タグ別アーカイブ: 生態

魚の警戒心

a0001_013539_m

 

同じ魚でも長く生きている大きな魚のほうが警戒心が強くなるのでしょうか?

 

ヤフーの知恵袋を見ると、上の質問に対して、いくつかの回答が寄せられていました。

 

その中のひとつに

 

> 長く生きることで、賢く警戒心も強くなったということもあるでしょうし、逆に警戒心が強かったからこそ長生きでき、大きくもなれたとも言えるでしょう。

 

また、魚種によっては、小型の魚と大型の魚ではいる場所が異なる場合もあります。
当然ながら大物のいないところを釣っていたのでは、なかなか大物には巡り合えません。大物を釣るには大物を知ることが大切です。…。

 

とあります。

 

 

よくよく考えるとそうかもしれないなぁと読んでて思いました。

 

というのも、ことナマズ釣りに関して言えば、案外思い当たるフシがあります、小型のナマズが釣れるところでは、立て続けに小型のナマズばかりが釣れるケース。小型と大型では、釣果的に見ると、なんとなくですが若干、生息域が違う気もしてくる。

 

 

ナマズ釣りをしている人はよく分かると思いますけど、ナマズという魚は、何匹も連なり行動を共にしていることがあります。

 

こういった場所にルアーを投げ込むと、大抵、立て続けに釣れることがあるんですけど、これはやっぱり、年齢的に若く、経験値が低いからなのでしょう。小型の魚には、この辺は、よく当てはまる気がします。

 

しかし、これが70オーバーなんかのデカいやつになってくると、一匹釣れると、立て続けになんて、そうそう、うまくはいかない。

 

一度釣られた魚は、リリースした時、体から危険シグナルの分泌物を出し、他の魚に知らせる。その為、同じ場所で一匹、釣り上げると、あとが続かないことがよくある。釣れない理由のひとつにはそういった事もあるからだと、そんなことが何かに書いてあったけど、

 

もしそれが本当なら、危険をかいくぐり長生きした魚ほど、そのシグナルを察知しやすいからなのかもしれませんね。

 

DSCF2741

例えば、この辺りのダムとか野池に行くと、3ケタくらいは爆発するくらい釣れてしまうブルーギル。

 

一見、入れ食いが当たり前のような、このブルーギルですが、そういった警戒心がぜんぜんなさそうな魚でさえも、30センチくらいの大型のブルーギルになると、また話しは別に。

 

昔、一度だけ、そんなビッグサイズを釣ったことがあるけれど、個体数が少ないのもさることながら、警戒心が強く、なかなか手にすることができなかった。

 

 

警戒心というのは、やっぱり魚の種類も関係している。

 

 

渓流はさておき、他にも、たとえば雷魚。

 

DSCF5153-1024x768

あの雷魚は、グロテスクな風貌とは裏腹に、かなり警戒心が強い魚だ。

 

 

最大で1m以上にもなる訳だから、人の出入りが激しいところ程、そのサイズになるまでには、かなりの経験値が蓄積されている為、ちょっとやそっとじゃ釣れてはくれない。

 

他にもヘラとか、餌釣りをする人はよく分かる話しだけれど、ハリスの大きさやラインの細さを非常に気にする。これは単純に魚から、それを見切られないようにすることに尽きる。

 

 

だから、大物を釣るというのは、それだけ難しい。だからこそ、その難関をクリアーして、貴重な一匹を手にすることをすることを釣り人は夢見る。

 

 

釣りって、どこが面白いの?  釣りをやらない人からよく聞かれることなんだけれど、

 

TV番組で端的に表現したタイトルがある。

 

「釣りロマンを求めて」

 

 

釣りとは、釣り人にとって、まさに浪漫そのもの。

 

 

全ては、その言葉に凝縮されている気がいたします。

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

 

ガサガサ

DSCF5594
水辺の生物を探しに行ってきました。

結論から言うと、お目当ての「ミズカマキリ」や「タガメ」「タイコウチ」などの昆虫は、見つけられなかった。

やはり、私たちが子供の頃に捕っていた場所、つまり自然に出来た湿地帯のようなロケーションが周りにないので、それ以外に何処あたりを探していいのか、見当がつかなかったのが理由のひとつだった。

