Paste your Google Webmaster Tools verification code here

オールドリール

大森製作所 DIAMOND スーパーデラックス730

今週いっぱいまでは、ナマズ釣りに行けないので、今回は、オールドリールについて書いてみた。
オールドリールと言うと、アブやミッチェルなどの欧州リールが人気ですが、国内でも、我々世代には、もっと身近でいて、とても懐かしいものがある。

スピニングリール専業メーカーとして、高性能且つ、リーズナブルな名機の数々を送り出してきた大森製作所のダイヤモンドリール。

この大森製作所は1952年に創業した埼玉の釣り具メーカー。
国内では「ダイヤモンドリール」ブランドで知られていた同社ですが、海外にも製品を輸出、高い評価を受けていました。

あまり知られていないことですが、現在ほとんどすべてのスピニングリールが採用している「ハイポイドフェースギア」はこの会社によって生まれた。

「ハイポイドフェースギア」。シマノもダイワも使っていますが、実は、大森製作所がスピニングリールのために開発したギア方式。

滑らかさ、強度、耐久性、生産性のバランスのとれたこのギアは、現在も世界の標準。当時の国内のスピニングリールでは、卓越した技術力で作られていたようです。

「ダイヤモンドリール」のロゴ、シンボルマークが中央に描かれていて、何とも言えないレトロ感があります。

1980年同社は、リアドラグスピニング・マイコンシリーズで一躍脚光を浴びます。大森製作所の製品は、1970年代後半から1980年代半ば迄の製品が全盛期。

国産スピニングリールの殆どが、打突式のベール返し機構だった頃に、同社はオートベール機構をほぼ全機種に採用していた程の高い技術力を誇っていた。

しかし結局ダイワやシマノの性能競争に巻き込まれて迷走し、それまで地道にまじめな物作りを目指してきた同社の方向性を狂わせて、大手メーカーとおなじような物作りに走った同社は、90年代初めに終焉を迎える。


DIAMOND スーパーデラックス730は、おそらく40年くらい前のリール。

もう使うことは、ほとんど無くなったけれど、このオールドリールには、私にとってもさまざまな歴史が刻まれている。

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

ナマズ釣り ”フローティングミノー”


前回、別ブログ “川釣り日誌” に100円ショップで購入したルアーで、ナマズを釣り上げた内容を載せた所、GWには、思っていた以上に多くの人たちに訪問して頂きました。

釣れるルアーが欲しいけど、やっぱり安モノだと釣れない!? “ナマズの釣れるルアー” のキーワード検索は、そんな疑問やナマズ釣りへの関心の深さの現れなのでしょう。

そこで、今回も百均ルアーのご紹介しちゃいます。

前回は、ペンシルでしたが、今回は、フローティングミノー。

“ミノーモンスター”  サイズ9㎝  重量7g

これは、ダイソーの自信作なのかな!? もちろんきちんと箱に入ってる。
正直、100円には、見えないくらい、キラキラと輝くボディがとても印象的。
なんかフラットジャンキーやウォブリングミノーの月下美人にもよく似てる。

このフローティングミノーとは、通常は水面に浮き、リトリーブ(ルアーをリールで巻き取ること)をすると水中へ潜るタイプのルアーのこと。

リップと言われるプラスチックの下あごがつき出たような形状で、ルアーを引くとこのリップが水流を受け左右に体を振りながら潜水する。同時にボディに内蔵された、カラカラと発生するラトル音で魚を誘う。

見た目からして、前回よりも釣れそうな感じ♪

でもちょっと、ネーミングのミノーモンスターって、ちょっと大袈裟じゃない? ぷぷっ

てな具合で、大雨で増水した宝満川にポイントを定め、早速使ってみた。

そして、驚きの結果が…。

1匹目、うりゃ~!

2匹目、うりゃ~!

3匹目、うりゃ~!

