「餌」タグアーカイブ

餌の匂い

水槽に飼っているドンコとギバチ。

 

ようやく、水槽にも慣れてきた様子。

 

水槽内を観察していると、ぜんぜん飽きないし、時折、魚独自の生態が垣間見れるから面白い。

 

というのも、毎日、この魚たちにエサを与えている訳だが、この2匹に与えているエサは、市販の「乾燥川エビ」。

 

このエサを水面に落とすとプカプカ浮いている。

 

もちろん生きたエビではないので、このドンコとギバチは、そのエサの存在が分からないせいかしばらくの間、反応がない。

ドンコは動かないエサには、ほとんど反応がない。

 

水槽ポンプの水の勢いを受けてエサが動いた時だけ捕食する。

 

 

一方、面白いのは、ギバチの動き。

エサを落として、しばらくすると

 

巣穴から抜け出し、凄い勢いで水槽内を激しく動き廻る。一生懸命エサを探しているようだ。

 

ギバチは、マナマズと同じように目が悪いらしく、水面に浮くエサの近くまでくるが、正確にはエサの位置が特定できていない様子。

 

エビに動きがない以上、髭や側線では、波動によって居場所を特定できない訳だからエサの匂いで反応しているのは間違いない。

 

しばらく、エサのまわりをグルグルと回り続け、数分後にようやく捕食に成功。巣穴に戻ってから、ムシャムシャ食べています。

エサの匂いというのは、獲物の存在を認識し、捕食する上で「音」の次に大きな要因のひとつかもしれない。

 

既にソルトでは、そんな魚の生態を研究開発して作られたバークレイのガルプがあるが、これはソフトベイトの良さを最大限に引き出した物とも言える。(ガルプは、集魚エキス(通称ガルプ汁)に漬けられて売られています。)

 

そんな水槽の一コマで感じたことでしたが、これって、ナマズが好みそうな匂いのあるソフトベイトを使えば、ノイージー系なんかのルアーでスレた鯰には、かなり効果があるんじゃないでしょうか。

 

匂いには敏感に反応しているところを見ると、試してみても良さそうです。

 
 


ナマズ釣り ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ

にほんブログ村

鯰の餌

51GR+zvMYsL._SL500_AA300_[1]

 

鯰の餌と言えば、皆さん、どんなものが思い浮かぶだろうか?

ルアーで鯰釣りをする者には、それほど気に掛けることでもない。

 

書店に行けば、魚の専門書や図鑑も数多く陳列されているから、それを見れば一目瞭然だけれど、

 

ただ、実際、何を食べているのか、個人的には少々気になるところ。…。参考程度にちょっと調べてみました。

 

同じ環境に生息する生き物。

 

・カエル

・小魚(フナ、ハヤ、オイカワ、カマカツ、ドジョウ、ドンコ、クチボソなど)

・ザリガニ

・モエビ

・ミミズ

 

 

 

 

人工的な餌

 

 

11873-1[1]

・hikariキャット→水槽で飼う場合に購入している人が多い。

 

 

 

・市販の練り餌。(コイやフナなどを狙う餌)

 

・パン

 

・鶏レバー         などがある。

 

こう見ると、植物性の餌も食べられる訳ですから、コイと同じような雑食性の魚とも言えるようです。

 

DSCF2305

 

上の写真は、海釣りで使用する青イソメ(青ゴカイ・青虫)

* 海岸の干潟状の砂泥地にすむ。緑色っぽい多毛綱イソメ科の環形動物で、10~20cmと細長く、多数の環節からなる。

 

 

 

 

 

DSCF2308

ミミズと同じような類の為、ご覧のようにこれでも釣れる。ただ、ミミズに比べると多少喰いが落ちる気がします。

 

前にブルーギルで試したことだが、「ミミズ」と「青虫」だと明かに、「ミミズ」に軍配が上がった。ブルーギルという魚は、群れて行動する為、一度に大量に釣れることが多く、何でも食べるイメージが強い魚。

 

 

DSCF2349

実際に100匹を基準に見ると、8対2の割合で、ミミズの方がよく釣れます。大量に釣れる魚の場合、餌の好みが総じて分かりやすい。

 

 

一方、ナマズの方だが、ブルーギルに比べると、個人レベルでは、それほど一度にたくさんは釣れることはないので、明確な裏付けができません。

 

ただ、漁を生業にしている漁師さんのお話しによると、汽水域で捕れるナマズの餌は、ミミズや小魚ではなくエビだそうです。やはり、汽水域の場所では、汽水域に適した餌を使う方がよく釣れるのでしょう。

 

そして、水質によって、個体の色もまるで違ってきます。鯰は水質環境によって体の色が変化します。

 

 

この動画で見るとよく分かりますが、体の色が一般の平野部で釣れるナマズより、かなり白く感じます。

 

 

そういったことから、生息する流域によって、人間でいうなら欧米と東洋の食文化の違いがあるように、個体にも餌の違い、それに伴い、水質の状態によって、体色にも違いが現れてくることがよく分かります。

 

 

 

 

