「熊本県」タグアーカイブ

九州のフィールドを巡る旅  熊本

DSCF5906

前回の長崎釣行から、もう1ケ月以上も経過してしまいました。

 

あれから、釣りへのモチベーションは、常にMAXをキープしつつも、最近は、なんやかんやとやることが多過ぎて、中々、釣りに出かける時間が捻出できませんでしたが、ようやく日程の調整がつきました。

 

今回は、熊本県。

 

熊本には、去年から、ナマズ料理を新メニューを取り入れた川魚専門店があることを最近知って、「これは、行っとかないと、シーズンが終わったら、食べられなくなる!」

 

ということで、グルメ好きな友人と一緒に、ポイントのリサーチを兼ねて、行って来たのであります。同行した友人は、釣りはやらないので、道中は、退屈しないように観光をメインにしつつ、横目で河川を追いながら、ポイントの下見となります。これ結構、難しい荒技です(笑)

 

DSCF5957

さて、ここ「かわ専」さんは、ウナギが美味しいと評判のようで、昼間は、平日でもお客さんが入口で待っているくらい、とっても繁盛しているお店のようです。

 

中央の個室に通されました。ふすまを開けると、堀ごたつのテーブル。

 

DSCF5946

テーブルにある、メニュー表を見ると、ナマズ料理の文字。ただ、料理は単品なんで、大川の三川屋さんのように、コース料理はないようです。なので、ウナギ定食と合わせて注文をすることに。

 

DSCF5949

しばらくすると、まず最初に、ナマズの刺身が来ました。色鮮やかなピンク色が食欲をそそります。正直、これがナマズだと言わなかったら、ほとんどの人が分からないんじゃないでしょうか。口に入れるとプリプリとした触感。この触感!たまりません。

DSCF5952

お次は、なまずの唐揚げ。アツアツの揚げたて唐揚げをつゆにつけて食べてみます。

とても柔らかくて、口の中で、とろける美味しさ。うまみが拡がります。

ナマズ釣りをやらない一般の人からすると、ナマズのネーミングだけで、顔をしかめる人もいるようですが、そのお味は、きっと想像つかないんじゃないでしょうか。

 

それから、ウナギ料理がきました。

 

DSCF5953

ウナギは、絶滅危惧種に指定されて以来、価格が高騰し、贅沢な料理になってきましたけど、やっぱり、平日に沢山、お客さんが入っているのをみると、美味しければ、高いお金出しても、食べにいきたいものなんです。

 

あと、すっぽん料理なんかもあったけど、あんまり元気になりすぎて、仕事で過労死してはいけませんから、この辺で(笑)

 

満腹になったあとは、歴史の散策です。

 

熊本市から阿蘇へと向かいます。天気に恵まれ、最高のドライブ日和です。

DSCF5961

1時間ちょっとで、阿蘇にある「阿蘇神社」に到着。参拝し、ブラブラと境内や近くのお店を覗いて周ります。

DSCF5959

ある程度、満喫してから、一路、再び熊本市内へ。ようやく本題に入ります。

 

 

熊本市内には、「鯰」の地名が入った場所があったので、ちょっと寄ってみました。

1415611352323

「鯰」って書いてあるくらいだから、鯰が釣れまくるだろう。

 

って、誰しも単純に思ってしまいそうですが…。

 

田んぼの周りに水路があるけれど、魚の生態反応が全くない。そんな甘いものではありませんねー(笑)

 

DSCF5862

ロケーションは、いいけど、かなり釣れなさそうです。

 

そうこうしているうちに、収穫もなく、日没も迫ってきたので、この日は終了。

 

 

やっぱり、グルメとか歴史散策とか入れたら、ポイントは周れませんよねー(笑)

 

 

そして昨晩、シーズンも終わってしまうので、ぶっつけ本番で、仕事が終わってから再び行って来ました。

 

 

熊本市内を流れる某河川。事前にグーグルアースでポイントを絞り、ポイントへ直行。

 

 

初めての場所で、ナマズを狙う場合は、やっぱりここだけを狙うのがいいですね。

 

 

それは、排水口の真下。

 

 

このあたりも例外ではなくて、家屋が河川のすぐ傍に隣接しているような排水口には、高確率でナマズがついてついているって感じ。

 

 

DSCF5903

 

DSCF5876

 

DSCF5911

たて続けに、ナマズがヒット!

 

ふ~、ボウズを免れました。

 

やっぱり、高速使って、ボウズじゃ悲しすぎますからね。

 

時刻をみれば、もう21時。帰りの道中が長いのがちょっとネック。

 

やっぱり昼間に釣りたかったなぁ。

 
 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村