たまにノイージー系には、見向きもしない時にミノーやペンシル使うと、一発で喰いつくケースもあるにはあるが、 トップウォーターの王道をゆく、ナマズ定番ルアーに、勝るとも劣らない3連続ヒット。

しかもこの後、痛恨の2バラシ。

安いからと言って、決して侮れないダイソールアー。

100円ルアーは、確実に進化している…

ちなみに関係者ではありませんのであしからず(笑)

☆川釣り日誌☆ ナマズ 100円ルアーで釣る!の巻き

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

ナマズ釣り ワームで釣る!の巻

先日は、久々にワームを使って鯰釣りを決行。
ソフトルアーというと、淡水では、すぐにバスを連想してしまいがちだが、ワームで鯰も釣れるの?というブログを見て頂いた方の素朴な疑問にお答えすべく、簡単にご紹介しちゃいます。

実は、ワームとひと口で言っても、形状だけでも、
グラブ、ストレート、カーリーテール、クロー、シャッドテール、バドル、チューブ、スイムベイト…。と色々ある。

しかも、それに加えメーカーは、いくつも存在し、一体どれを使えばよいか分からないですよね。人それぞれ好みもあるかとは思いますが、実際に使ってみて、個人的にお勧めなのが、ゲイリー・ヤマモト。

このゲイリー・ヤマモトは、雑誌でも必ず上位を独占する不動の人気がある。なんかマツモトキヨシみたい!?(笑)

特に、初めての方にもおすすめなのが、4インチグラブ。グラブと言っても実際の商品名は「single tail」。その特徴は「カーリーテール」。

その名のとおり大きくカールしたテールを持つ。

ロッドアクションを加えなくとも、ただ巻きだけで、テールが小刻みに動き、まるで生きているかのように魚を誘う。
テクニックがなくても簡単に釣ることができる。
初めてでも、使い易さと簡単に釣ることができる一般的な定番ワーム。

ゲイリーには、他にも色々な種類があるが、慣れてくれば環境に応じた形状を使い分けたい。

今回は、”テキサスリグ”を使用。
リグと称されるものには、他にもスプリットショットリグ、キャロライナリグ、ダウンショットリグ、ノーシンカーリグ、ワッキーリグ、ドロップショットリグ、ジグヘッドリグなどがある。

リグとはワームを使うための仕掛けのこと。基本的にシンカー(錘)の位置で名前が変わり、攻め方が変わる。針の付けかたや種類、シンカーの形や位置等によりアイデアの数だけリグが存在する、と言っても過言ではなく、オリジナルのリグを研究する釣り人も少なくない。

実際、過去に粕屋郡の長谷ダムで ”テキサスリグ” 使用し、一日で67匹のバスが連続ヒット。
リールのただ巻きだけでも、簡単に釣れる事が実証できた。

これも一度、実験した話しだが、ワームをポイッと水中に投げたら、バスがパクッと咥えこんで、口からワームを吐き出さず、そのままじっとしている。普通なら、すぐに吐き出すだろうが、口に入れた時の触感までもが本物に限りなく近い為、魚が錯覚を起こすようだ。
口から、びろ~んとワームが出ていて、友人とそれを見て爆笑した思い出がある。

そんな具合で、バスに限らず鯰にも当然、有効である事は、今までの釣行で経験済みだが、ただ、やっぱり実際に釣った状況をお伝えしなければ、わかりづらい。なので、今回は、このゲイリーだけを使って鯰狙い☆

今回のポイントは、水門。ここは、だいたい吐き出し口付近にナマズが餌を求めてくるので、比較的ついている事が多い。

か~るく、ポイッと、ワームを投入した途端、あっ! という間に、ロッドがしなり、間髪入れず一発で喰ってきました。

普通は、グググ~と当たりが来て、ロッドに重みが加わってから合わせる。
この時、合わせはバスのように瞬時に強く合わせるのではなく、グ~ッとフックを差し込んでいくようなイメージでロッドを引くと、うまくフッキングする。

少し、小さめだがナマズをゲット!魚の目の前に落とせれば、やはり一発でくる。
ワームは、手軽な価格で手に入れることができるので二度美味しい♪
大きな河川では、どんどん投げたら、チャンスも大きい☆
是非トライしてみて!

