします。

 

もともと、雷魚やバス釣りなどに使われるフロッグ。ウィードポケットやブッシュの奥に潜むターゲットを狙うために開発されたものなので、フックが上向きで、ほぼどれもがウィードレス仕様。

 

捕食ベタなナマズには、通常のサイズで、且つフックが標準仕様のものはミスバイトが多く、総じてナマズ釣りには向いていない。

 

ノーマルタイプで使用するなら、口に収まる小サイズが断然いい。

 

そんなことで、アマガエルくらいのサイズで、カエルの疑似餌ルアーはないかと、釣り具屋で、いろいろ商品を物色していたら…。

 

ひとくちサイズがありました。

DSCF5315

Lure       GELLOG                全長:約4㎝

 

ポカン釣りは、古くから伝わる漁法であり、ナマズの習性を利用したナマズ釣り最強のメソッド。

 

次の釣行では、田んぼの水路を中心に、このルアーを使った、このポカン釣りを紹介したいと思います。

 
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

 
 

鯰を狙う場所  

DSCF39372

河川でナマズを釣る場合、岸際にブッシュなどのナマズの隠れ家的なものがあれば、ポイントも絞りやすく、一点集中で狙いやすいもの。

けれど、さしてポイントらしいものも何もないオープンウォーターの場合、一体どこを狙ったらいいものやら…。

 

とり合えず、闇雲にノイジー系プラグを投げ倒すしか思い浮かばないし…。

 

ナマズ釣りを始めたばかりの人なら、そんな疑問も少なからずあると思う。

 

 

まぁ、それはそれで、魚影が濃かったり、そこに居ついているナマズがいれば、何かしらの反応に答えてくれることも多いのだが…。

 

ただ、もっと効率よく狙うなら、排水口が上げられる。

 

河川というものはその多くが、いくつもの水路や支流などが合流し、本流へと流れ込みながら、下流へ進むにつれて徐々に大河の形地を形成してゆく。

 

ほとんどの 河川のコンクリート護岸には、水門の他にも、四角い形をした農業用排水や生活排水など注ぎ込む、開口部が設置されているところが見受けられる。

 

これは隣接する住宅街や田畑から出る、いわば生活用の排水。

 

水門は、釣り人の目につきやすいが排水口は見落としがち。 こんなところにあったのかと言われる場所に、直径1m位で小さく設置されていることも…。

 

それが、いわゆる多くの鯰釣り師が知っている、ナマズ釣りにおいての鉄板ポイントと言われるもの。

 

 

いいか~みんな、ここ大事だぞ~(笑)

 

 

とくに排水出口から、水が流れ出ている時がベター。

 

出口の真下で、生活雑飯やミミズや昆虫、カエルなどの餌が流れ落ちてくるのをナマズは、ずっとステイして待っている。

 

それに水が常に循環している為、酸素の供給も高い。つまり鯰だけでなく、鯰の餌となる小魚にとっても住みやすく、自然に集まってくる場所の為、行動を拡げるよりも楽に餌にありつける訳だ。

 

だから、ナマズが溜まっていれば、わずか数秒で勝負が決まることも多い。いわゆる落ちパクといわれるケースだ。

 

逆に、デメリットもあって、水深が浅すぎると釣り上げる際に、ナマズがヘッドシェイクやローリングでフックを外そうと必死に暴れて、激しい音を立ててしまうので、その音によって他のナマズが警戒してしまい、しばらく釣れなくなることがある。

 

水深があまりない場所なら、しばらく休ませることで、再び釣ることは可能なのだが、連続で釣れる場所となると、水深との関係も頭に入れておきたい。

 

DSCF2425

さて、そんな排水口だが、浅い場所なら、なんとなく、ナマズがそこにいるのが確認できる。

 

こんな感じて、底にへばりついたように、じっとしているヤツがいる。

 

DSCF5218

Flash -J   3″     Sベビーバス/オーロラ

この場所に、前回、紹介したこのソフトベイトを真上から落とし込み、ナマズの鼻っ面に直撃する。

 

 

このルアーは、見た目を小魚に似せているだけではなく、ローリングでのフラッシングに加え、テールがナチュラルに振れて、効果的なアピールを与えることができる。

 

 

が、しかし…。

 

 

そんな小賢しいテクニックなど必要もなく、やはりフォール途端に反射食い。

 

 

わずか1秒。

 

 

その河川に存在する排水口だけを探し出し、それだけを一点集中で虱潰しに当たっていく。

 

 

これが河川において、鯰アングラーの多くが、効率よくナマズを狙う為に使うメソッドのひとつです。

 

DSCF5243

 

 
 
 
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

10月も半ば

DSCF4576

 

早いもので、もう10月の半ばに突入。

 

カレンダーを3枚めくれば、今年も終わるんですよね。

 

月日が過ぎるのは実に早いものです。

 

自宅近くの川の土手には、いつの間にやら色鮮やかなコスモスの花が咲き乱れ、秋の訪れをより一層身近に感じるようになった。

 