DSCF5579

DSCF5574

DSCF5570

DSCF5563

今回は取り敢えず、田んぼや畑の周辺をくまなく調査。

DSCF5562

DSCF5580

 

DSCF5566

DSCF5581

DSCF5641

DSCF5609

DSCF5583

ザリガニ、カエル、オタマジャクシ、ヤゴ、カマツカ、ドンコ、メダカ、カワエビ、コイの稚魚etc…などを採取。

ゲンゴロウは、田んぼで2匹ほど見つかった。

 

DSCF5615

それから途中、5センチほどのナマズの稚魚を3匹ほど見つけたけれど、そのうち1匹は、自分と同じ大きさの錦コイの稚魚を食べてる。

やはりナマズの動きは早いですね。丸呑みしてるのに、まったくアミの動きがついていかない(笑)

DSCF5570

DSCF5616

DSCF5602

平日に大の大人が2人で、ジャブジャブと田んぼや川に入って水遊びしているものだから、農家の人やら、仕事途中の人やらが、立ち止まって、何をしているのか訪ねてくるくる(笑)

DSCF5645

夏の日差しは眩しくて、緑が蒼々と輝いています。
やっぱり、いくつになっても自然に触れながら、川で遊ぶのは楽しいものです。

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

 

メダカが伝えること

DSCF5322

今から2年前、私の行く河川では8ケ月もの間、護岸工事の為、人為的に水が無くなって完全に干上がっていました。

 

渇いた川砂の中に小さな水溜まりが出来ていて、その中でメダカが必死で生き延びていました。今、そのメダカは、3代目と続き、現在、家の水槽で飼っています。

 

人の手によってライフラインが整備されて、私たちの生活が向上していくのは有り難いことですが、その陰で生物が生存できずに姿を消していくところまでは、やっぱり身近な川に出入りする者にしか、その光景を目の当たりにすることが出来ないのかもしれない。

 

今の時代は、人為的に工事が行われている以上、人為的に生き物を守る必要性があるように思う。

 

私が子供の頃は、まだまだ美しい川魚が沢山、生息していた。ホタルもたくさん飛んでいました。

 

乱獲することもなく、自然との共生は誰に教えてもらうわけでもなく自然で当たり前のことだった。

 

ところが今は…。

 

少し前、TVを見ていると、ウナギが絶滅危惧に指定されたという報道が流れていた。

 

今まで際限なく捕獲され続けたウナギでさえ、絶滅危惧種の魚に指定される今はそんな時代。もっと前に手を打てなかったのだろうか…。

 

ニュースを見ながら複雑な心境に駆られる。

 

 

近頃では、水の事故があると、親や先生は、子供たちに川へ近づくなと言う。

 

今は、川へ飛び込んで、遊んでいた我々の時代とは、明らかに違うのだ。

子供同士では禁止されている以上、親が積極的に水遊びや魚釣りに連れて行くなどしなければ、現代の子供たちには、川との接点はない。

 

きっと、そういった川での経験や体験を通してないと、川の生き物への感心を持つこともなく、絶滅危惧種に指定されたところで、「あぁそうですか」と言う返答しか返ってくることもないだろう。

 

自然との共生を考え、後世の人たちに、この自然という素晴らしい財産をバトンで繋いでゆく事は、我々、釣りをする者や釣りのブログで情報を発信する者にとって、とても重要なことではないだろうか。

 

DSCF5320

 
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

ほどほど

a1130_000235_m

梅雨に入ってから、あまり雨が降らない時期が続いていましたけど、台風以来、ようやく雨が降る機会も多くなりました。

 

でも、もうそろそろ梅雨明けするでしょうから、それを過ぎたら完全に夏シーズン到来です。

 

気温も35℃以上の日も多くなり、日中は、暑くて釣りに出かける気力がほとんど無くなってしまうというのが例年の話。

 

人間もそうですけど、魚にとっても、やはり、水温が高すぎるのは体の方が参るようで、喰いがかなり落ちてきます。

 