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

ブログ ☆福岡 川釣り日和☆


2つ目のこのブログもアクセス数、1万を達成しました。こちらは、「川釣り日誌」より後に始めたのですが、早くも6ケ月目で達成。

これも、ひとえに皆様のお陰です。
いつもご覧頂いて、本当にありがとうございます☆

スタート以来、ナマズ釣りを中心に、気ままな事を書綴ってまいりました。
ブログを始めて分かった事は、全国には、ナマズ専門の釣り師が想像していた以上に沢山おられるということ。
ツイッターやブログを通してマニアックな世界を共有しています。

しかしながら、このナマズ釣りの醍醐味は、身内の中では、まったく理解してもらえません。

釣れたナマズの話しをすると、妻や娘が「うげ~っ、きしょくワル~!!」

釣れたナマズの写真を見せると、妻や娘が「うげ~っ、きしょくワル~!!」

釣りから帰ってくると、妻や娘が「父さん! ちょ~生臭~い!!」

車に乗れば、妻や娘が「父さんが釣りに行くと車が汚れろ~が」などなど…。

「えっ、また釣りに行くんですか?」と出鼻をくじかれる事も度々、非常に肩身の狭い思いをしながら、出撃を余儀なくされるのであります。

しかしながら、全国には、私のように釣りを愛する人々がたくさんおられます。

仕事を一生懸命に頑張り、家族サービスをしながら、趣味の釣りも充実させておられる鏡のような方がたくさんおられます。

きっと奥様も気持ち良く送りだされるのでしょう。

これはもう、お手本としなければなりません。

まだまだ、私自身の家族への配慮が足りないのでしょうなぁ~。

家族が釣りに対して理解を深めることが出来てはじめて、ブログタイトル通り、心穏やかな、”福岡での釣り日和” が完成するのであります。

私の願いがここに集約されております(涙)

これからも家族の理解とブログの充実を目指して、アラフォーおじさんは走り続けます☆

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

ナマズ釣り 桜の季節 

本日の福岡の気温は、17℃。 早いもので、明日から、もう4月に突入。
桜の花が五分咲きとなり、ここ筑紫野市のあちらこちらで、綺麗な花を咲かせ、道行く人々の目を楽しませています。rakuchara_19.gif

今日は、仕事が早く終わったので、早速、釣り具を用意して出撃開始。bou_29.gif

今回は、固定の場所以外に、更にいくつもの好ポイントを開拓する為に、地図を片手に車を走らせました。

しばらく行くと、アシなどの植物が生えるポイントを発見。橋の上から見下ろすと鯉がたくさん生息している様子。

あちらこちらに、波紋が広がり、大きな鯉が跳ねまわっています。
魚影も濃そう。

音を立てずにゆっくり水辺に近づいたつもりが、「ドテッ!!」枯れ草に足が取られ大きな音を立ててしまった。俺はじいさんか…(笑)

コイが慌てて逃げ回ったせいか、ご覧のように一気に水を濁らせてしまう。

お目当てのナマズは、普段は、比較的浅い所に多く生息します。
水深の基準は股下程度が良好。

中央には、植物が生えて中州を形成しているので、ここは間違いなく好スポットなのだ。

倒木や障害物は、ナマズポイントの定石で、高い確率でついている筈。

これらのゾーンを丹念にトレース。3投目でバシュー!!
しか~し、足元付近でバレる…。

そして、10投目くらいで、バシュー!!  やっと来ました!!