前回釣りに出かけてから、早1ケ月経過…。

 

ほとんど、月一の釣行となってしまった今年のナマズ釣り。

 

 

以前の記事にも書いている通り、ハンドメイド等…あれこれと、妄想だけが膨らみ続けたけれども、実際のところ、あれもしたい、これもしたい、という想いとは裏腹に、多忙な日々に追われ、のんびり余暇を楽しむ時間も余裕も、最近では、ずいぶんと久しくなった。

 

少し前までは、釣りに行けない…。それ自体がストレスに感じているところだったが、でも考えようによっては、仕事で忙しいという事は、それはそれで、家族も何不自由なく平穏無事に過ごせている訳だから、感謝しないといけないのではないかと、こんな状況になってから、いろんなことを思い返すようになった。

 

 

だから、ようやく取れた休日に、朝早くから、釣りに出かけ、静寂な川でひとり竿を振れることは、幸せなことで、今は、そんな貴重な時間を持てることを何よりも大切に思っている。

 

 

さて今朝は、5時半起床。

 

辺りは、まだ暗い。

 

夜が明ければ、ジョギングや散歩をする人たちが、河川敷にたくさん行き交うから、日の出までの間までと時間を決めて出撃開始。

今回使用したルアーは、ジッターバグ。

 

 

流れ込みについたナマズを狙ってみることに。

 

 

 

10分ほど車を走らせて現地に到着。

 

 

土手をくだって流れ込みを覗き込んでみると、なぜか水がまったく流れていない。

 

 

普段、排水口から満弁なく流れ出ているというのに、今日はどういう訳か、止まっている。

 

 

あちゃー…。

 

 

この場所のナマズは、もう散っているかもなぁ…。

 

 

 

なんて、思いながら、とりあえず、ルアーを投げてみると…。

 

 

「バフッ」

 
DSCF4569
 

一発で喰ってきました。デッカイ捕食音を立てて、ちっちゃいやつが(笑)

 

 

ずっと、ここにへばりついていたんだな。

 

 

 

そして、2発目。

 

今度は、さっきの倍くらいのが喰いついてきた。

 

しかも、丸のみしている。

 
DSCF4571
 

流れも止まり、餌となる小魚もいない中、ずっとココで獲物を待ち伏せしていたのでしょう。

 

DSCF4574

 
思いっきり飲み込んだのに、偽物つかまされて。

ひもじかったろうに、ゴメンな…。

ナマズの捕食シーン

ナマズは、夜になると活発になり、浅瀬にまで餌を求めて徘徊して廻る。

ユーチューブ動画にも、ナマズが小魚を捕食しているシーンを撮影したものがあったので、

ここで、ちょっとお借りしてご紹介します。

 

ナマズのイメージというとスローな動きでしょうか?

 

普段から、ゆらりゆらりと泳いでいるように見えるけど、捕食する瞬間は、音を立てて激しく喰らいつく。

 

この瞬間的なスピードと激しい捕食には、驚いてしまう人も多いことだろう。

 

 

 

ナマズの習性を、垣間見ることのできるひとコマです。

 
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

ナマズ釣り 街中にあるスポット


ナマズ釣りというと、大きな河川の大場所が1番釣れると思われがちですが、支流や水路のような小場所も、実はあなどれないスポット。

ここは、街中にある小さな繁華街。 その街中を川幅が2m程度の小さな川が流れています。この中心地を流れる川は、いくつもある多々良川水系の支流。

川の周りには、街灯もあるし、川には水門やゴミなど狙い目、満載。


この川には、ご覧のように生活用水が流れ込んでいます。ここは、俗に言うドブ川。お世辞でも綺麗な川と言える代物ではない。

でも、この川見たら、ちょっとそそられるのは、私だけではない筈。

変態ではありませんよ(笑)


鯰人なら、ピンとくる、まさしくナマズがつきそうなポイントなのであります。

排水の真下。ゴミの下などは、だいたいナマズがついています。

おそらく、ここは誰も釣り糸を垂れたことはない筈。なぜなら人通りが多く、日中は、恥ずかしいから(笑)

だから、狙いは日没後。

狭い場所なので、1時間も釣れば大抵結果が出る。そして、短時間勝負の結果は

ヒットルアー:ナマジー

意外な穴場は、私たちが普段、気にもとめない所にもあるものです。

気になる所は、とにかく試してみること。

あと夜は、周囲の迷惑にならないように静かに釣りを楽しんでみて。

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

ナマズが釣れるポイント

セミの鳴き声も激しい季節。早いもので明日からもう8月なんですね。
本格的な暑さに突入し、ナマズたちも河川のあちこちに拡散。釣りも季節柄、厳しくなってきました。

この時期ナマズを釣り上げるには、もう足で稼ぐしかありません。しかし、闇雲に撃ちまくっても、ナマズたちはどこにいるやら…。
バイトも無く今日もボウズ…。なんてことは、この時期よくある話し。