なぜ、喰いが落ちるのか?  ちょっと調べてみると…。

 

以前、こんなのがニュースで出ていました。↓

 

ため池のコイなど2千匹死ぬ 福岡、水温上昇で酸欠か

「福岡県行橋市稲童にある農業用ため池・石堂池で20日、約2千匹のコイやフナが死んでいるのが見つかった。市環境課が池の水を調べたところ、毒物などはなかったが、水温が34度あった。環境課と保健所は、猛暑と少雨で水温が上がり、酸欠で死んだとみている。

 

石堂池は広さ約4・5ヘクタール。少雨と猛暑の影響で水位が下がり、岸近くに浮いていた魚のなかには体長40センチ以上のコイもあった。近くの男性は「4、5日前から増え始めた。こんなに大量に死ぬのは珍しい」と話した。 」という。

 

他にも
神奈川県の千ノ川、中流の2.5km間に、大漁の魚の死骸が見つかる。

この川に生息する、ボラ、ハゼ、コブナなど、その数は数千匹に及び、特に魚の死骸が多かった場所の水質検査をしたところ…。

 

ここでは、ヒ素やシアンの有害物質は、検出されず、水中の酸素も異常がなかったという。

 

ではなぜ水質検査では正常だったのに、魚が大量死したのか??

 

現場は、魚の死体が発見される一週間前、台風による大雨に見舞われています。
川底に溜まっているヘドロが攪拌(かくはん)されれば、水中の酸素量が減ってしまうという。

 

またヘドロは、酸素と強烈に結びつく硫化水素を含んでいるため、吸い込むと体内の酸素も奪われてしまう。実は、この台風に起因する「魚大量死」は、これまでにも至るところで起きている。

 

水質検査で異常が出なかったのは、専門家の意見からすると、採水した地点が問題で、川の水は、常に流れて移動している為、魚の死体発見後に採水しにいっても、もう遅いらしいのです。

 

全国では、暑い季節に入ると、こういったケースをよく耳にするけれど、魚が大量死する原因としてまとめると、

 

① 水中の酸素低下

② 水の異常な温度変化

③ 細菌や伝染病の感染

 

などが事例として報告されています。

 

特に①②の水中の酸素低下と温度変化は、魚の大量死がない場合でも、なんらかの形で魚の活性を妨げるものでしょうから、食いが落ちるのは当然のことかもしれません。

 

そう考えると、暑さというものには、生き物が順応できる限度みたいなものがありますから、釣りをする「人」も「魚」もやっぱり、ほどほどの温度が大切ですね。

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

ダム湖の鯰

a1370_000101_m

先日、バス釣りをしている方と話しをする機会がありました。

 

この方、いつもダムのおかっぱりでバス釣りをされているんですが、私がナマズ釣りをしているということもあり、地元の情報を教えてくれました。

 

この話しに出てきたダムは、バス釣りの他にも、ヘラ師かコイ師も来る場所。

 

実は、このダムで巨大なナマズをコイ師が釣り損なったという。手元に寄せた時に、巨大なナマズを見たというのだ。

 

それも1mには足らないが、それに近い巨大ナマズ。

 

実際に、ビワコオオナマズでもない限り、そんなナマズがいるのか?

話しを聞いても、にわかに信じられなかったのだが…。

 

20121116200319eb2

昨年、ネットの岐阜県新聞Webの10月27日の記事に、体長1mk巨大ナマズが水路で捕獲されたという驚きの内容が載っていました。

 

通常、1mを超える大ナマズというと、琵琶湖・淀川水系のみに生息するというビワコオオナマズを連想しますが、今回、岐阜県内の水路で捕れたということから推測するとマナマズではないかと思われる。

 

昔は、琵琶湖の漁業者は、本種を単に「オオナマズ」と呼称していたが、関東の利根川水系でも時に1mを超えるマナマズが漁獲されたことから、区別のために「ビワコオオナマズ」の標準和名が与えられたと言われている。
過去に利根川水系で1mを超えるマナマズが捕獲されている事例があるということから、環境次第で、マナマズは1m以上にも成長するというのはやはり真実のようです。