自然界の摂理

ブラックバスでよく言われるのは、小魚に関して言えば、ワカサギ喰う、コアユを喰う、ということなんですが、実際に調べてみるとその年、その年で一番多くいる魚を喰っていることが報告されている。

 

モツゴが多い年はモツゴ、エビが多い年はエビというように。
人間と違って、これが美味しいから、こればっかり喰うという訳ではないらしい。

 

鳥とか虫などに比べると、魚は餌の選び方に許容度が大きい訳です。
釣りをやっている人の多くは、魚はコレが好きで、これしか喰わないだろうとやっているけれども、実際はそうでもない。

 

だからナマズを釣る時も、その時にいちばん捕食されやすい餌に標準を合わせた方がいいのかもしれない。私は、よく流れのある所で、ペンシルなんかの細身の小魚系ルアーを使うことが多いんですけど、このルアーで狙う際に、よく釣れる場所と、そうでない場所で、ナマズの餌の違いがはっきりと分かることがある。

 

釣れないポイントで面白いのは、何度撃っても、まったく反応がないのに、カエル系のルアーに換えた途端に爆釣りなんて事も。

 

弱いものが増えすぎたら、強いものがそれを食べるということで生態系のバランスが保たれている。まさに食物連鎖が見事にはまっている訳です。
結局、その場所でたくさん発生している餌で狙うのが、理に叶っているのかもしれない。

 

あと、不思議なのが共食いをする習性。
魚は、ウグイでもメダカでも親は子供を喰うんです。ナマズもそう。
そうなると子供は親に喰われないように逃げる。

 

ウグイでも、一番深いところに、デカイのが潜んでいて、浅い所には小さいのがチョロチョロしている。小さいヤツは、大きいヤツから身を守る為に逃げているから、同じ場所にいない事が多い。個体密度が増加すると共食いの率が著しく増加する報告もある。

 

同じ仲間が増えすぎても、餌不足に陥り、子孫を残せないことから、共食いが起こるのだろうか。水中に棲む生き物たちにも、目に見えぬ自然界の摂理が働く。

 

ほんとうに不可思議な世界です。

 
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

繁殖

ここ最近では、映像のように、ウナギのはえ縄漁にかかる魚が日本ウナギではなく、アメリカナマズが大半だと言われる。1980年代に食糧用に輸入されてから、多摩川などで爆発的に増え続け、現在、漁師など関係者を悩ませているとのこと。

外来魚としては、今、全国に生息する、ブラックバスも、1925年、実業家赤星鉄馬がアメリカのカリフォルニア州(Santa Roza)からオオクチバスを持ち帰り、箱根の芦ノ湖に放流したのが最初とされている(約90匹)。これは食用、釣り対象魚として養殖の容易な魚であることから政府の許可の下に行われた試みだった。

しかし、魚食性が強いため、生態系(在来生物層)への影響およびこれによる漁業被害が問題視されるようになり、漁業調整規則で無許可放流が禁止されるようになったが、その後も人為的な放流により生息域を拡大し現在に至っている。

ここ九州では、アメリカナマズが河川で釣れるという話しはまだ聞きませんが、ブラックバスのように、全国的に広がったことを考えると、同じような経過をたどることも十分考えられます。

釣りをする者としては、ゲームフィッシュとして楽しむ分はいいでしょうが、あまりにも異常な繁殖力だと生態系が崩れ、漁業を営みとしている関係者にとっては、深刻な問題に陥るケースもあるので、やっぱり心配ですね。

今後の状況が気になります。

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

ナマズの生態

水面を割って、大きなバキューム音とともにルアーに飛びついてくるナマズ。このエキサイティングな釣りに魅了され、ナマズゲームを楽しむ人が年々増えてきました。

バス釣りの招かれざる外道として扱われていた魚も、最近では、表層ゲームと身近な河川で楽しめるというと理由から、熱烈なファンも多くなり、再び注目されてきました。

しかし、私たちの身近にいる魚ながら、その生態は以外に知られていないことも多い。ここでちょっと雑学を紹介します。

概要
ナマズは(マナマズ)日本に分布する3種類のナマズ属魚類の一種である。
他の2種(ビワコオオナマズ、イワトコナマズ)が琵琶湖と関連水系のみに生息する日本固有種であるのに対し、マナマズの分布は東アジア全域にわたり、日本においても現代では沖縄を除く全国各地の淡水域に幅広く分布している。

大きな体をくねらせてゆったりと泳ぎ、扁平な頭部と長い口ヒゲ、貪欲な食性を特徴とする本種は、古代から食用魚として漁獲されたほか、さまざまな文化に取り入れられた歴史をもつ。

日本では中世以降地震と関連付けられ、浮世絵をはじめとする絵画の題材にされるなどして、人間との関わりを深めてきた。

分布
現代の日本ではマナマズは沖縄諸島を除く全国に分布しているが、本来の生息域は西日本に限定されていたとみられている。縄文時代の貝塚など全国各地の遺跡から、ナマズ目魚類の骨格が出土しているものの、古い時代のものは滋賀県より西の地域に限られている。