読み通り、50cmサイズのナマズをゲット。以外に引きが強く、グイグイ引きまくった。なかなか活きがいいねぇ~!
きっとエビや小魚などの餌が豊富にあるからなのだろう。

この日、2時間程度で、捕食音は、けっこうありました。まずまずです。

今回のヒットルアーは、ジョイントジッーバグ・ナマズリミテッド。
この河川は、かなり長い距離があるので、まだまだ開拓の余地ありです。

今年のナマズゲーム、ますます面白くなりそうな予感♪

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

春 鯰釣りのポイント

河川敷きを色鮮やかな黄色い菜の花が埋め尽くすこの季節。
冬を越し、魚たちが動きはじめる春。そろそろハイシーズン間近か。

ここは、大型河川へと注ぎこむ比較的、小さな河川ですが、毎年40~50㎝サイズの鯰がよくでました。

例年、この時期になるとコイやフナが顔を覗かせ、水面には魚の動きによっていくつもの波紋が見られます。

ここのナマズは、ストラクチャーとなっている水草やアシ、壁の隅に隠れているが、やはり肉眼では確認できません。


夕暮れ時にキャストして初めて、ナマズの生息がはっきりと確認できます。

水草のまわり。

アシのきわ。

水門からの流れ込み周辺などなど。

特に、川の蛇行の内側は、流れが緩くなりやすい。

更に、上流から下流に段差などがあると、その手前で進路を阻まれたナマズが、その周辺にある障害物などにたまる。

同時にエサとなる小魚もドン付きにたまりやすくい。ナマズがついてる可能性が非常に高い。

鯰は、回遊性が強いと言われている。冬場は下流域で越冬し、春とともに上流へ向かう。特に移動中の春と秋は、魚が溜まるスポットを見つけることで、連続ヒットを味わうことができる。

いったいどこで釣れるの?なんて聞くだけやぼです。なぜなら自分のポイントを探し出すことが、ナマズ釣りの醍醐味。

自分で開拓するから面白い!!


沖縄を除く、日本全国に生息するマナマズ。ぜひ身近な所で楽しみを見つけてみてはいかがでしょう。

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

ナマズ釣り 動き出したかな!? 

職場の近くに小さな小川が流れています。昼食を食べにいく途中に足を止めて、川面をマジマジと眺めておりました。
川底を覗いてみると、ハヤやフナが泳いでいるのですが、人の気配を感じると、猛ダッシュで逃げ回りながら、ドロの中に身を隠します。

 

3月に入り、まだまだ寒い日が続き、魚の動きが当然鈍いだろうと思っていましたが、予想に反し、かなり動きが早くて、それはもう目で追えないほどです。

 

これだけの餌となる小魚が活発なら、まず間違いなく、鯰の活性も高くなっている筈です。まだまだ、人間の体感温度は、低いんですけど、魚の方は、まったく違います。

 

ムムッ!! これは、先月より、もっと釣果が期待できそうな予感♪

 

そんな事でしたから、今日は、流行る気持ちを抑えながら、ルアーロッドを片手に日没から、鯰釣りをスタートしたのであります。

 

宝満川以外の付近の河川も、水がずいぶん減っています。川底が見え、楽々と小魚の姿を見つけることができます。
しばらく、★★★川の下流を下っていくと、上流と下流を区分する井堰を発見。icon_eek.gif

ここは、水位がある為、魚が溜まっている可能性が高いと睨み、ポイントをここだけに絞りスタート!!

 

5~6回、キャストした時、バフッとバイトがありました。しかし、乗らず…。
バフッ!! 2回目もダメ。
バフッ!! バフッ!! 3回目、よっしゃ~、乗った~!! と思いきや、 あちゃ~バレちゃった…。

バフッ!! バフッ!! バフッ!! 4回目、またまた乗らない…。(汗)

 

しかし、ここまでバイトがあれば、鯰釣りもいい感じで楽しめます。

 

そして、不覚にも5回目にして、やっと乗りました~!!

本日は、52cmでした。ヒットルアーは、JITTERBUG(写真上)

福岡でも、ボチボチ鯰が動き出す季節だニョロ。

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

ナマズ釣り 新ポイントにてGet!