 

小生も昔、ダムに生息するナマズを狙っていた時期があります。水深がある為、ゲイリーのソフトベイトをメインに狙い、大きくても、だいたいサイズは60足らず。

 

河川のナマズのサイズとは、それほど大差はないような気がしていました。

 

しかし、よくよく考えてみると、ダム湖というのは、河川に比べて、大雨による激流などにより住処を奪われる心配もなく、唯一、心配されるとすれば、干ばつによる影響のみ。

 

鯰は、淡水魚の中でも一番長生きする魚。コイは40年。ナマズは60年の寿命と言われる。

 

ナマズという魚は、特に環境の影響もなく、酸素の供給や餌が豊富にある場所であるならば、際限なく成長し続けると聞きます。

 

つまり、ダムのような場所であれば、もう何十年も、水が干上がる事もなく、生息しやすいような好条件が重なれば、長生きすることで、必然的にサイズが大きくなるのではないでしょうか。

 

今回の話しは、自分が目撃した訳でもないので、実際の大きさがどれだけのものか定かではありませんが、ビッグサイズを狙う選択肢のひとつとして、ダム湖に生息しているナマズを狙うのもアリではないか、そんな風に感じています。

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

梅雨の季節

a1370_000189_m

世間では、ジメジメとした日が続き、うっとおしく思われるこの季節。

 

そんな「梅雨」という季節がまたやって参りました。

 

連日、降り続く雨に少々嫌気が指し、人々に忌み嫌われるそんな「梅雨」ですが、この季節を誰よりも待ち遠しく感じられる人は、恐らく、変態だと思われても仕方ないかもしれませんね(笑)

 

深夜に警察に職質されようが、梅雨だろうが、台風だろうが、もろともせず、ナマズを求めて勇敢に立ち向かう姿は、私たちナマズ屋からすると至極あたり前のこと。

 

しかし、世間一般の人々には、さっぱり理解できないことであることは、疑いのよちもありません(笑)

 

なぜ山に登るのか?

 

エベレストに挑みエベレストで死んだジョージ・マロリーは「なぜ山に 登るのか」というこの問い掛けに

 

「そこに山があるから(Because,it is there)」というカッチョイイセリフ で答えたという。

 

然らば

 

なぜナマズを釣りに行くのか?

 

そこにナマズがいるから(笑)  

 

 

さて、そんな梅雨ですが

 

 

 


例年の梅雨入りはこれ ↓

無題

平成26年、九州北部では 梅雨入りは6月2日頃。 昨年より3日早く、例年より6日遅い。

 

九州のフィールドの中には、普段は川の水量が少なく、梅雨の時期にある程度、まとまった雨が降ると、水位が上昇し、下流から一気に遡上してくるナマズたちがいます。

 

ハイシーズン到来は地域の環境によって、まったく異なるようです。

 

そういった遡上ナマズを狙える、梅雨のシーズンは、個人的には待ち遠しい季節のひとつになります。

 

DSCF2595

アルビノナマズ 体色の変化

DSCF0840

ナマズという魚は、廻りの環境によって、体色が変化すると言われる。

 

この下の写真は、以前、私が釣ったナマズだが、2匹とも同じナマズなのに体色が若干違う。

 

恐らく、釣れた場所の環境が大きく関係していると思われる。

 

 

DSCF2556

上が比較的、水質が綺麗な場所で釣れたナマズ。

 

DSCF3976

もう一方は、水質が悪い川。

 

生き物は外敵から身を守るために、体色を周りの色に同化させることができるものも少なくない。

 

ここで、ひとつの疑問が起こる。

 

自然界ではごくまれに、生まれた時から全身の色素がなく、体色が白いものや金色になった“アルビノ”の生きものが現れる。

 

アルビノは、メラニン色素の生合成に関わる遺伝情報の欠損等の突然変異が原因で発現すると言われる。

 

では、この自然界で発生した、この「アルビノ」と言われる黄金ナマズの体色は、環境の変化があっても、ずっとそのままの姿なのだろうか?