一方で、『本朝食鑑』など複数の文献記録や、愛知県と東京都における江戸時代の遺跡から遺存体が見つかっていることなどから、マナマズは江戸時代中盤以降、人為的な移植によって東日本・東北地方・北海道に順次分布を広げていったと推察されている。

マナマズは水質汚濁には比較的強いが、河川や用水路の護岸化により繁殖場所を失い、日本での生息数は年々減少しているものとみられている

形態
マナマズの外観は大きく扁平な頭部と幅広い口、および長い口ヒゲによって特徴付けられ、これらはナマズ目の魚類全般に共通する特徴である。体は全体的に左右に平たく側扁するが、頭部は上下につぶれたように縦扁している。鱗がなく、体表はぬるぬるとした粘液で覆われている。

目は小さく背側寄りについており、腹側からは見えない(イワトコナマズの目は側面寄りで、腹側から見える)。体色や斑紋は変異に富み、個体によってさまざまである。全長60cm程度にまで成長し、一般に雌の方がやや大きい。

口ヒゲは上顎と下顎に1対ずつ、計4本ある。仔魚の段階では下顎にもう1対あり、計6本の口ヒゲをもつが、成長につれ消失する。下顎は上顎よりもわずかに長く突き出す。背鰭は小さいが、臀鰭の基底は非常に長く、尾鰭と連続する。外見だけで雌雄を鑑別することは難しいが、雄の尾鰭は中央部がやや凹んでいる。

生態
基本的に夜行性で、昼間は流れの緩やかな平野部の河川、池沼・湖の水底において、岩陰や水草の物陰に潜んでいる。感覚器として発達した口ヒゲを利用して餌を探し、ドジョウやタナゴなどの小魚、エビなどの甲殻類、昆虫、カエルなどの小動物を捕食する。

日本の淡水域の生態系では、食物連鎖の上位に位置するとみられる。一般的な活動水温は10-30℃の範囲とされ、冬期は泥の中や岩の間に隠れ、ほとんど動かない。

日本での繁殖期は5-6月が中心である。この時期になると群れをなして水田や湖岸など浅い水域に集まり、雄が雌の体に巻きつくという独特の繁殖行動の後、水草や水底に産卵する。卵の大きさは約3mmで黄緑色をしており、およそ2-3日で孵化する。

仔魚は孵化の翌日にはミジンコなどの餌をとるようになり、個体密度が高い場合は仲間の仔魚にも攻撃を加えるなど共食いが起こる。雄は2年、雌は3年程度で性成熟に達する。

釣り
ナマズを釣りの対象とする場合、その貪欲な性質を利用した「ぽかん釣り」と呼ばれる方法が用いられる。ぽかん釣りでは小型のカエルを釣り餌として、片足から吊り下げる形で釣り針に通して付け、水面で上下に動かすことでナマズを誘う。

ルアー釣りの場合は、夕方や朝まずめの時刻はスプーンやワーム、あるいはミノーを利用するとよい。夜間にはノイジー等の音を出すトップウォーター系のプラグがよい。餌を丸呑みにする性質があるので、針が喉の奥に刺さる場合が多く、針を抜くのが非常に困難である。したがって、針のカエシを潰した(バーブレス)うえで、ペンチなどを利用すると針を抜きやすい。昼にも釣ることができる。(Wikipedia参照 抜粋)

釣り場所
ナマズは、日本全国にいる淡水魚。琵琶湖に住むビワコオオナマズという1メートルを超える種類もいるが、ここで対象としているのは「マナマズ」と呼ばれる種類。日本中のほとんどの川や池に生息している。水温10℃以下の季節を除けば、いつでもターゲットとなる。

こんな場所に? というような以外な場所でもナマズはいる。

川幅が1メートル程度の、飛び越せるくらいの小川や水路にも生息しているので、こんなポイントは見逃せない。コイが生息しているところには、大抵ナマズがいる。

コイが通ったり、溜まったりしやすい場所は要チェック。自宅近くの小川を探してみると、以外な穴場を発見するかもしれません。

 

 

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

ライギョがザリガニを

ライギョがザリガニを喰らう豪快な映像シーン。頭部は固い甲羅、そして上半身には大きなハサミがあるので、頭からはいかずに比較的やわらかい尾っぽからいきました。

それでも、小魚を食べるのと違い、ザリガニを一刀両断し、こんなにもあっさりと食べられるのは、体を使った強靭な顎の力によるものが大きいようです。

ライギョ、その獲物を狙う姿はまさにハンター。恐るべしです

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

ナマズは、これが好き!?

これなんだろうと思いきや、なんとナマズです。

照明の明かりに寄って来た、虫をナマズがみんな揃って水面から頭を出し、大きく口を開けて、餌づけされた鯉のようにパクパクと食べている姿。

しかも一匹ではなく、何匹も。通常、ナマズといえば、カエルや小魚をメインに捕食していますが、虫が沢山集まってくるこのような所に、群れで集まって、餌を探している場面を見ることなんてそうめったにありません。

どこで撮影したのでしょうか。ナマズの生態が垣間見れる面白い映像です。これならフライフィッシングでめっちゃ釣れそうです(笑)

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村