今日は、筑紫野市の最高気温19℃。

桜が満開の時と同じ気温だそうです。

日中と朝晩で著しく寒暖の差がある、この時期のナマズ狙いは、暖かい日が何日も続いた後の、一日のうちの最も水温の上がる夕まずめの時間帯がいいようです。

季節柄、どっふり日が暮れてからの時間帯だと、水温が急激に下がるのでダメ。暖かい日が連続で長く続いた、この夕マズメってのがミソ。

温かい日が2~3日程度だけではやっぱり難しいですね。地域差もあるので、あくまでも、この付近のデータですが。

宝満川水系は、河川工事に伴い、水量がなかったり、水が白色に濁ってしまい、この時期、釣りが出来ない区間がある。

そして、頼みのナマズ池も工事中…(涙)
しかし、まだ筑紫野市に流れる一級河川は全部で9つ。

今回は、そのうちの一つ★★★川へ向かった。 ここは、初めての場所。

しかし、ずいぶん日が長くなりました。
ここら辺だと、12月の日没は5時半くらいだったのが、今では6時半くらいまで明るい。

さて、ポイントを狭い範囲に絞り、アンテナを立てて入念に、何度もキャスティング。
しばらくすると、ムムッ!?  テトラの辺りから、もじりが出てきて…。

バフッ!!バフッ!! うっひゃ~~☆

何度も喰らいついてきました!!
どうも小型のナマズのようです。 やべっ、フッキングしない…(汗)

すこし間を置き、同じ場所へ再びキャスト。 バフッ!! よしのった!!  グッグッと竿全体に重さが伝わる。

バラさないように慎重に、慎重に…

力が入りすぎて、バランスを崩し、年老いた老人のように、よろめきながら、決して人には見せられない無様な恰好でなんとか鯰キャッチ(笑)

あっぶね~!!  危うく川へ落ちるところやったげな。

来週は、また寒くなるらしい。そして、それが過ぎれば更に気温が上がる。桜の季節も、もうすぐそこ

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

繁殖

ここ最近では、映像のように、ウナギのはえ縄漁にかかる魚が日本ウナギではなく、アメリカナマズが大半だと言われる。1980年代に食糧用に輸入されてから、多摩川などで爆発的に増え続け、現在、漁師など関係者を悩ませているとのこと。

外来魚としては、今、全国に生息する、ブラックバスも、1925年、実業家赤星鉄馬がアメリカのカリフォルニア州(Santa Roza)からオオクチバスを持ち帰り、箱根の芦ノ湖に放流したのが最初とされている(約90匹)。これは食用、釣り対象魚として養殖の容易な魚であることから政府の許可の下に行われた試みだった。

しかし、魚食性が強いため、生態系(在来生物層)への影響およびこれによる漁業被害が問題視されるようになり、漁業調整規則で無許可放流が禁止されるようになったが、その後も人為的な放流により生息域を拡大し現在に至っている。

ここ九州では、アメリカナマズが河川で釣れるという話しはまだ聞きませんが、ブラックバスのように、全国的に広がったことを考えると、同じような経過をたどることも十分考えられます。

釣りをする者としては、ゲームフィッシュとして楽しむ分はいいでしょうが、あまりにも異常な繁殖力だと生態系が崩れ、漁業を営みとしている関係者にとっては、深刻な問題に陥るケースもあるので、やっぱり心配ですね。

今後の状況が気になります。

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

小川の中にも…

私も小さい頃は、近くの田んぼや小川で魚とりをよくやりました。
網ですくったら、メダカやハヤ、タナゴ、フナなんかが沢山とれていました。

しかし、よくある田園風景、田んぼのそばの小川にもブラックバスが、ちょっと網ですくっただけで、こんなにたくさん採れるなんて、驚くばかりです。

日本古来の小さな魚たちが、どんどん食べられていると思うと心配になりますよね。

生態系が崩れたら、餌も少なくなり、結局、バス自体も影響を受けるだろうし…。

最近、関東では、アメリカナマズも増えてるとのこと。九州では、まだ聞きませんけど、時間の問題かもしれません。

しかし、バスの繁殖力ってすさまじい。

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村