 

少々気になってネットで調べていると、ある面白い記事を発見した。

 

537

黄金ナマズの今にせまる! – 秋田・男鹿水族館 GAO http://goldnews.jp/photo/tohoku/entry-2304.html

 

この黄金ナマズの体色変化の明確な理由は、見つかっていないが、やはり環境によって体色が変化しているのは確かだろう。

 

せっかくの黄金ナマズなのに、普通の体色に戻ってしまうなんて、なんだか勿体ない気がしますね。

 

ナマズの捕食シーン

ナマズは、夜になると活発になり、浅瀬にまで餌を求めて徘徊して廻る。

ユーチューブ動画にも、ナマズが小魚を捕食しているシーンを撮影したものがあったので、

ここで、ちょっとお借りしてご紹介します。

 

ナマズのイメージというとスローな動きでしょうか?

 

普段から、ゆらりゆらりと泳いでいるように見えるけど、捕食する瞬間は、音を立てて激しく喰らいつく。

 

この瞬間的なスピードと激しい捕食には、驚いてしまう人も多いことだろう。

 

 

 

ナマズの習性を、垣間見ることのできるひとコマです。

 
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

春 鯰釣りのポイント

河川敷きを色鮮やかな黄色い菜の花が埋め尽くすこの季節。
冬を越し、魚たちが動きはじめる春。そろそろハイシーズン間近か。

ここは、大型河川へと注ぎこむ比較的、小さな河川ですが、毎年40~50㎝サイズの鯰がよくでました。

例年、この時期になるとコイやフナが顔を覗かせ、水面には魚の動きによっていくつもの波紋が見られます。

ここのナマズは、ストラクチャーとなっている水草やアシ、壁の隅に隠れているが、やはり肉眼では確認できません。


夕暮れ時にキャストして初めて、ナマズの生息がはっきりと確認できます。

水草のまわり。

アシのきわ。

水門からの流れ込み周辺などなど。

特に、川の蛇行の内側は、流れが緩くなりやすい。

更に、上流から下流に段差などがあると、その手前で進路を阻まれたナマズが、その周辺にある障害物などにたまる。

同時にエサとなる小魚もドン付きにたまりやすくい。ナマズがついてる可能性が非常に高い。

鯰は、回遊性が強いと言われている。冬場は下流域で越冬し、春とともに上流へ向かう。特に移動中の春と秋は、魚が溜まるスポットを見つけることで、連続ヒットを味わうことができる。

いったいどこで釣れるの?なんて聞くだけやぼです。なぜなら自分のポイントを探し出すことが、ナマズ釣りの醍醐味。

自分で開拓するから面白い!!


沖縄を除く、日本全国に生息するマナマズ。ぜひ身近な所で楽しみを見つけてみてはいかがでしょう。

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

繁殖

ここ最近では、映像のように、ウナギのはえ縄漁にかかる魚が日本ウナギではなく、アメリカナマズが大半だと言われる。1980年代に食糧用に輸入されてから、多摩川などで爆発的に増え続け、現在、漁師など関係者を悩ませているとのこと。

外来魚としては、今、全国に生息する、ブラックバスも、1925年、実業家赤星鉄馬がアメリカのカリフォルニア州(Santa Roza)からオオクチバスを持ち帰り、箱根の芦ノ湖に放流したのが最初とされている(約90匹)。これは食用、釣り対象魚として養殖の容易な魚であることから政府の許可の下に行われた試みだった。

しかし、魚食性が強いため、生態系(在来生物層)への影響およびこれによる漁業被害が問題視されるようになり、漁業調整規則で無許可放流が禁止されるようになったが、その後も人為的な放流により生息域を拡大し現在に至っている。

ここ九州では、アメリカナマズが河川で釣れるという話しはまだ聞きませんが、ブラックバスのように、全国的に広がったことを考えると、同じような経過をたどることも十分考えられます。

釣りをする者としては、ゲームフィッシュとして楽しむ分はいいでしょうが、あまりにも異常な繁殖力だと生態系が崩れ、漁業を営みとしている関係者にとっては、深刻な問題に陥るケースもあるので、やっぱり心配ですね。

今後の状況が気になります。

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村