さて、今回は、ポイントを絞ってナマズを狙いました。

ポイントは3カ所。流れ込みに溜まるナマズです。

写真① 水門の出口

写真① 水門の出口

 

水門は、雨量によって、水量が調整されています。

この写真の白泡の真下は、50cmほど段差が付いています。

この段差の下にナマズが大抵ついています。餌が流れてくるのを今か今かと待ち構えているかのようです。

ここに、フラホッパーを黄色の位置から落して、水の流れに任せて落し込みます。餌となる虫が流れ落ちてくるかのような感じでしょうか。

白泡の水流に一端は巻きこまれ、ルアーの後ろに取り付けてあるスカートがひらひらとめくり上がりながら浮上してきます。

この時、ナマズがついている場合は、一発で喰いついてくるというパターンに何度も遭遇しました。

捕食音に似たポップ音と特徴的なスプラッシュでナマズを誘う事で知られるフラホッパーですが、個人的には、落ちパクによるヒットが一番多かったルアーです。


 ここでは、2匹ゲット。

このような場所では、フラホッパーの特徴が最大限に発揮されます。

 

 

写真②   排水口

写真②   排水口


ここは、排水口から落ちる水の廻りの白泡、この廻りにもナマズはついています。

使用ルアーは、ジッタースティックです。このルアーの場合は、黄色にキャストします。
そして、この白泡が出ている赤色まで、引き寄せます。

後は、そのまま水流の勢いを利用して、後部についているペラを自然回転させます。

流されて後方までいけば、時折、シャクリ上げながら、また同じ場所まで引き寄せます。ここでは、1匹ゲットbou_01.gif

写真③ 堰付近の浅瀬

 写真③ 堰付近の浅瀬


そして、3つ目は、ご覧のように日中は水底が見えており、こんな浅瀬でナマズが釣れるとは、にわかに信じられないかもしれない。

しかし、ここが、釣れる or 釣れないの分かれ道。

見落としてはならない場所です。

20cmの浅瀬でも、堰付近の流れ込みなら夜はトップで釣れる!

黄色にキャストし、赤色でヒット。ルアーは、ジョイントジッター。

ここで上げた3箇所のポイントは、エリアを問わず、どこの河川でも似たような場所を見かける筈です。
魚影の濃さは場所によって異なりますが、つきやすい場所は先に上げた通り、だいたい決まっています。

最近、巷では、ナマズ釣りが人気のようで、コンスタントに釣果を上げている人たちが大勢おられます。
中には年間200~300匹を超える猛者もいるほど。

恐らく、そのほとんどの方は、ナマズが付いているであろう場所を経験によって把握しており、それに加え、ナマズ釣りの情報交換によって新規ポイントの開拓も盛んです。

皆、一様にナマズがいる所をぷんぷんと嗅ぎわける。
そして夜な夜などこまでも追い続ける姿は、まさに、犯人を追うデカ!? なのであります(笑)

感動の1匹を釣り上げる為に、そういった”釣れる情報”をネットでどんどん手に入れながら、お近くの場所で独自のポイントを開拓してみてはいかがでしょうか。

 
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

ナマズ釣り ジッタースティックで釣る!の巻

今回は、ジッタースティックの検証です。

昨晩、自宅裏の川へ鯰釣りに行って来ました。ポイントは、堰と流れ込み。

水流を使って、スティックの長所を最大限に引き出し、鯰をおびき寄せるのが狙い。

ジッタースティックの動きは、ベイトフィッシュが、体を揺らしながら、尻尾を高速で振り、全力で川へ上ろうとする姿を彷彿とさせる。

このリアルな動きは、やはり流れのある所でやらないと、言葉では、なかなか理解できない。流れの速い所の中には、水流が上下に渦を巻いている箇所がある。

ルアーが流されるようで、流されない所。
上から下へ、流れとは逆方向に水流が回転しているので、そのような現象が起こる。

そういった場所だと、ジッタースティックの動きが、妙にリアルさを増す。

金属カップに水流があたり、体が左右に揺さぶられる。それに加え、スイッシャーのペラに、この水流があたり、まるで水車のように水が巡回し、ペラが高速で回転する。

これが、体を左右に揺らし、尻尾を高速で振りながら、川を登ろうとするベイトフィッシュの姿を演出する。

通常のベタの流れでは、ここまでの動きは出せない。

この付近の堰や水門では、ペンシルやミノー系の動きに、鯰が過剰に反応する。おそらく、機能的には、このスティックの方が断然上をいく為、予想通りの展開となった。



ポイントは、3ケ所。堰と排水口の流れ込み。



バスプロの中でも、1番釣れるルアーは?の問い掛けに、その名を上げる人も多い、このジッタースティック。

ナマズ釣りにも、使い方ひとつで、想像以上の実力を発揮する。

昨夜は、9匹ゲット。その真価を垣間見た一夜となった。

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村